BeltaのColored Pencil Gallery  色鉛筆ギャラリー

色鉛筆専門サイト。色鉛筆画とモレスキンスケッチ。色鉛筆と紙の情報も満載。
Home » 2019 » 9月

【教室・大阪】11月18日 午後 大人のアート塗り絵教室

9月 20th, 2019 Posted in work shop(教室)

11月17日、18日大阪で教室をします。

17日はNHK文化センター梅田教室さんですので、
お申し込み、お問い合わせはNHK文化センターへ↓
https://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_1178434.html

18日は天満橋で午前、午後の2教室をします。
午前の教室についてはこちら↓
【教室・大阪】11月18日 午前 色鉛筆 超基礎講座

今回の教室と来年の教室の目標は、
初心者の方に基礎をきちんと。

そして「いずれご自分でも教室をしたい」と思っていらっしゃる方支援。

教室ができるよう
来年1年でご自分で教室をするために必要なテクニックや、
その説明方法などを体験していただこうと思っています。
10年教室をしたノウハウをおわけしますよ!

では午後の教室について。

■ 11月18日 午後 大人のアート塗り絵教室

© Belta(Mayumi Wakabayashi)


<こんな方に向いています>

・まったくの初心者の方
・基礎から色鉛筆のおさらいをしたい方
・いずれご自分でも教室をされたい方
・動物や布地の表現を身につけたい方


<内容>

・最初に考えること(色、ポイント、どこから塗る?)
・布の立体感の出し方
・動物の毛並みの描き方
・陰影について

難易度:★★☆☆☆

クリスマスから早春まで飾れるモチーフです。
いくつかの必須テクニックを盛り込んでいます。

通常の教室より30分長く時間を取っています。
初心者の方もゆっくり取り組めます。

<日時・会場・参加費>

・日時:2019年11月18日(月)13:30~16:00

・会場:エルおおさか
〒540-0031 大阪市中央区北浜東3-14
5F 503研修室
アクセス→http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
●谷町線「天満橋駅」より西へ300m
●堺筋線「北浜駅」より東へ500m
●御堂筋線「淀屋橋駅」より東へ1,200m
●JR東西線「大阪天満宮駅」より南へ850m

・参加費:3800円(消費税、ワークシート代含む)


<ご持参いただくもの>

・筆記用具(メモ用です)
・24色以上の色鉛筆(お持ちでない方はお貸ししますので、お申し出ください)
オススメはホルベイン色鉛筆、ファーバーカステルポリクロモス
100円均一、無印良品、学童用のものは避けてください。
・鉛筆削り(お持ちであれば)
・コスミック出版「ぬりえ彩色レッスン帖」(お持ちであれば)
将来、教室をなさりたい方は、
できれば「ぬりえ彩色レッスン帖」をご持参ください。


<お申し込み、お問い合わせ>
お問い合わせは、メールでお願いいたします。
info@belta.jp若林

お申し込みは、事前のお振り込みをお願いしています。

キャンセルの場合、キャンセルポリシーにのっとり、振込手数料と事務手数料(100円)を差し引いてご返金いたします。

キャンセルポリシー
8日前まで0%(振り込み手数料と事務手数料100円はいただきます)
7日前〜4日前 : 50%(50%返金)
3日前: 75%(25%返金)

お申し込みは、下記のリンクからお願いいたします。
BASEカラーショップBelta
【教室・大阪】11月18日 午前 色鉛筆 超基礎講座
色鉛筆の貸し出しをご希望の方はその旨を備考欄にご記入ください。
ただ、数に限りがありますので、お申し込み状況によっては、
ご希望に添えないことがあります。

関西のみなさま、ぜひぜひご一緒に♪

【教室・大阪】11月18日 午前 色鉛筆 超基礎講座

9月 20th, 2019 Posted in work shop(教室)

11月17日、18日大阪で教室をします。

17日はNHK文化センター梅田教室さんですので、
お申し込み、お問い合わせはNHK文化センターへ↓
https://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_1178434.html

18日は天満橋で午前、午後の2教室をします。
午後の教室についてはこちら↓
【教室・大阪】11月18日 午後 大人のアート塗り絵教室

今回の教室と来年の教室の目標は、
初心者の方に基礎をきちんと。

そして「いずれご自分でも教室をしたい」と思っていらっしゃる方支援。

教室ができるよう
来年1年でご自分で教室をするために必要なテクニックや、
その説明方法などを体験していただこうと思っています。
10年教室をしたノウハウをおわけしますよ!

まずは午前の教室について。

■ 11月18日 午前 色鉛筆 超基礎講座

持ち方、ストローク、ハッチング、混色など、
基礎の基礎をおさらいします。

<こんな方に向いています>

・まったくの初心者の方
・基礎から色鉛筆のおさらいをしたい方
・いずれご自分でも教室をされたい方

<内容>

・色鉛筆について
・持ち方、削り方
・ストローク練習
・ハッチング練習
・グラデーション練習
・練り消しの使い方
・綿棒の使い方
・混色について

難易度:★☆☆☆☆
(基礎の基礎です)

作品は作らず、ワークシートで練習をします。
(作品作りは午後の教室でします)
なので、上手下手は関係なし。
初心者の方にとってとても参加しやすい内容です。

教えたい方には、必ず押さえておきたい必須スキル満載。

<日時・会場・参加費>

・日時:2019年11月18日(月)10:00~12:00

・会場:エルおおさか
〒540-0031 大阪市中央区北浜東3-14
5F 503研修室
アクセス→http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
●谷町線「天満橋駅」より西へ300m
●堺筋線「北浜駅」より東へ500m
●御堂筋線「淀屋橋駅」より東へ1,200m
●JR東西線「大阪天満宮駅」より南へ850m

・参加費:3700円(消費税、ワークシート代含む)


<ご持参いただくもの>

・筆記用具(メモ用です)
・24色以上の色鉛筆(お持ちでない方はお貸ししますので、お申し出ください)
オススメはホルベイン色鉛筆、ファーバーカステルポリクロモス
100円均一、無印良品、学童用のものは避けてください。
・鉛筆削り(お持ちであれば)
・コスミック出版「ぬりえ彩色レッスン帖」(お持ちであれば)
将来、教室をなさりたい方は、
できれば「ぬりえ彩色レッスン帖」をご持参ください。


<お申し込み、お問い合わせ>
お問い合わせは、メールでお願いいたします。
info@belta.jp若林

お申し込みは、事前のお振り込みをお願いしています。

キャンセルの場合、キャンセルポリシーにのっとり、振込手数料と事務手数料(100円)を差し引いてご返金いたします。

キャンセルポリシー
8日前まで0%(振り込み手数料と事務手数料100円はいただきます)
7日前〜4日前 : 50%(50%返金)
3日前: 75%(25%返金)

お申し込みは、下記のリンクからお願いいたします。
BASEカラーショップBelta
【教室・大阪】11月18日 午前 色鉛筆 超基礎講座
色鉛筆の貸し出しをご希望の方はその旨を備考欄にご記入ください。
ただ、数に限りがありますので、お申し込み状況によっては、
ご希望に添えないことがあります。

関西のみなさま、ぜひぜひご一緒に♪

【教室】11月の大阪教室についてお知らせ

9月 20th, 2019 Posted in work shop(教室)

遅くなりましたが、11月の大阪教室についてお知らせします。

2日で3つの教室をします。

■17日(日)NHK文化センター梅田
基本のどんぐりを塗りますよ~
お申し込み、お問い合わせはNHK文化センターへ↓
https://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_1178434.html

18日は天満橋で午前、午後の2教室をします。
午前は基礎、午後は作品作り。

どちらも丁寧に基礎からご説明をしますから、
初めての方から、
いずれはご自分で教室をされたい方にも向いています。

「今は初心者だけど、そのうち教室ができたらいいな」
という方、大歓迎です。

■ 18日(月)午前 色鉛筆超基礎講座
持ち方、ストローク、ハッチング、混色など、
基礎の基礎をおさらいします。

初めての方はもちろん、
いずれ教室をされたい方には、
基礎の基礎としてきっちり押さえておきたい内容です。
■ 18日(月)午後 作品作り
窓辺の猫。
布地のシワ、動物の毛など応用要素をおさらいできます。
クリスマスから早春まで飾れるモチーフですよ~。

ドレスや動物を塗るときにも活かせるテクニックや、
立体感、質感の出し方を身につけることができます。

作品の幅が広がりますので、
初心者の方、教室をされたい方、
どちらにも役立ちます。

© Belta(Mayumi Wakabayashi)

どちらも申し込みフォームを作りますね。
少しお待ちください。


大きめサイズの紙に、描きやすいサイズのモチーフが並んでいる塗り絵です。
塗って楽しい、飾って豪華。

ハロウィンを塗り絵で楽しもう♪

【教室】お正月塗り絵デザイン中~

9月 19th, 2019 Posted in other

今年のお正月塗り絵は、花にしようと思ってデザイン中です。

ブリューゲルの花のようにどーんと!
花だらけにしたいのです。

今はこんな感じ。


© Belta(Mayumi Wakabayashi)

最初は松をいっぱい描いてみて(奥)
なんか違う感じがして、手前を描きました。

こちらの方がデザインした感じがありますね。
問題は鉢の上。

今はシダ(ウラジロ)を乗せていますが、
これは余分かなぁ

花だけにするかなぁ?

もう1枚描いてみなくちゃね。


今読んでいるマンガ。
高校2年生の男の子が東京藝大合格を目指します。
オススメ!

【テクニック】黄色で光りを表現する

9月 19th, 2019 Posted in color, yellow

昨日のランチのスケッチ、
ちょいと疲れていたので、今日になって解説です。


© Belta(Mayumi Wakabayashi)

実物より黄色を鮮やかにしています。

理由は、

おいしそうに見える
画面が明るく見える
透明感を出す

ためです。

元の画像がないので、わかりにくいかと思うのですが、
文字だけで説明をしてみますね。

色を全部入れ終えたら、
明るくしたいところに黄色を塗り重ねます。

このイラストの場合は、

スパークリングワインの底、前菜全て、
スープの左側、パスタところどころ、です。

薄く重ねるのではなく、
ぐいぐいと紙の目がつぶれるくらい重ねています。

生ハムのピンクにも重ねていますよ~。

ポイントは、重ねる前の色を濃く塗ること。

サーモンのオレンジ色も
生ハムのピンクも、
スープの色も、とっても強く塗っています。

強く塗っておくと黄色を強く重ねても、
ほとんど色が変わりません。

色が変わらず、明るさだけ増す感じになりますよ。

もちろん青系の色の上に黄色を重ねると
緑系の色になるか、濁るのでご注意です。

今回使ったのは、
ホルベインのダンディライオン145です。

【絵を描く暮らし】お台場ランチ

9月 19th, 2019 Posted in other

先日、教室のみなさまとご一緒したランチ。

東京ベイコート倶楽部のリストランテOIZIO。
スワロフスキーがキラキラ、とてもすてきな空間です。

取り急ぎ描いてみました。

© Belta(Mayumi Wakabayashi)

線で描くとカジュアルになるので、
線なしで描いてみました。

【絵を描く暮らし】野の花 野の実

9月 17th, 2019 Posted in other

昨日はすてきなホテルのレストランでランチ♪

描く気満々なのですが、ちょいと忙しくなっちゃって。
数日後に描きますね。

取り急ぎ2018年に描いた野の花。

© Belta(Mayumi Wakabayashi)

先週のいろいろ

9月 16th, 2019 Posted in archives

色鉛筆で絵を描いています。
毎週日曜日は先週描いたモノ、いろいろ。


© Belta(Mayumi Wakabayashi)

■ 上段

左…教室用のアイディアスケッチ

右…9月の今日のおやつページ

■ 下段

左…手遊びの花

右…2018年に描いた桃缶

先週も絵を見てくださってありがとうございます。
今週も楽しんでくださいね!


大きめサイズの紙に、描きやすいサイズのモチーフが並んでいる塗り絵です。
塗って楽しい、飾って豪華。

ハロウィンを塗り絵で楽しもう♪

【絵を描く暮らし】年賀状、デザイン中

9月 15th, 2019 Posted in other

毎年11月~12月にかけての教室のモチーフは年賀状。
だいたい7月から8月あたりから考え(悩み)始めます。

今年はブリューゲルのお花風にしたいなぁと、
アイディアスケッチを描いてみました。

© Belta(Mayumi Wakabayashi)

白い花は年賀状としては地味かしら。
赤い椿なら華やかですよね。

多色の方はお正月っぽくない感じがしたので、
器に水引を結んでみたのですが、変(笑)

お正月の植物というと、

椿、梅、松、竹、南天、葉牡丹…

葉牡丹は使いたくないなぁ。
いかにも門松、という感じですものね。

赤い椿をデフォルメして、
イラストチックに配置してみようかな。

お花全体のシルエットももう少し工夫が必要。

あと2~3枚描いてみま~す。

悩ましい年賀状(笑)

【教室】カラー教室でした。

9月 14th, 2019 Posted in work shop(教室)

今日は池袋で「イラスト塗り絵に役立つカラー教室」でした。

ですが、写真を撮り忘れ。
1枚も撮っておりません(涙)

ちゃんと開催しましたよ。

前回学んでいただいた色相とトーンを
使って配色技法をご紹介しました。

いろいろな技法があるのですが、
基本を押さえればOK。

色はセンスで使うことができる人もいますが、
知識があると、ずっと使いやすくなります。

>ご参加のみなさま
ぜひぜひいろいろ試してくださいね!