明るい子宮筋腫

多発性巨大子宮筋腫と診断されました。悩んでみても始まらない。明るく元気にやるまでさ!セカンドオピニオン後、転院、2011年1月腹腔鏡手術で子宮摘出しました。1200gでした。そして2年 いよいよ更年期です

  • 1月 3

    2011年 腹腔鏡手術で子宮を摘出しました。

    腹腔鏡手術での子宮摘出手術については、
    2011年12月以前の記事をご覧ください。

    2012年 秋 なんとなく体調が…。どうやら更年期のようです。
    仕事もあるので、やっぱり明るく乗り切りたい。
    ホルモン補充療法を始めました。
    今後はホルモン補充療法と更年期についても書いていきます。
    ———————————————————-

    1日おきに貼り替えるエストラーナテープ。
    どうしても忘れやすい。

    病院では、貼り替える日に丸を付けたカレンダーをくれたのですが、
    そんなん見ないもん(笑)

    そこで、考えた方法が、奇数偶数法(笑)

    毎月貼り替える最初の日が偶数か奇数かをチェックし、
    手帳に書いておきます。

    例えば、1月1日に貼り替えたならば「奇数日」とメモ。

    あとは日付をチェック、今日は3日、奇数日だから貼り替えというように。

    これで安心。

    最近描いた絵。
    2012_12_21_orange_ribbon_02_s_01

  • 1月 3

    2011年 腹腔鏡手術で子宮を摘出しました。

    腹腔鏡手術での子宮摘出手術については、
    2011年12月以前の記事をご覧ください。

    2012年 秋 なんとなく体調が…。どうやら更年期のようです。
    仕事もあるので、やっぱり明るく乗り切りたい。
    ホルモン補充療法を始めました。
    今後はホルモン補充療法と更年期についても書いていきます。
    ———————————————————-
    なかなか忙しいので、書けるときに書いておきますね。

    ホルモン補充療法に使うお薬は、
    経口とテープの2種類。

    お医者さまのお話しでは、
    テープの方が若干乳ガンリスクが低くなるそうです。

    使用方法は、
    経口は毎日、テープは1日置きに貼り替えます。

    お値段はテープの方が少し高い。

    私はテープをチョイス。

    ちょっと面白そうという好奇心です。

    これがそのテープ。

    エストラーナです。

    貼る場所はお腹。

    かぶれないように少しずつ場所を変えます。

    11月から使い始めて3ヶ月目。

    頭痛と疲れやすさと不眠は改善です。

    今はすっかり元気。

    あとは乳ガン検診を受ける日を決めなくちゃね。

    最近描いた絵です。
    2012_12_27_rose_03_s

  • 1月 3

    2011年 腹腔鏡手術で子宮を摘出しました。
    2012年 秋 なんとなく体調が…。どうやら更年期のようです。
    仕事もあるので、やっぱり明るく乗り切りたい。
    ホルモン補充療法を始めました。
    今後はホルモン補充療法と更年期についても書いていきます。
    ———————————————————-

    いきなりのタイトルですね(笑)

    前回の記事で、ホルモン補充療法を始めたと書きました。
    その続きです。

    ホルモン補充療法を視野に入れて、病院に行ったのが11月はじめ。

    その際、血液検査を受けホルモンの量を調べていただいた結果
    やはり閉経状態とのこと。

    つまり、脳は「女性ホルモンを出せ」と命令しているのに、
    卵巣は機能が落ちているので、ホルモンが出せないという状態です。

    脳が「おかしい!」と混乱する結果、頭痛やホットフラッシュなどの
    更年期障害というわけです。

    そこで少量の女性ホルモンを補うことで、脳の混乱を押さえ、
    軟着陸をさせようというのがホルモン補充療法です。

    ただし、乳ガンの発生率が高くなるというリスクがあります。

    でも、なんと子宮がないと、その発生率は子宮がある人より
    発生率が低いのだそう。

    そして、ホルモン剤も1種類で良いそう。
    (子宮のある人は2種類必要)

    子宮がなくて良いこともあるものですね(笑)

  • 1月 3

    2011年 腹腔鏡手術で子宮を摘出しました。
    2012年 秋 なんとなく体調が…。どうやら更年期のようです。
    仕事もあるので、やっぱり明るく乗り切りたい。
    ホルモン補充療法を始めました。
    今後はホルモン補充療法と更年期についても書いていきます。
    ———————————————————-

    あけましておめでとうございます。

    今年もこのブログ、ゆっくりと続けていきますね。

    どうぞよろしくお願いいたします。

  • 11月 9

    2011年 腹腔鏡手術で子宮を摘出しました。
    2012年 秋 なんとなく体調が…。どうやら更年期のようです。
    仕事もあるので、やっぱり明るく乗り切りたい。
    ホルモン補充療法を始めました。
    今後はホルモン補充療法と更年期についても書いていきます。
    —————————————————-

    明日は異業種交流会。
    準備のため忙しく、しばらくゆっくり更新できそうもありません。

    取り急ぎ。

    エストラーナ3日目です。

    これがなかなか快適です。
    毎日、1日数回はあったホットフラッシュ(かなり軽いですけど)は消え、
    この3日間で1回のみ。

    しかも、「あれ、これそうかな?」というほどの軽さです。

    そして、一番の問題、不眠も軽くなりました。

    寝付きはすっかりよくなり、すぐに入眠。
    夢は相変わらずたくさん見ます。
    朝は4時から5時に起床。

    元々が早起きなので4時に起きてもそう問題はなく。

    というところです。

    寝付きがよくなったのは良かった~。

    引き続きレポートしていきます。

    (in 大阪)

  • 11月 7

    ブログのタイトルを変えようかな。

    明るい子宮筋腫 と 明るい更年期(笑)

    子宮を摘出して2年。
    51歳になりました。

    そう、年齢としては「更年期」です。

    「更年期」ときけば、「更年期障害」

    実は少し前から調子がおかしく、
    更年期が始まったかな、と感じています。

    なんといっても、リュープリンで
    更年期的な症状を経験していますから、
    すぐにわかります。

    リュープリンのおかげ(笑)

    具体的な症状としては、

    肩こり(整形外科で注射、ロキソニン)
    頭痛
    不眠(寝付きが悪い、早朝目が覚める、夢ばかり見る)

    その他には、

    あちこちかゆい(笑)

    とまぁ、本当にリュープリンの作用そのもの。

    そして、ここ半年、「命の母A」を服用したのですが、
    ちょっと服用をやめたら、また復活。

    そして、いよいよホットフラッシュ。

    10月後半ごろから、
    「あれ?あったかい?」ということが何度か。

    ここ1週間は毎日、1回はあったかい。

    日常生活に支障をきたすほどではないのですが、
    このままひどくなると、仕事に影響が…

    というわけで、思い切って
    ホルモン補充療法を試してみることにしました。

    昨日、更年期を専門とするお医者さまへ行き、
    今日からホルモン補充療法です。

    1日目から快調そのもの。
    全然感じが違います。

    なんと言っても20時30分の今、
    とっても眠い。

    快適な眠気です。

    今夜はゆっくり眠れそう。

    ホルモン補充療法については、また後ほど。

    お薬は、エストラーナです。

  • 10月 21

    久し振りの更新です。

    秋になると2年前のことを思い出します。

    手術を決め、毎日をブログに綴ってみようと思ったころのこと。
    ちょうど今時期、リュープリンを始めたんだなぁって。

    さて、このブログを読んで手術に臨まれた方から、
    「無事に退院した」というお知らせをいただきました。

    そしてそれまでの経過をブログに綴られたと。

    そこでご了解を得て、
    このブログでご紹介をさせていただくことにしました。

    キャサリンの笑えない日記 2
    カテゴリ 「心と体」 にリンクを張らせていただきました。

    またどなたかのご参考になりますね。

    手術を決めるまでは、本当に悩まれたと思います。
    体、ご家庭、お子さま。
    女性はいくつもの役割がありますから。

    お疲れさまでした。

    ゆっくりご養生くださいね。

    いつの間にか、
    「あんなこともあったっけ?」
    と遠い過去になる日がきます。

    その日をお楽しみに。

    お知らせくださって、ありがとうございます。
    ご縁に感謝。

  • 9月 8

    半年ぶりの更新です。

    手術に関しては、
    「あれ、いつ手術したんだっけ?」と思うくらい
    遠いことのようになりました。

    今朝、お布団の中でたまたまお腹を触ったら、ぺたんこ。

    『あ、ぺたんこだ』としみじみ。

    寝返りを打つたび、お腹でごろごろしていた大きな筋腫が、
    ウソのよう。

    ちょうど2年前の今頃、手術を決心したのですが、
    あのころは、今の状況など想像もできなかったっけ。

    ほんと、時は流れ、人は回復していくものです。

    さて、時は流れ、50代に突入した今、
    体には若干の変化があります。

    現在の健康状況としては、元気は元気なのですが、
    小さな症状がいくつか。

    他の方の参考になるかもしれないので、
    恥ずかしいけれど書いておきますね。

    2月の頭のかゆみ、ぎっくり腰は全快。

    その代わり、肩こりとあちこちがちょっとかゆい。

    ■ あちこちがかゆい

    (考えらえる原因)
    おそらくは、更年期障害の一つではないかと思うのです。
    リュープリンを打っていたときも、あちこちかゆくなりましたから。

    女性ホルモンの減少に伴い、
    脂分の分泌が少なくなったためではないかと。

    (対処法)
    リュープリンのときと同様、
    ユースキンローションで対応。

    皮膚科で処方してもらった
    サンモツオウゴントウ(121)を服用。
    これはなんか良い感じ。合っているのかも。

    ■ 肩こり

    (考えらえる原因)
    姿勢が悪い。
    絵を描く時間が増え、机に向かうことが多くなったから。

    (対処法)
    あまりにもひどくて頭痛がするときは整形外科へ。
    お薬を出していただきます。
    飲み薬とロキソニンテープと塗り薬で対応。

    サンモツオウゴントウ(121)を飲み始めてから
    肩こりも軽くなったようです。

    現在は肩こりに関しては何もせず。

    さすがに仕事は少し減らしました。
    以前のように長時間の講座を減らし、短時間のワークショップ、
    特に絵の仕事が増えました。

    楽天ショップもやっています。
    カラーショップBelta

    これからも時々、状況をお知らせしますね。

    今日描いた絵です。
    2012_09_08_lotus_01

  • 2月 29

    なんてタイトルもおかしいくらい
    元気にやっています。

    ただ、あちこちに小さな不調が出るらしく、
    現在、頭の中がかゆくてお薬服用中です。

    お医者さまにいただいたお薬は、
    飲み薬が
    タリオンOD錠
    アタラックス-P錠

    塗り薬が
    エクラー ローション(ステロイド)
    ケトコナゾールクリーム

    このうち、タリオンOD錠がなかなかの味。

    口の中ですっと解けてミント味がす~。

    治療を始めて来週で4週間目。

    まだ少しかゆいけれど、随分よくなりました。

    どの皮膚科のお医者さまも
    アレルギー体質と言われるのですが、
    いったい何のアレルギーだろう?

    最近描いた絵です。

    元気になって、思う存分絵を描いています。

  • 2月 1

    気づけば手術からちょうど1年。
    昨年の明日が退院日、でした。

    実はさきほど友人が手術室に入りました。
    本当についさっき。9時です。

    彼女は子宮腺筋症。
    ひどい生理痛に長年苦しんできました。
    緊急外来に駆け込むくらい。

    まだ若く、赤ちゃんを望んでいます。

    そこで腹腔鏡ではなく、あえて開腹を選びました。

    手術、無事に終わりますように。
    元気になりますように。
    赤ちゃんに恵まれますように。

カレンダー

2016年7月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

★2011年 元気になったらやること♪

1.研修ツアー
2.絵画展
3.ダイアンフォンファステンバーグのドレスを着る
4.旅行(どこにしよう?)
5.プールに泳ぎにいく!
6.白いパンツをはく(購入 あとは着るだけ)
7.2010年冬に買った黒のニットワンピースを着る
8.アメリカに色鉛筆留学に行く
9.アメリカ色鉛筆協会CPSAに入会する
10.思いっきり絵を描く
11.ボイストレーニングを企画する(企画中)

入院生活に役立ったもの

入院生活に役立ったものが買えるお店をご紹介します。
★前開きネグリジェ
1日だけしか着ませんが必要です。
↓これを着ました
洗いざらし二重ガーゼスリーパー/婦人・L・ライトピンク
私は着ませんでしたが、看護師さんのお手間を考えるとこちらの方が良さそうです。

★ゴムゆるめのショーツ
案外悩むのがこれ。私はこれを用意しました。

こちらも使いました。おへその傷がウェストに当たることがありましたが、そんなに痛くもなく。
★タオル
体の下に敷ける大きなものが便利です。病院からの指定品の中にもありました。
シーツ代わりにもなる大きなタオルです。最初にタオルだけを洗濯する必要があります。退院後もシーツ代わりになって便利。
205cm超大判バスタオル

205cm超大判バスタオル

価格:2,289円(税込、送料別)


バスタオルは、こちらを持っていきました。片面がガーゼです。乾きやすくかさばりません。体を拭くバスタオルとフェイスタオルをこちらでそろえました。フェイスタオルは、枕カバーとしても快適でした。
裏ガーゼ【大判】バスタオル

裏ガーゼ【大判】バスタオル

価格:1,701円(税込、送料別)

プロフィール

名前:Belta 若林眞弓
女性 自営業 既婚 子どもなし 49歳の時に腹腔鏡手術で子宮を摘出しました。

カラーリスト&セラピスト&自分サイズビジネスコンサルティング&講師です。
ツールは、カラーとNLPと色鉛筆。

出身は島根県。
今は仕事のため、島根県の松江市と大阪とを行ったり来たりする生活です。

自分の人生、自分でデザインしましょ。

その他のブログ:
Office Beltaのブログ

Beltaの色鉛筆ギャラリー

Beltaのカラー&セラピーで経済的に自立しよう

Beltaの大人の効果的な学習方法

メールアドレス: info@belta.jp

コメントの書き方について

このブログ、一見するとコメント欄がなさそうに見えますが、ちゃんとあります。 各記事のタイトル(例・「手術当日(入院3日目)」)をクリックしてください。 個別記事が表示されます。 その一番下にコメント欄があります。 メールアドレスの入力欄がありますが、ここに入力されても、公開されることは一切ありません。 安心してご活用ください。

最近読んだ本

代替医療のトリック
↓これはよかった★★★★★
手術と麻酔についてよくわかります。

マンガ家の大島弓子さんは、子宮筋腫と卵巣腫瘍を経験されました。