BeltaのColored Pencil Gallery  色鉛筆ギャラリー

色鉛筆専門サイト。色鉛筆画とモレスキンスケッチ。色鉛筆と紙の情報も満載。
Home » colored pencils » Archive by category 'holbein'

【色鉛筆】ホルベイン ローアンバー

9月 9th, 2019 Posted in holbein, ★color sample(色見本)

昨日の武蔵小杉教室のモチーフは、麦と葡萄。
とても鮮やかな色でもシックな色でもよく似合います。

お勧めの色の一つがホルベインのローアンバー。

アンティークな雰囲気を醸し出してくれる色です。

以前、この色を紹介する記事を書いたので
ここでも紹介しますね。

秋を描くのにぴったり。

【色】ホルベイン ローアンバー 184、

【色鉛筆】愛用の120本 ④

8月 13th, 2019 Posted in colored pencils, FaberCastell, holbein, Polychromos

よく使う120色の色鉛筆をご紹介するシリーズの4回目です。

黄色からオレンジ
【色鉛筆】愛用の120本 ①
ブルーからブラック
【色鉛筆】愛用の120本 ②
茶色その1
【色鉛筆】愛用の120本 ③

ご覧ください。

今日は茶色系の2つめ

赤から紫系の茶色と、関連する数色です。

特にブランド名がないものは、ポリクロモスです。

186
188
190
191
217
225
140(ホルベイン タンジェリン 必須カラー 焼き色のベース)
937(カリスマカラー タスカンレッド 必須カラー ソースの色)
263
194
145(ホルベイン ダンディライオン 鮮やかで強い黄色。カナリーイエローより強い)
113(ペリシア ゼラニウムレッド 赤に厚みを与えてくれる)

ホルベインのタンジェリン(140)は焼き色のベースになる色なので茶色の仲間に入れています。
パン、ケーキ、ハンバーグ、揚げ物など、焼き色がつくものは、
まず、この色を塗ってから他の色を重ねています。

同じくダンディライオンは、36色セットに入っているカナリーイエローより
わずかに赤みが強く、鮮やかな黄色に発色します。

黄色を黄色として発色させたいときはこの色を使うことが多いです。
例えば、花の芯とか。

他にダンディライオンとパブロのスカーレット(070)を
組み合わせて花を描いています。

カリスマカラーのタスカンレッドは、
ドミグラスソースには欠かせない色。
このビーフシチューの色です↓

© Belta(Mayumi Wakabayashi)
↑ちなみにパンの色のベースになっているのが、ホルベインのタンジェリン。

【色】ホルベイン ローアンバー 184

1月 24th, 2019 Posted in holbein, ★color sample(色見本)

久しぶりに色鉛筆の色シリーズ。

これまでご紹介してきた色は、こちらをご覧ください。
バイオレット
マゼンタ
カーマイン
フレッシュグリーン アップルグリーン

今日はホルベイン36色セットに入っている、
ローアンバーについてです。

アンバーは、土に由来する顔料。
なので、茶色、土系の色だと思ってください。

アンバーには「ローアンバー」と「バーントアンバー」の
2種類があります。

「ロー」は「生」、「バーント」は「焼いた」という意味。

なので、
ローアンバーは、生のアンバーの色、
バーントアンバーは、焼いてあるから、焦げ茶色です。

コーヒー豆にたとえると、
生豆が「ローアンバー」、焙煎した豆が「バーントアンバー」ですね。

色味としては、アンバーは、黄色の仲間です。

黄色に黒、または濃いグレーが混ざっていると想像していただくといいかな。

ローアンバーは、わずかに緑を感じる濁りのある暗い黄色という感じですね。
(余談ですが、黄色は、黒が混じると緑色っぽくなります)

明度、彩度ともに中~中の低程度。

鮮やかな色ではないですが、
かといって、ダークな色でもない、となります。
ややあいまいな色、というイメージでしょうか。

ということは、この色を混色に使うと、
鮮やかさはがくっと落ちる、と思ってくださいね。

これは悪いことではなく、そういう性質や印象がある色だというだけです。

その特徴を使うと、

アンティーク、大人っぽい落ち着きのある印象や、
植物の彩度を落として自然な色にすることができます。

例えば、先ほどの椅子の絵。

© Belta(Mayumi Wakabayashi)

ローアンバーがメインカラーです。

その他、カボチャのヘタ、葉っぱの先など、枯れた植物にはぴったりの色です。

アンティークな雰囲気には、
モスグリーン、クリムゾン、バーントアンバー、セピアなどと組み合わせます。
(いずれもホルベイン36色セット)

みなさんも試してみてくださいね!

それから、ややこしいお話を一つ。

色名にはもう一つ「アンバー」があります。
こちらは琥珀色のこと。

今回ご紹介したのは「umber」
琥珀色は「amber」

どちらも黄色系の色なので混同しやすいですね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ホルベイン・アーチスト色鉛筆36色セット 基本色 缶入
価格:7084円(税込、送料別) (2018/2/27時点)

 

 

色見本を作りたい方は、こちらの紙が便利です。
マス目入りと空白カードがあります。
36色セット(シート3枚)

120色シート(シート10枚)

こちらの発送は2月からになります。

【教室】1月のモチーフ作り中。こけ玉~。

11月 10th, 2018 Posted in holbein, work shop(教室)

年賀状向けの塗り絵がなんとなくデザインできたので
(まだ描いてはいませんが)
1月のモチーフを考えています。

思いついたのはこけ玉。

これなら1月~2月の日本の行事が多い季節にもぴったり。
長らく飾っておけるのではないかと。

問題はこけ玉の上に何を植えるか?です。

私としてはバオバブとか、ゼンマイなどがかわいいな、と思うのですが、
それだと和風にはならないかな?
お花を咲かせると華やかになりますよね。

お好きな植物を描いていただくのもいいな。

丸いこけ玉とその上の植物とのバランスが難しいけどね。

それにしても、

ホルベインの色鉛筆の色、鮮やかですね!

36色セットに入っている色だけで塗ってみましたが、
輝くような緑ができました。

みなさまにもこの色、ぜひ試していただきたいと思います。

 

 

このリースもホルベインで塗ると、一層あざやか!

【色】ホルベイン 2つの黄緑 251と243

久しぶりに色鉛筆の色シリーズ。
今日はホルベイン36色セットに入っている、
フレッシュグリーンとアップルグリーン
2つの黄緑についてです。

これまでご紹介してきた色は、こちらをご覧ください。
バイオレット
マゼンタ
カーマイン

ホルベインの36色セットには2色の黄緑系の色が入っています。

フレッシュグリーン(Fresh green 243)
アップルグリーン(Apple green 251)

です。

「違いがわからない」とおっしゃる方が多い色ですが、
比べてみると違いがよくわかりますね。

まず色み。

フレッシュグリーンは青みが強く、
アップルグリーンは黄みが強いですよね。

それから濁り。

フレッシュグリーンはほとんど濁りが感じられません。
濃く塗ると、鮮やかで、ポップな印象のグリーンです。
あまり「自然」は感じないですね。

対してアップルグリーンはわずかな濁りがあるようです。
黄緑の中にわずかな明るいグレーが感じられます。

モスグリーンほどの濁りはありませんが、
フレッシュグリーンと比べると、落ち着いた印象で、わずかに不透明。
自然界にもありそうな色です。

まとめると。

フレッシュグリーン…
青みの黄緑。鮮やか、ポップ、かわいい印象。自然界には少ない。

アップルグリーン…
黄みの黄緑。わずかに濁りがある。落ち着いている。自然。

となります。

使い方は人それぞれですが、

私はアップルグリーンは植物の葉によく使っています。
他の色と重ねてグリーンを作ったり、葉先の明るい部分にしたり。

わずかに濁りはありますが、強く塗ると鮮やかに発色し、
葉先に自然な明るさにしてくれます。

フレッシュグリーンも他の色と重ねて植物の色にもしますが、
透明感があるので、ガラスやデザイン系のものによく使います。

左の絵に使われているグリーンがフレッシュグリーン、
右の絵は、スプリンググリーンをメインにフレッシュグリーン、
イエローを重ねています。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ホルベイン・アーチスト色鉛筆36色セット 基本色 缶入
価格:7084円(税込、送料別) (2018/2/27時点)

 

 

色見本を作りたい方は、こちらの紙が便利です。
マス目入りと空白カードがあります。
36色セット(シート3枚)

120色シート(シート10枚)

【色】ホルベイン 042カーマイン(carmine)

東京でカンタンイラスト教室をします。
4月14日(土)恵比寿すぐ描ける カンタンイラスト教室
6月2日(土)池袋 かわいい花イラストを描く教室


色鉛筆の色シリーズ。
今日はホルベインのカーマイン(carmine)です。

これまでご紹介してきた色は、
バイオレット
マゼンタ

ホルベインのカーマインはいわゆる「赤」
「真っ赤」と言っていい色です。

赤にもいろいろありますが、
スカーレットのような「黄み」を感じさせる色ではなく、
青寄りです。

絵の具と違って、色鉛筆は顔料成分が公開されていませんが、
黒系の顔料は含まれていないのか、濁りが感じられません。

いわゆるビビッドトーン。原色ですね。

茶系と混色してみました。

同じ色でマゼンタとの比較。

マゼンタとは、明度、彩度とも近く、色相環で言えば隣の色。
小面積ではよく似た色に見えます。

マゼンタより青成分が少ないので、
マゼンタよりあっさりとした色を作りますね。

オススメなのは、同じホルベインのビリジアンとの組み合わせ。
どちらも透明感のある色で、鮮やかな対比効果を生みます。

ところで、色の名前ってなじみのないものも多く、
覚えにくいですよね。

「カーマイン」の由来はクリムゾンと関係があります。

クリムゾンの由来は、カイガラムシの雌からとれるコチニールという色素から。

そのまた語源は、ラテン語やアラビア語になるのですが、
「カーマイン」という言葉はラテン語のクリムゾンの短縮形から生まれたようです。

色鉛筆で使われる顔料は化学合成されたコチニール系の色ですが、
元々は虫由来の名前だったんですね。

ちなみに、今、「カイガラムシ?」と思われた方、
そうなんです。カイガラムシという虫から作られる赤系の色があるのです。

今はメキシコや南米で養殖されていて(ウチワサボテンにびっしりとつきます)
虫が苦手な方は、検索しないように(笑)

この虫を乾燥させて作るコチニールという色素は、
きれいな紅色なんですよね。

一度ホルベインさんで、コチニールとコチニールを水に溶かした色を
見せていただいたことがありますが、鮮やかで透明感のある美しい赤でした。

コチニールは食品添加物や化粧品にも使われています。
成分表、見てみてくださいね!

赤についてはこの本がオススメ。

パラパラめくるだけで楽しい。
色材の勉強になります。

マゼンタホルベイン色絵筆の36色セットに入っています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ホルベイン アーチスト色鉛筆 OP449 マゼンタ
価格:211円(税込、送料別) (2018/2/27時点)

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ホルベイン・アーチスト色鉛筆36色セット 基本色 缶入
価格:7084円(税込、送料別) (2018/2/27時点)

 

 

色見本を作りたい方は、こちらの紙が便利です。
マス目入りと空白カードがあります。
36色セット(シート3枚)

 

 

120色シート(シート10枚)

 

 

【絵を描く暮らし】花を飾ろう

3月 7th, 2018 Posted in color, holbein, pink

絵を描く暮らしを提唱している若林眞弓の
色鉛筆ブログです。

カラー、NLP(心理学)についてのブログもあります。
Office Beltaのブログをご覧くださいね!


おうちに花を飾ろうと、小さな絵をもう1枚描いてみました。

© Belta(Mayumi Wakabayashi)

モデルなしで描くのは難しい~。
お花をもっと観ないと。

中心の花は、最近のお気に入り、黄色とスカーレットです。
この組み合わせ好き♪

ところで、この季節よく使うのが、ホルベインのチェリブロッサム(011)
右側のピンクの色鉛筆です。

色は淡いピンク。まさに桜の色です。
この色の良さは、色が濁らないこと。

おそらくグレー、黒の色みを感じるピグメントが入っていないのだと思います。
とてもクリアで、色を暗くしません。
とってもかわいらしい色です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ホルベイン アーチスト色鉛筆 OP011 チェリーブロッサム
価格:211円(税込、送料別) (2018/3/7時点)

見ているだけで楽しい。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ホルベイン アーチスト色鉛筆 50色パステルトーンセット(紙函入)
価格:10690円(税込、送料無料) (2018/3/7時点)


毎月1回のお楽しみ。
「Belta通信」のご購読を募集中です。
詳しくはこちらをご覧くださいね!
Belta通信


イラストのご依頼等、
こちらのフォームからお問い合わせくださいませ。
★お問い合わせ★

後ほど担当者からお返事をさせていただきます。


募集中の教室のご案内です。

Office Beltaの塗り絵教室は、
2時間で、ポストカードサイズの塗り絵を1枚仕上げます。
色鉛筆の基礎が身につきます。

入会金なし、1回完結型で参加できるときにご参加を。
とても参加しやすい教室です。

ご興味のある方は、
info@belta.jpまでメールでお問い合わせください。
参加費は大阪教室以外、3,000円~3500円(下絵、塗り方レシピ代込み)です。

【3月】

3日(日)14:00~16:00 大人のアート塗り絵教室 武蔵小杉(武蔵小杉)終了。様子はこちら
13日(日)13:00~15:00 東武カルチュアスクール(池袋)
20日(火)14:00~16:00 大人のアート塗り絵教室 宍道教室(松江)
20日(火)19:00~21:00 大人のアート塗り絵教室 アンネイ教室(松江)

【4月】
7日(土)14:00~16:00 大人のアート塗り絵教室 武蔵小杉(武蔵小杉)
11日(水)14:00~16:00 大人のアート塗り絵教室 サロン・イル・トゥリパーノ(大塚)

【色】ホルベイン 449マゼンタ(magenta)

2月 27th, 2018 Posted in holbein, ★color sample(色見本)

絵を描く暮らしを提唱している若林眞弓の
色鉛筆ブログです。

カラー、NLP(心理学)についてのブログもあります。
Office Beltaのブログをご覧くださいね!


色鉛筆の色シリーズ。
今日はホルベインのマゼンタです。

前回はバイオレットでしたね。

3原色の1つとして使え、
様々な色と好相性です。

色としては、赤紫、青系の赤、濃いピンクと言われる方も多いかな。

プリンターのインクのマゼンタを思い出していただくといいかも。

赤に重ねると、真っ赤を作れます。

グリーン系の色と好相性で、
ビリジアンやその他のグリーンに重ねると、
ぐっと深みのあるグリーンになります。

ワインボトルや植物の陰色として重宝します。

とにかくグリーンとは合いますね。
配色としても補色ですし。

ブルー系のピンク(ホルベインならコスモス)
赤の陰色としても便利。

ただ、少しだけ黒みを感じる色なので、
濃く塗りすぎると、ピンクが濁るように思います。

紫、茶色系とも相性抜群。
少し赤みがかった味わい深い色を作り出します。

↓は茶色との混色例です。

ところで、

「マゼンタ」ってあまり聞いたことがない言葉ですよね。
色名以外では耳にしないと思います。

語源は、イタリアのミラノ近くの街「マジェンタ」から。
1859年、第二次イタリア統一戦争の際、
「マジェンタの戦い」で、イタリア・フランス連合軍が勝利しました。

ちょうどそのころ、フランスでこの色の合成塗料が
発明されたから、という説と、

勝ったフランス軍の「ズアーヴ兵」の軍服ズボンの赤い色から、
という説の2つの説があります。

どちらにしても地名の「マジェンタ」に由来している、というわけです。

ちなみに「『ズアーヴ兵』ってどんな人たち?」と疑問に思った方も
こちらの絵はご覧になったことがあると思います。


ファン・ゴッホの「ズアーヴ兵」です。
ズボンが描かれてなくて残念。

民族としては、
アルジェリアやチュニジア人(当時フランスの支配下)だそう。

以上、マゼンタ豆知識でした。

マゼンタホルベイン色絵筆の36色セットに入っています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ホルベイン アーチスト色鉛筆 OP449 マゼンタ
価格:211円(税込、送料別) (2018/2/27時点)

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ホルベイン・アーチスト色鉛筆36色セット 基本色 缶入
価格:7084円(税込、送料別) (2018/2/27時点)

 

 

色見本を作りたい方は、こちらの紙が便利です。
マス目入りと空白カードがあります。
36色セット(シート3枚)

 

 

120色シート(シート10枚)

 

 


毎月1回のお楽しみ。
「Belta通信」のご購読を募集中です。
詳しくはこちらをご覧くださいね!
Belta通信


イラストのご依頼等、
こちらのフォームからお問い合わせくださいませ。
★お問い合わせ★

後ほど担当者からお返事をさせていただきます。


募集中の教室のご案内です。

Office Beltaの塗り絵教室は、
2時間で、ポストカードサイズの塗り絵を1枚仕上げます。
色鉛筆の基礎が身につきます。

入会金なし、1回完結型で参加できるときにご参加を。
とても参加しやすい教室です。

ご興味のある方は、
info@belta.jpまでメールでお問い合わせください。
参加費は大阪教室以外、3,000円~3500円(下絵、塗り方レシピ代込み)です。

【2月】

13日(日)13:00~15:00 東武カルチュアスクール(池袋)
20日(火)19:00~21:00 大人のアート塗り絵 アンネイ教室(松江)

【3月】

3日(日)14:00~16:00 大人のアート塗り絵教室 武蔵小杉(武蔵小杉)
13日(日)13:00~15:00 東武カルチュアスクール(池袋)
20日(火)14:00~16:00 大人のアート塗り絵教室 宍道教室(松江)

【4月】
11日(火)大人のアート塗り絵教室 サロン・イル・トゥリパーノ(大塚)

【色】ホルベイン 441 バイオレット(violet)

2月 12th, 2018 Posted in colored pencils, holbein, purple

絵を描く暮らしを提唱している若林眞弓の
色鉛筆ブログです。

カラー、NLP(心理学)についてのブログもあります。
Office Beltaのブログをご覧くださいね!


以前から、各ブランドの「色」についての情報を
まとめてみたかったので、ぼちぼちと始めようと思います。

その色の特徴やBelta的使い方などを簡単にご紹介するというものです。

今日はホルベインのviolet バイオレット(441)です。

© Belta(Mayumi Wakabayashi)

とても使い勝手の良い色です。
Beltaの必須色の一つ。

濃く塗っても薄く塗っても黒や濁りを感じさせない
クリアな色なので、混色しても相手を濁らせません。

混色して緑、赤を深くするのにも使え、
スカーレット系の色と合わせると味わい深い夕焼け色になります。

同じホルベインのビリジアンと一緒に
クロスハッチングに使うことも多いです。

紫の基本となる色として使うのはもちろん、
影色としてとても便利。

透明なガラス、セロファンなどを引き締める色としても
おすすめです。

バイオレットは、36色セットに入っています。

色見本用のカードはこちら。
マス目入りと空白カードがあります。
ぜひご利用くださいね!
36色セット(シート3枚)

 

 

120色シート(シート10枚)

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ホルベイン アーチスト色鉛筆 OP441 バイオレット
価格:211円(税込、送料別) (2018/2/12時点)

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ホルベイン アーチスト色鉛筆 36色セット
価格:7960円(税込、送料別) (2018/2/12時点)

 

 


イラストのご依頼等、
こちらのフォームからお問い合わせくださいませ。
★お問い合わせ★

後ほど担当者からお返事をさせていただきます。


定例教室のご案内です。

Office Beltaの塗り絵教室は、
2時間で、ポストカードサイズの塗り絵を1枚仕上げます。
色鉛筆の基礎が身につきます。

入会金なし、1回完結型で参加できるときにご参加を。
とても参加しやすい教室です。

ご興味のある方は、
info@belta.jpまでメールでお問い合わせください。
参加費は大阪教室以外、3,000円~3500円(下絵、塗り方レシピ代込み)です。

【2月】

13日(日)13:00~15:00 東武カルチュアスクール(池袋)
20日(火)19:00~21:00 大人のアート塗り絵 アンネイ教室(松江)

【3月】

3日(日)14:00~16:00 大人のアート塗り絵教室 武蔵小杉(武蔵小杉)
13日(日)13:00~15:00 東武カルチュアスクール(池袋)
20日(火)14:00~16:00 大人のアート塗り絵教室 宍道教室(松江)

【4月】
大人のアート塗り絵教室 サロン・イル・トゥリパーノ(大塚)

【色鉛筆】クロスハッチングに使う色

12月 13th, 2017 Posted in holbein, lesson & technic Tags:

最近、教室でもよくご紹介しているクロスハッチング。

太さ、間隔、色、などいろいろなアレンジありますが、
よく使っているのがこの細かいクロスハッチング。

© Belta(Mayumi Wakabayashi)

色の変化をつけながら背景を塗っています。

主に使っているのが、

ホルベインだと、

バイオレット、スカーレット、ビリジアン、
カナリーイエロー、マゼンタなど。

いずれも、白やグレーが入っていない清色(マットではない)です。

色は少し濁らせる方が深みが出るので、
複数の色を重ねます。

清色同士を重ねた色と、
マットな色を重ねた色だと、
清色同士の方がスキっとした感じになるのです。

いわば、透明なセロファンを重ねた感じです。

対して濁った色、特に白が入った色は不透明な感じ。
それが悪いわけでなく、ちゃんと使っています。

ただ、不透明な色をクロスハッチングで透明にするのは
とても難しいことなので、不用意に使わないよう心がけてはいます。

イエローオーカー、ローアンバー、バーントシェンナ、
ライトレッド、モスグリーンなどは濁りがあったり、マットな感じがする色ですね。

フォレストグリーン、ホーリーグリーン、
ロイヤルブルーは少し黒系の色が入っていて、濁った感じがします。

鮮やかな色が魅力的。
もう少し芯が硬いともっといいのになぁ。

最近「この本を見て、教室を知りました」とおっしゃるお客様が
何人かいらっしゃいました。

ありがたいことです。感謝。