BeltaのColored Pencil Gallery  色鉛筆ギャラリー

色鉛筆専門サイト。色鉛筆画とモレスキンスケッチ。色鉛筆と紙の情報も満載。
Home » Archive by category 'paper'

【スケッチブック】マルマン アートスパイラル

6月 21st, 2022 Posted in paper, sketchbook

6月はこのブログに手を入れます。
もしもし、このブログが表示されなくなったら
https://belta.thebase.in/blogをご覧ください。
表示されなくなったら遅いので、
今のうちにお気に入りに登録しておいてくださいね!


おうち習い事アプリ miroom(ミルーム)さんのオンラインレッスン
使っているのは、「マルマンのアートスパイラル」という
スケッチブックを使っています。

というのも、毎日のように描いている「大きなひとこま絵日記」を
それに描いているから。

なぜ、私がマルマンのアートスパイラルを使っているか、
ご紹介しますね。

話せば長い話しになるのですが、

単刀直入に言うと、
描きたいと思ったとき、
たまたま使いさしのアートスパイラルが手元にあったから。

でも、そのスケッチブックは使いさしでしたから、
すぐに描き終わりました。

2冊目をどんな紙にするかと考えたとき、
やっぱり選んだのがアートスパイラルだったのです。

マルマンのアートスパイラルは、
おなじみのマルマンの図案シリーズの上級モデルです。

どちらもしぼがあり、紙色は白、水彩紙というより画用紙です。

紙質はよく似ていますが、厚みが違います。

図案シリーズは並口で126.5g/m
アートスパイラルは厚口で156.5g/m

アートスパイラルはわずかに厚いので、
水彩で少々水が多くてもよれることなく使えます。

水彩紙のスケッチブックだと、
紙の厚さが190g~300gです。
お値段はアートスパイラルより高めです。

そして厚みがあり水には強いのですが、
厚みの分、 1冊の枚数が少ないのです。

つまり、しょっちゅう買わないといけないわけです。

その点、アートスパイラルなら24枚もありますから、
約5ヶ月は保つのです。

さらにアートスパイラルは、かわいくて、
使う喜びもあります。

私はF2の赤を使っていますが、
ピンク、黄色、白、青、黒とカラーバリエーションも豊富です。
サイズもF0、F1、F2、F3、F4、F6 と揃っているのもうれしい。

もちろん色鉛筆も良く乗ります。
↓10年以上前のイラストでちょっと恥ずかしいのですが、

© Belta(Mayumi Wakabayashi)2022

実は友人から↑このアートスパイラルのF0をプレゼントされたことが、
スケッチをきちんと描くきっかけになったのです。

当時は色鉛筆画は描いていましたが、
スケッチはクロッキーブックにちゃちゃっと描くだけ
だったんですよね。

それが、1冊のスケッチブックを仕上げる楽しさを教えてくれて、
モレスキンやトラベラーズノートにも描くようになったというわけ。

つい思い出話しになってしまいました(笑)

マルマンの図案シリーズが悪いということではないです。
たっぷりと使えるとっても使い勝手が良い紙です。

ただ、スケッチブックそれぞれのスペックを知っておくと、
いざ買うときに便利でしょ?

みなさまのお役に立つとうれしいな。

【絵を描く暮らし】絵を描く手帳 買いました

2月 15th, 2022 Posted in paper

3月のオンライン教室は塗り絵と色鉛筆基礎。

6日(日)14:00~16:00 塗り絵(お抹茶と和菓子)
7日(月)13:00~15:00 塗り絵(お抹茶と和菓子)

基礎は三原色で描く色相環。
色を見ることと、筆圧の練習になります。

2月のイラスト教室は募集中です。
2月18日13:00~15:00
スイーツを簡単に描けるコツをご紹介しますよ。
詳しくはこちら↓
18日(金)13:00~15:00イラスト基礎(○、△、□で描くスイーツ)

2022年の塗り絵教室のモチーフの予定はこちら↓
【教室】2022年 モチーフの予定
【教室】リバイバル教室(オンラインのみ)


以前から気になっていたロイヤルターレンスの
アートクリエーション 「絵を描く手帳」を買いました。

発売当時から気になっていたのですが、
モレスキンを使っているので、重なるかな?と
二の足を踏んでいました。

でも、モレスキンとは紙が違い、もっと気楽に描けるかも?
ということで、一度試してみることにしたのです。

まだ使ってはいませんが、
画材ショーや店頭でのサンプルで、紙肌はだいたいわかっています。

厚みは90LBS、140gなので、そんなに厚みはありません。
水彩okとなっていますが、色鉛筆やペンの方が向いているようです。

買ったのは12㎝角の正方形です。
正方形は難しいんですよね。

でもいいの。

試してみなきゃ、難しいまま。
何を描こうかな?

【絵を描く暮らし】今日のおやつ

2月 11th, 2022 Posted in トラベラーズノート

3月のオンライン教室は塗り絵と色鉛筆基礎。

6日(日)14:00~16:00 塗り絵(お抹茶と和菓子)
7日(月)13:00~15:00 塗り絵(お抹茶と和菓子)

基礎は三原色で描く色相環。
色を見ることと、筆圧の練習になります。

2月のイラスト教室は募集中です。
2月18日13:00~15:00
スイーツを簡単に描けるコツをご紹介しますよ。
詳しくはこちら↓
18日(金)13:00~15:00イラスト基礎(○、△、□で描くスイーツ)

2022年の塗り絵教室のモチーフの予定はこちら↓
【教室】2022年 モチーフの予定
【教室】リバイバル教室(オンラインのみ)


久しぶりに今日のおやつ。

パッケージがカワイイものを選んで描いてみました。

© Belta(Mayumi Wakabayashi)2022

おやつカンパニーのラスティータはムーミン柄。

ムーミンもかわいいけれど、
周囲に散っている花やカップもかわいい。

個包装のパッケージもかわいらしくて5種類もある。

ヤマザキビスケットのエブリィ。
全粒粉入りのビスケットとチョコレートで、
ビスケットの模様がかわいらしい。

それから
バルベロのトリュフ缶。

これは個包装の包み方がいい。
文字もいいなあ。

パッケージを描くのはとっても楽しい。
そして勉強になる。

みなさまもぜひ楽しまれますように。

18日にはイラスト教室をします。
もう少しお席があります。
ぜひぜひご一緒に♪

詳しくはこちら↓
18日(金)13:00~15:00イラスト基礎(○、△、□で描くスイーツ)

【イラスト教室】下描きについて

1月 27th, 2022 Posted in トラベラーズノート, モレスキン

2月のオンライン教室は塗り絵とイラスト。
6日(日)14:00~16:00 塗り絵(ドレッサー)
7日(月)13:00~15:00 塗り絵(ドレッサー)
詳しくはこちら↓
【教室】2月のモチーフはドレッサー

イラスト教室もあります。
スイーツを簡単に描けるコツをご紹介しますよ。
詳しくはこちら↓
18日(金)13:00~15:00イラスト基礎(○、△、□で描くスイーツ)

2022年の塗り絵教室のモチーフの予定はこちら↓
【教室】2022年 モチーフの予定
【教室】リバイバル教室(オンラインのみ)


2月のイラスト教室は、下書き用として鉛筆や消しゴムも使います。
(不要な人はいきなりペンで描いてくださいね)

12月の教室では使わなかったのですが。

最近ちょっと考えている「下書き」について少しお話ししようと思います。

ペンでイラストやスケッチを描くとき、下書きをせず、
「下書きせずにペンで描こう!」とおっしゃる方、多いです。
↓カフェで下書きなし、万年筆で描いています。

© Belta(Mayumi Wakabayashi)2022

私もできたら、その方が良いと思います。

理由は、

・下書きをしてペンでなぞると、線の勢いがなくなるから
・線を描く度胸がなくなるから

下書きをする場合、
丁寧に細部まで形を描きがちです。

もう完璧にできたので、後はペンでなぞればOK!
という感じですね。

そしてペン入れは、
その下書きの線を外さないように、
ゆっくりなぞる。

そうすると線の勢いは消えます。

下書きは良かったのに、ペンを入れたらなんかおかしい。

というのはなぞってしまい、線の面白みを減らしてしまったから。

ペンで描いた絵の面白さは、線の面白さなんですよね。
線の勢いや面白さが減ると、活き活きした感じまで減ってしまいます。

ただ、注意して欲しいのは「勢い」というのは「速さ」ではないです。
ゆっくり描いた線でも「勢い」はありますし、
素早く描いた線でも勢いのない線があります。

なぞった線は、遅くても速くても勢いがないことが多いです。

では、下書きをせず、いきなりペンで描けばいいか、というと
初心者の方はちょっと抵抗があります。

「どうしよう?」
「いきなりどこから描くの?」
「消せないよね?」
「失敗しそう…」

とドキドキします。

結果、手が出なかったり、自分で失敗と思って
「やっぱり絵は向いてない」ということにもつながります。

絵を描くにはある種、度胸がいるのですが、
その度胸も育たないわけです。

だったら、ちょっと下書きをすればいいじゃない。

まずは紙(以外のものも)に線を描くことを楽しむために、
ドキドキ感を減らしましょうよ。

それから、下書きをすることで、紙はもう真っ白ではないです。
真っ白ではないので、気持ち的に手が出しやすくなります。

最初はそこからスタートすればOKだと思います。

私も鉛筆画は、紙を汚すことから教わりました。

大小の「ひとこま日記」はいきなりペンで描いていますが、
モレスキンやトラベラーズノートに描くときは、下絵やアタリを描いています。

実は、スケッチを描き始めたときは、
クロッキーブックにいきなりペンで描いていました。

でも、モレスキンに描き始めたときに、

「これ高いんだよね。ページを破ることもできないよね」
「カッコイイノートだから、本のように仕上げたいなぁ。ミスしたくない」

なんて思ったのです。

そこで下書きをするようになりました。

↑2013年のモレスキン。このころは、鉛筆で下書きをしていました。
下書きしても歪んでいるけれど、気にしない(笑)

今もモレスキンに描くときは、鉛筆ではないですが、きちんと下書きをします。

でも、ペン入れをするときは、
なぞらぬよう、なぞらぬようと念じていますよ。
そして度胸を決めて描く!

↑この二重線はドキドキしました(笑)でも歪んだ(笑)
でも歪んでもOK!

下書きをして描いた線がなんとなくおどおどしているようなら、
度胸をつけるために下書きをせず描く練習をしてみましょう。

別の紙に一度、簡単に描いてみてから、
本番の紙に描くのも良い方法です。

何が言いたいかというと、

ペンで描くスケッチやイラストは「線」の面白さや勢いが重要。

すてきな「線」を描くためには、下書きをなぞってはいけない。

でも、下書きがないと手がでない人は、下書きをしましょう。

そしてペン入れをするときは、「下書き通りでなくてOK!なぞらぬよう」と念じてから。

下書きをするしないは、

結局のところ、見ていて気持ちがいい「線」が描けるなら、
どちらでもOKなんですよね。

描く題材や媒体、自分の気持ち、状況に応じて、
気持ちが楽で(心地よい緊張感、リラックス)
気持ちがいい線が描けるものを選べばいいんじゃないかな。


イラスト教室は、2月18日(金)13:00~15:00
初心者向けの教室です。
スイーツを簡単に描けるコツをご紹介しますよ。
詳しくはこちら↓
18日(金)13:00~15:00イラスト基礎(○、△、□で描くスイーツ)

【紙】Beアートペーパーを試してみました。

11月 13th, 2021 Posted in other, paper

11月 夜間の教室をします。

11月24日(水)18:30~210:30
参加者募集中です。
詳細は、こちらをご覧ください。

12月のオンライン教室は塗り絵とイラスト。
開催日はこちら。
6日(月)13:00~15:00(塗り絵教室 モチーフはお正月)
16日(木)13:00~15:00(イラスト教室)
その他に日曜日に塗り絵教室を予定しています。


先日購入したmuseの「Beアートペーパー」を試しました。

モチーフはお店屋さん。
ネコ印のカフェです。テイクアウトのケーキも人気。

秋なので、私にしてはシックな色にしてみました。

使用感ですが、
「ケント紙のような平滑な表面」とあったので、
kmkケントのようなイメージを持っていたのですが、
ちょっと違います。

kmkケントよりやや厚いので、少しふかふかした感じがあります。
ふかふかまではいかないかな?ややソフトな感じ。

ポリクロモスのノリは、悪くはないですが、ザラザラの紙よりソフトな色づきです。

モチーフにお店を選んだのは、
細い塗り残しに向いているのではないかと思ったから。

確かに細かいものが描きやすいです。
小さなケーキも文字も潰れずに描けていますね。

気になるのは、紙の色かなぁ。
微妙に黄みがかっていますね。
塗った色が変わるほどではないけれど。

細かいパーツが多いものを描くにはいいかな。
そうだったら、ケント紙を使う方がいいかな。

他のモチーフも描いてみないとね。

ところで、実際に塗っているシーンを撮ってみました。
久しぶりの動画なので、縦になってしまったけど。
良かったら見てみてくださいね!


11月20日発売です。
Amazon、楽天ブックスでは予約ができます。

【紙】Beアートペーパーを買いました!

10月 29th, 2021 Posted in other, paper

11月のオンライン教室のテーマはクリスマス。
早いものですね!
モチーフは松ぼっくりのクリスマスオーナメントを予定しています。

© Belta(Mayumi Wakabayashi)2021

開催日はこちら。
1日(月)13:00~15:00
14日(日)14:00~16:00
詳細は、【教室】11
月のモチーフはクリスマス
をご覧ください。


紙を買いました。
紙マニアですから(笑)

今回買ったのは、ミューズの「Beアートペーパー」です。



スペックは、
コットン100%
209g/㎡
中性紙

色はナチュラルホワイト
滑らかな紙肌(細目)ケント紙のように平滑
水彩、色鉛筆、デッサン、コミック、イラストレーションに向いている

ちなみに
KMKケント紙は、
180g/㎡

パルプ100%

微妙に違いますね

ケント紙よりごくわずか、厚いです。
色鉛筆で描く場合、コットンやパルプというのは関係しないです。
色はKMKケント紙の方が白いです。

比べてみたのですが、写真ではよくわかりませんね。

お値段は、A4サイズで比較すると、
Beアートペーパーは1267円
KMKケント紙は、677円

どちらも15シートですので、
Beアートペーパーの方がずいぶんお高いです。

これは原料の違いですね。

色鉛筆で描くならKMKケント紙の方がお得感があります。
水を使うものなら、Beアートペーパーの方がいいのかな?

これは一度描いてみないとわからないなあ。

明日か明後日にはできるかな?

ところでBeアートペーパーには
Doアートペーパーという兄弟があり、
こちらは少しざらっとした表面。
いずれ試してみなくちゃ。

私はA4サイズを買いましたが、
ポストカードサイズや、B5サイズもあります。


11月20日発売です。
Amazon、楽天ブックスでは予約ができます。

【紙】ストーンヘンジ ファウン 入荷しました!

7月 3rd, 2020 Posted in paper, Stonehenge

在庫切れになっておりました
ストーンヘンジ ファウンが入荷しました。

ファウンは、カフェオレ色の紙で、
白や金がとてもきれいに映えます。

秋の作品にもぴったり。

© Belta(Mayumi Wakabayashi)2020

昨年はこの塗り絵を楽しんでいただきました。

たくさんではありませんが、
入荷しましたのでぜひご利用くださいね!

夏の塗り絵。海辺の瓶。
楽天市場店

 

 

ご自分で描きたい方は、
ポストカードサイズ5枚セットを。

 

 

BASE店

 

【紙】久しぶりにシリウスを買いました

4月 15th, 2020 Posted in other, paper

ミューズのボタニカルブックが廃番(?)
ということで久しぶりにオリオンのシリウスを購入しました。

シリウスは以前使ったことがある紙です。
色鉛筆での経験もありますが、主に鉛筆画で使っていました。

鉛筆画はほとんどこの紙に描いているんですよね。
表面はとても消しゴムに強い紙です。

数年ぶりに買ったら、こんな説明ページがありました。

表裏なしなので、片面失敗しても、裏が使える!

【紙情報】ミューズのクラシコ5廃番?とマルマンスケッチブック

4月 11th, 2020 Posted in paper

ミューズのボタニカルブック(クラシコ5)が廃番?

世界堂ではメーカーの取り扱い終了ということでした。
サイズによっては在庫もなく。

真っ白な紙で鮮やかに発色するので、
時々使っていたのになぁ。
うーむ。

楽天のお店では在庫があるところもあります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ミューズ ボタニカルブック A4 BC-1344
価格:1595円(税込、送料別) (2020/4/11時点)

 

 

紙は本当に悩ましいですよね。
今、ストーンヘンジを切らしていて、いつ入荷するか不明なのです。

東京にはかなりストックを置いてはいるのですが…

ところで、昨日、トレースについてご紹介したお客様、
使っているのはマルマンのスケッチブックだそう。

掲載許可をいただきましたので、ご覧くださいね。

シャープな仕上がりで、とってもすてき。
小さなパーツもあるのにすっきりしています。

マルマンのスケッチブックも紙色が白いので、
鮮やかに発色しますね。

私ももう少し使おうかなと考えています。

【紙】厚み、硬さも重要

4月 9th, 2020 Posted in paper

昨日の飯能のムーミンバレーパークのイラスト、
他のSNSでは好評のようでうれしいです。

紙はマルマンのスケッチブック。
日本でスケッチブックといえば、これでしょう。

真っ白で厚みは中くらい(少し薄め)
ざらざらの紙です。

愛用されている方多いと思います。
色鉛筆で絵を描かれる方もたくさんいらっしゃいまして、
私も常備しています。

ざらっとしている(ただ、エッジが柔らかく、色鉛筆の芯を削りません)ので、
ふんわりしたイラストにはぴったりだと思って使いました。

© Belta(Mayumi Wakabayashi)2020

ふんわりした感じにするために
下敷きを使わずに描いてみました。

ただ、そうすると、ぎゅっと色を効かせたいときには、
少し甘い感じがしますね。

仕上げに強い色を使うときには、
硬い下敷きを入れて使う方が良かったかも。

イラスト教室でもご紹介しましたが、
紙は「厚み」「色」「表面」の違いで、
発色や描き心地が変わります。

私はもう一つ、「硬さ」も気になります。

硬い紙が好きなんですよね~。

硬さは厚みにも関係しますが、
厚いと柔らかいとは限らないんじゃないかしら。

ふかふかっとした感じの紙は、
ぐっと色が入らないというか描いている手応えがないというか。

これはあくまでも私の好みですし、
ふかふかした紙も使いたい表現によっては便利になるわけで。

紙は永遠のテーマ。

みなさんも好みの紙、見つけてくださいね!