BeltaのColored Pencil Gallery  色鉛筆ギャラリー

色鉛筆専門サイト。色鉛筆画とモレスキンスケッチ。色鉛筆と紙の情報も満載。
Home » 2010 » 12月 (Page 2)

orange jacket オレンジのジャケット ③

12月 22nd, 2010 Posted in clothes, color, model, orange Tags: , , ,

Ann先生のワークショップで着ていたオレンジのジャケット。

ゆっくり進んでいます。

色鉛筆は今のところ、
ポリクロモスのダークレッドとカドミウムオレンジとダークカドミウムオレンジ。
紙はKMKケント紙。
色を鮮やかに出したいので、白い紙を選びました。

色鉛筆って不思議。

描いているときはちょうどいい色に見えるのだけれど、
一夜明けると、薄く見える。

一夜で色が褪せるとは思えないので、
粉が落ちるのか、こちらの眼が慣れるのか。

もう少しダークカドミウムオレンジ、塗らなくちゃ。

color pencil : Faber Castel polychromos
paper : KMK Kent200

応援クリックお願いします。
励みにしています。
1日1回クリックしてね!
人気ブログランキングに投票する

Flickrも覗いてみてください。
絵をスライドショーで見ることができます。

jewelry tree 宝石のクリスマスツリー ② できあがり

12月 21st, 2010 Posted in Christmas, color, gold, model, object Tags: , ,

宝石をちりばめたクリスマスツリー型のブローチです。

上の部分は○。
下はシャープな線が出ていませんね。

下絵の鉛筆の色が残ったことと、
色を重ねたことでラインがぼやけたのが原因です。

小さなパーツををくっきりと表現する場合、
色を重ねずに単色で塗った方がきれいですね。

いつかリベンジしましょ。

パールを表現するのは難しく、
ムーンストーンのようになっちゃいました。

実物はもう少し良いのにな(笑)

色鉛筆はファーバーカステル ポリクロモス
紙はKMKケント紙。

小さい絵で、細かい模様で、くっきりさせるには
この組み合わせしか考えられませんでした。

color pencil : Faber Castel polychromos
paper : KMK Kent200

応援クリックお願いします。
励みにしています。
1日1回クリックしてね!
人気ブログランキングに投票する

Flickrも覗いてみてください。
絵をスライドショーで見ることができます。

jewelry tree 宝石のクリスマスツリー ①

12月 20th, 2010 Posted in Christmas, color, gold, model, object Tags: , ,

葡萄もジャケットも気になりつつ、
急遽描くことにしました。
宝石をちりばめたクリスマスツリー型のブローチです。

左右対称でまっすぐなのですが、
左右は非対称で、ゆがみました(笑)
モデルにもらった写真が小さくやや不鮮明だったと
言い訳一つ(笑)

この後、白い丸の部分のパールを描き、
全体を強めてできあがり。
宝石やゴールド、パールを描くのは初めて。

ここまで描いて、
宝石類は「ぼかす」のではなく、
「際立たせる」べきだと気づきました。

色鉛筆はファーバーカステル ポリクロモス
紙はKMKケント紙。

小さい絵で、細かい模様で、くっきりさせるには
この組み合わせしか考えられませんでした。

color pencil : Faber Castel polychromos
paper : KMK Kent200

応援クリックお願いします。
励みにしています。
1日1回クリックしてね!
人気ブログランキングに投票する

Flickrも覗いてみてください。
絵をスライドショーで見ることができます。

grape 葡萄 ②

12月 19th, 2010 Posted in color, fruits, green, model, yellow Tags: , ,

リペルペーパーとダーウェント アーチストの
組み合わせを実験中。

下塗り終了。
これから仕上げていきます。

リペルペーパーはとても鮮やかに発色します。
その分、線が線として出てしまうようです。

特にダーウェント アーチストは硬いので、
線がいっぱい(笑)

おまけにイエローは明るすぎて、
紙の色と区別がつきにくく、人の眼には線が見えません。

スキャナは正直に線を見つけてくれます。はい。

スキャナといえば、
今回はスキャニングでグリーンが飛んでしまいました。
リペルペーパーでのスキャンは以前も苦労した覚えがあります。

紙が白すぎるのかしら?

リペルペーパーについて詳しくは、
リペルペーパー 使用感
をご覧ください。

ダーウェントについては、
derwent ヨーロッパの味わい?ダーウェント。
をご覧ください。

color pencil : Derwent Artist
paper : Repelpaper

応援クリックお願いします。
励みにしています。
1日1回クリックしてね!
人気ブログランキングに投票する

Flickrも覗いてみてください。
絵をスライドショーで見ることができます。


リペルペーパー厚口 八切(394×265mm)

grape 葡萄 ①

12月 18th, 2010 Posted in color, fruits, green, model, yellow Tags: , ,

リペルペーパーの話題が出たので、
前から試したかったことをやることにしました。

それは、
リペルペーパー+ダーウェント アーチストの組み合わせ。

ダーウェント アーチストは、
世間の評価によると、滑らかで重ね塗り、混色にも向いている、
らしいのですが、Beltaはそんなふうには感じないのです。

芯はかなり硬く、色づきも薄い。
色そのものはヨーロッパの味わいで美しいのに。
(ダーウェント アーチストで描いた絵は左のバーのタグの
derwentをクリックしてください)

オークションで落札した色鉛筆だから、
もしかすると、かなり古いものなのかもしれません。

そのダーウェントも、リペルペーパーなら、
鮮やかに発色するかもしれない。

そんな期待を込めて。

まだまだ描き始めです。

スキャンをしたら、グリーンが飛んじゃいました。
実物はもう少しグリーンに近い色を塗っています。

リペルペーパーは、リトグラフ用に開発された紙です。

とても鮮やかに発色します。
その分、線が目立ちやすい感じです。

さて、この後、どんな展開になるか?

リペルペーパーについて詳しくは、
リペルペーパー 使用感
をご覧ください。

color pencil : Derwent Artist
paper : Repelpaper

応援クリックお願いします。
励みにしています。
1日1回クリックしてね!
人気ブログランキングに投票する

Flickrも覗いてみてください。
絵をスライドショーで見ることができます。


リペルペーパー厚口 八切(394×265mm)

orange jacket オレンジのジャケット ②

12月 17th, 2010 Posted in clothes, color, model, orange Tags: , , ,

Ann先生のワークショップで着ていたオレンジのジャケット。


だいぶできてきました。

色鉛筆は今のところ、
ポリクロモスのダークレッドとカドミウムオレンジとダークカドミウムオレンジ。
紙はKMKケント紙。
色を鮮やかに出したいので、白い紙を選びました。

color pencil : Faber Castel polychromos
paper : KMK Kent200

応援クリックお願いします。
励みにしています。
1日1回クリックしてね!
人気ブログランキングに投票する

Flickrも覗いてみてください。
絵をスライドショーで見ることができます。

紙の白さ比べ

色鉛筆用として、
愛用している紙の白をさを比べてみました。

左から右へ、白さが増してきます。

一番左はmuseのアラベール 232.5g

かなり黄色です。
ちょっぴりざらざら。
好きな紙ですが、最近、カワチ画材で見当たらなくなりました。

その次がコットマンの細目。
それからマルマンの絵手紙用ポストカード。

この2つは同じ紙なのかしら?
厚みが少し違う気がします。

その次が、BBケント紙。
オリオンのボタニカル用です。
この紙の色は少しグレーを感じる色です。
落ち着いた感じ。

次は、museのColored pencil pad。
世界堂で見つけて、名前に引かれて購入しました。
かなり白い。
手触りがややざらざらで、
一般的な画用紙を思わせる紙です。

次はKMKケント紙。
「真っ白」と呼べる色です。
つるつる。

最後はリペルペーパー。
こちらも真っ白。

クリーム色の紙に描いていると、
無性に真っ白な紙に描きたくなり、

真っ白な紙に描いていると、
クリーム色の暖かさが恋しくなる。

不思議(笑)

1日1回クリックしてね!
人気ブログランキングに投票する

Flickrも覗いてみてください。
絵をスライドショーで見ることができます。

アラベール。楽天で見つからず。

コットマン水彩紙シリーズ ※細目B5

コットマン水彩紙シリーズ ※細目B5

価格:525円(税込、送料別)

Colored pencil pad 楽天で見つからず。


リペルペーパー厚口 八切(394×265mm)

orange jacket オレンジのジャケット ①

12月 15th, 2010 Posted in clothes, color, model, orange Tags: , , ,

Ann先生のワークショップで着ていたオレンジのジャケット。

下塗り状態です。

麻100%だから、
実物はかなりシワだらけ(笑)

あまりシワをリアルに描くと、
超古着に見えるから(実際はそうなんですけど・笑)
少し抑えめに。

色鉛筆は、ファーバーカステルのポリクロモス。
紙はKMK ケント紙。A5サイズ。

color pencil : Faber Castel polychromos
paper : KMK Kent200

応援クリックお願いします。
励みにしています。
1日1回クリックしてね!
人気ブログランキングに投票する

Flickrも覗いてみてください。
絵をスライドショーで見ることができます。

present box プレゼントボックス ③ できあがり

模様を描いて、できあがり。

文字を描くのは大好き。

色鉛筆は、サンフォード カリスマカラー、ポリクロモス、ヴァン・ゴッホ。
ヴァン・ゴッホのスカーレットは鮮やかな赤、リボンにぴったり。

紙は、オリオンのボタニカル用(BBケント紙)
少しだけざらっとした紙です。

これから使い込んで、特徴をつかみますね。

colored pencil : SANFORD KARISMACOLOR  Faber Castell Polychromos Van Gogh
paper : ORION BOTANICAL BB KENT

クリックしてくださって、本当にありがとうございます。
今日も1クリック、お願いいたします。
毎日の励みにしています。
1日1回クリックしてね!
人気ブログランキングに投票する

Flickrも覗いてみてください。
絵をスライドショーで見ることができます。

ヴァン・ゴッホ、まだ半額セールをやっているところがありますね。

そろそろ終わりでしょうね。

プリズマカラーとカリスマカラーの変遷 ①

12月 13th, 2010 Posted in berol&sanford, colored pencils

今年2010年夏(7月?)
サンフォードの「プリズマカラー」が「カリスマカラー」へと
名前が変わりました。

短期間の間にこんなに名前が変わっていった色鉛筆は、
珍しいのではないかしら?

正確ではないかもしれませんが、
Beltaが知っている限りでは、

ベロール社 カリスマカラー

サンフォード社 プリズマカラー

サンフォード社 カリスマカラー

へ変わっていったと思います。
たぶん、この10年ちょっとで。

サンフォード社は世界最大級の筆記具メーカー。
各社を吸収し、傘下にはロットリング、ウォーターマン、パーカーなど
Beltaにはなじみ深い万年筆メーカーもいます。

初めての出会いは、この本。16年くらい前。
色えんぴつdays―12のおはなしとぬりえ

この中で「ベロール」のカリスマカラーと紹介されていました。

かっこいいデザインにあこがれましたが、
当時は近くの画材屋さん(松江)にはなく、
ネットで販売しているところもなく。

すでにトンボの色辞典やいくつかの水彩色鉛筆を
持っていたこともあり、ゆっくり探していたところ、
オークションで見つけました。

24色セットです。
落札できたときは、本当にうれしかったなぁ。

そして柔らかな芯に感動。
柔らかくて、鮮やかな発色。
かっこいいスタイル。

こんな色鉛筆があるんだと驚きました。
たった1本持っていたポリクロモスがとても硬く感じたものです。

当時は何を描くということもなく、
スケッチブックにいたずら描きしてたっけ。
紙にカリスマカラーを走らせるだけで楽しかった。

色鉛筆の楽しさを教えてくれた色鉛筆
が、
ベロールのカリスマカラーでした。

もう10年近く前のことです。

クリックしてくださって、本当にありがとうございます。
今日も1クリック、お願いいたします。
毎日の励みにしています。
1日1回クリックしてね!
人気ブログランキングに投票する

Flickrも覗いてみてください。
絵をスライドショーで見ることができます。