BeltaのColored Pencil Gallery  色鉛筆ギャラリー

色鉛筆専門サイト。色鉛筆画とモレスキンスケッチ。色鉛筆と紙の情報も満載。
Home » Archive by category 'colored pencils'

【色鉛筆】クロスハッチングに使う色

12月 13th, 2017 Posted in holbein, lesson & technic Tags:

最近、教室でもよくご紹介しているクロスハッチング。

太さ、間隔、色、などいろいろなアレンジありますが、
よく使っているのがこの細かいクロスハッチング。

© Belta(Mayumi Wakabayashi)

色の変化をつけながら背景を塗っています。

主に使っているのが、

ホルベインだと、

バイオレット、スカーレット、ビリジアン、
カナリーイエロー、マゼンタなど。

いずれも、白やグレーが入っていない清色(マットではない)です。

色は少し濁らせる方が深みが出るので、
複数の色を重ねます。

清色同士を重ねた色と、
マットな色を重ねた色だと、
清色同士の方がスキっとした感じになるのです。

いわば、透明なセロファンを重ねた感じです。

対して濁った色、特に白が入った色は不透明な感じ。
それが悪いわけでなく、ちゃんと使っています。

ただ、不透明な色をクロスハッチングで透明にするのは
とても難しいことなので、不用意に使わないよう心がけてはいます。

イエローオーカー、ローアンバー、バーントシェンナ、
ライトレッド、モスグリーンなどは濁りがあったり、マットな感じがする色ですね。

フォレストグリーン、ホーリーグリーン、
ロイヤルブルーは少し黒系の色が入っていて、濁った感じがします。

鮮やかな色が魅力的。
もう少し芯が硬いともっといいのになぁ。

最近「この本を見て、教室を知りました」とおっしゃるお客様が
何人かいらっしゃいました。

ありがたいことです。感謝。

【色鉛筆情報】ダーウェントから新しい色鉛筆

12月 3rd, 2017 Posted in colored pencils, derwent

ダーウェントから新しい色鉛筆がリリースされました。

名前は「プロカラー」
3本だけ買ってみました。

メーカーによると、カラーソフトより芯が硬いけれど、
発色は鮮やか、だそうです。

確かにカラーソフトに比べると硬く、
細かなものも描きやすいように思います。

そしてアーティストより、色が鮮やか!

日本での発売は12月だそうですから、
これから楽しみに待つことにします。

【色鉛筆情報】カランダッシュ ミュージアムアクアレル

12月 2nd, 2017 Posted in Caran d'Ache, colored pencils

色鉛筆には、油性の色鉛筆と水彩色鉛筆の2種類があります。

かつては水彩色鉛筆をメインに使っておりましたが、
この20年くらいは、油性の色鉛筆を使っています。

なぜ水彩色鉛筆を使っていないかというと、

重ね塗りをするなら、油性の色鉛筆の方が色が、
水で溶かして使うなら、水彩絵の具の方が色がきれいだから。

でも、この水彩色鉛筆は色がすてき。

カランダッシュ ミュージアムアクアレル

試みにスカーレット1本だけ買ったのですが、
びっくりするほど良い色!

1枚描いてみましたので、見てくださいね!

まずこんな感じで。

水をつけた筆で溶かし、一度しっかり乾かします。
完全に乾いた後、同じ色鉛筆で木を描き入れました。

© Belta(Mayumi Wakabayashi)

スカーレット1色だけです。

地平線のあたりが一番濃く塗ったところです。

鮮やかな色♪ワクワクしますね。

これ以上、色鉛筆を増やすのもどうかと思いますが(笑)
この色鉛筆は気持ちがすご~く惹かれます!

難をいえば、かなり太い軸なので、
太軸が削れる鉛筆削りでないと削れません。


毎月1回葉書でお便り。
Belta通信2018年号のご購読を募集しています。


イラストのご依頼等、
こちらのフォームからお問い合わせくださいませ。
★お問い合わせ★

後ほど担当者からお返事をさせていただきます。


定例教室のご案内です。

Office Beltaの塗り絵教室は、
2時間で、ポストカードサイズの塗り絵を1枚仕上げます。
色鉛筆の基礎が身につきますよ!

入会金なし、1回完結型でタイミングが合うときに参加できる
とても参加しやすい教室です。

ご興味のある方は、
info@belta.jpまでメールでお問い合わせください。
携帯メールをお使いの方は、PCからのメールを受け取れるようにしてくださいね!
参加費は大阪教室以外、3,000円~3500円(下絵、塗り方レシピ代込み)です。

大阪はたまにしか行けないので、
ボリュームのある教室になっています。

 
【11月】

11日(土)14:00~16:00 大人のアート塗り絵(武蔵小杉)

14日(火)13:00~15:00 東武カルチュアスクール(池袋)

16日(木)14:00~16:00 大人のアート塗り絵(東京・大塚)満席

21日(火)14:00~16:00 大人のアート塗り絵(宍道・松江)

21日(火)19:00~21:00 大人のアート塗り絵(アンネイ・松江)

【12月】
2日、3日、大阪教室
2日(土)1day イラスト教室
3日(日)13:00~16:00 塗り絵教室

9日(土)14:00~21:00 大人のアート塗り絵(武蔵小杉)

12日(火)13:00~15:00 大人のアート塗り絵(東武カルチュアスクール)

19日(火)19:00~21:00 大人のアート塗り絵(アンネイ・松江)

【1月】

23日(火)14:00~16:00 大人のアート塗り絵(宍道・松江)

【色鉛筆画】 クリスマスツリー

11月 7th, 2017 Posted in Christmas, holbein

12月2日、3日、大阪で教室をすることになりました。
2日は1dayのイラスト教室
3日は塗り絵です。

関西のみなさま、ぜひ一緒に絵を描きましょう♪


去年はクリスマスの絵を描いていなかったので
今年は何か描きたいなっと。

教室のモチーフもありますしね。

昨日、気分で描いたのがこちら。

© Belta(Mayumi Wakabayashi)

モデルは昨年行った恵比寿ガーデンプレイスのクリスマスツリーです。

作品にするつもりはなく、気分でささっと描いたので、
できてしまった下の不要な余白文字を描きました。

ワーズワースの「静けさは香り立つ空気」から抜粋。

使っている色鉛筆はホルベインの36色セットのみです。
彩度が高い色鉛筆なので、数色重ねて塗っても、色鮮やかなまま。

この色は本当に魅力的。
欲を言えば、もう少し硬いといいなぁ。

使った色は、
フォレストグリーンからカナリーイエローまで、
グラデーションになるように。

グリーン系で使っていないのは、モスグリーンとアイスグリーンだけ。
それ以外は全部使いました。

深さを出すために
ターコイズグリーン、
透明感や明るさを出すためにフレッシュグリーン、
エメラルドグリーンを。

フォレストグリーンから塗り始め、
だんだん明るい色に持ち替えて
最後はカナリーイエローへ。

その後で、
ターコイズグリーンやビリジアンを根元に、
フレッシュグリーン、エメラルドグリーンを少し上の枝に
プラスしました。

あ、オーナメントは最初に塗っておきます。

色鉛筆の色の性質を把握してシステマティックに使うことにしています。

これ気になる気になる。
11月11日発売です。


毎月1回葉書でお便り。
Belta通信2018年号のご購読を募集しています。


イラストのご依頼等、
こちらのフォームからお問い合わせくださいませ。
★お問い合わせ★

後ほど担当者からお返事をさせていただきます。


定例教室のご案内です。

Office Beltaの塗り絵教室は、
2時間で、ポストカードサイズの塗り絵を1枚仕上げます。
色鉛筆の基礎が身につきますよ!

入会金なし、1回完結型でタイミングが合うときに参加できる
とても参加しやすい教室です。

ご興味のある方は、
info@belta.jpまでメールでお問い合わせください。
携帯メールをお使いの方は、PCからのメールを受け取れるようにしてくださいね!
参加費は大阪教室以外、3,000円~3500円(下絵、塗り方レシピ代込み)です。

大阪はたまにしか行けないので、
ボリュームのある教室になっています。

 
【11月】

11日(土)14:00~16:00 大人のアート塗り絵(武蔵小杉)

14日(火)13:00~15:00 東武カルチュアスクール(池袋)

16日(木)14:00~16:00 大人のアート塗り絵(東京・大塚)満席

21日(火)14:00~16:00 大人のアート塗り絵(宍道・松江)

21日(火)19:00~21:00 大人のアート塗り絵(アンネイ・松江)

【12月】
2日、3日、大阪教室
2日(土)1day イラスト教室
3日(日)13:00~16:00 塗り絵教室

19日(火)19:00~21:00 大人のアート塗り絵(アンネイ・松江)

【色鉛筆情報】【新商品】ホルベインのパステルと淡色トーンのセット

10月 24th, 2017 Posted in colored pencils, holbein

今日3つめの記事でごめんなさい。

ホルベインから、色鉛筆の新しいセットが発売されます!
パステルと淡色トーンの50色セット。

これまで12色のセットはありましたが、50色!というのは衝撃的ですね。

150色の中から50色を選び出したのかしら。
それとも新色あり、かしら。

パステルや淡色トーンは本当に便利なんですよね。
鮮やかな色を買ったら、その色の淡色バージョンも買っておくと
使い勝手がいいんです。

パステルカラーだけで描くのも楽しそう♪

発売は11月11日。
現在予約を受付中のお店もあるようです。

欲しいなぁ。
でもすでにたくさん色を持っているなぁ。

かっと~。

「ぬりえ彩色練習帖」で使用している色鉛筆について

秋になり、ゆっくり絵を描こう!
という方が増えてきたのか、
最近、ご質問をたくさんいただいています。

簡単にお答えできるご質問は良いのですが、
メールではお答えしにくいご質問もあり、
すぐにはお返事できない場合もあります。

そのご質問の中で、

時々「『ぬりえ彩色レッスン帖』で使われている色鉛筆を教えて欲しい」
というご要望をいただきました。

© Belta(Mayumi Wakabayashi)

この本を作るときに、
「特定の色鉛筆を持っていなくても(手持ちの色鉛筆で)
作品を作れるようにする」

また、
「画材で使われる色名(例えば、ローアンバー、バーントシェンナなど)に
なじみのない方も多いので、わかりやすい名前にする」

というコンセプトをいただきましたので、
あえて、色名は「赤」とか「黄」のような一般名にしています。

ただ、微妙な色はそういう一般的な名前に該当するものが見つからず、
色をイメージさせる名前を当てはめました。

そのため、具体的なブランド名や色名の掲載がないのです。

個人的にも
本とまったく同じ色の作品がベストではなく、
みなさんのオリジナルの色が一番、だと思っています。

色を限定せずに、
どんどん新しい色を試して欲しいという気持ちもあります。
色に出会う楽しみも体験して欲しいです。

とはいうものの、

色鉛筆を触って間もない方にとっては、
色選びは悩ましいことです。

そこで、
大雑把ではありますが、
使用している色鉛筆をご紹介しようと思います。

主に使っているのは、

ホルベインの36色セットです。
本のほとんどの色はこれです。

このセットは、色構成がとても使いやすくできていて、
(さすが画材メーカー!)
買い足さなくても、かなり幅広く絵を描くことができます。

買い足すとしたら、

淡いピンク、クール系の水色、淡い紫、
プルシアンブルーより暗い藍色、明るいクールグレー、
明るい茶色、クリーム色 ベージュ

などがあると、さらに使いやすくなると思います。
本もこれらの色を足して使っています。

具体的には、

ホルベインなら、
チェリーブロッサム、ラベンダーブルー、ライラックやウィステリア、
インジゴ、クールグレー#2、クリーム、ベージュなど。

ポリクロモスなら、
スカイブルー、ダークインディゴ、コールドグレー#2
バーントオーカーやテラコッタ、クリーム などです。

他のメーカーでも、似た色はたくさんありますので、
この2つにこだわらず、色を探してみてくださいね。

本をご購入くださったみなさま
本当にありがとうございます。

この記事がご参考になるとうれしいです。

どんどん作品を作ってくださいね!
そしてチャンスがあれば、ぜひお見せください。


 

 

赤の色鉛筆コレクション

一部ですが、赤の色鉛筆のコレクションです。

セットだけでなく、赤だけを持っているブランドも多いのです。

赤はどのセットにも入っている上、
よく使う色ですから、まずは赤を買うことにしています。

イラストの方は上から、

ホルベイン、ポリクロモス、ペリシア、ヴァンゴッホ、
カリスマカラー、パブロ

です。

途中まで描いて、松江に持って帰ったら、
カリスマカラーを東京に置き忘れ~。

左は、水彩色鉛筆。

ステッドラーのカラトアクレェル、
ダーウェントのインクテンス、
カランダッシュのミュージアムアクアレル。

ミュージアムアクアレルは非常に美しい発色です♪
一目で好きになりました。

ところで、これも色見本です。

色見本を作るのは、
色を探しやすくするためではなく、
どんな発色をするか確認するためです。

同じ赤(スカーレット系、カーマイン系)でも、
ずいぶん発色が違いますよね。

青に寄っていたり、黄みが強かったり。
少し黒を感じさせる色が入っていたり。

それを見るためのものだと思っています。

発色がわかれば、
塗ったあとで「あれ、こんなはずでは~」ということが少なくなりますから。

持っている色の色見本を一気に作るのは大変ですが、
こんなふうに小さなものをちょこちょこ作るのはできそうですよね。

できれば、飾れるように作れば、作った後も楽しめます。

それにしても、ミュージアムアクアレル、いいなぁ。

基本色12色セット

20色セットは2種類あります。
ランドスケープとマリン。
山色セットと海色セットですね!

ランドスケープ

マリン

76色木箱セット

最近買った色鉛筆たち

9月 20th, 2017 Posted in Caran d'Ache, carandache, colored pencils

最近、少し色鉛筆を
買い足しました。

特に必要というわけではなかったのですが、
これまで持ってなかったブランドを少し試したくて。

赤が多いのは、どの色鉛筆のセットにも赤は入っていますから、
比較しやすいと思ってのこと。

上から、

カランダッシュ パブロ
ダーウェント カラーソフト
ダーウェント プロカラーの3色

下3本は、水彩色鉛筆です。
ダーウェント インクテンス
ステッドラー カラトアクレェル
カランダッシュ ミュージアム アクアレル

ここ数年は水彩色鉛筆を使っていませんが、
久しぶりに試してみたくなりました。

ダーウェントのインクテンスは、透明感があり、
水に溶かすと、インクのような発色です。

ステッドラーのカラトは、使っている方、多いですね~。

そして、そして、カランダッシュのミュージアム アクアレル!
これ、すごいです!
きれいな発色!

自分の感覚を使いたいので、
予備知識を入れずに使ってみたのですが、
厚みのある美しい色にびっくりしました。

メーカーによると、
鉛筆の形をした絵具、ということですが、
本当にそんな感じ。

気持ちが動く~。

発色か水に溶かした色等は、また後ほどお知らせしますね。

基本色12色セット

20色セットは2種類あります。
ランドスケープとマリン。
山色セットと海色セットですね!

ランドスケープ

マリン

76色木箱セット

フレンチパウンドハウスのタルト

8月 23rd, 2017 Posted in Caran d'Ache, color, red Tags:

巣鴨のフレンチパウンドハウスのタルト、できあがり。


© Belta(Mayumi Wakabayashi)

ちょっと派手派手色になっちゃいましたね。

左にチラリと見えているでしょ?
いちごにルミナンス6901をぎゅっと塗ったら、
見事に派手派手カラー。

さすがに色に厚みがありますね。

つぎはポリクロモスだけで、ペン描きもなしで、
描いてみようかな。

22日のモチーフ 風鈴

8月 18th, 2017 Posted in holbein

リクエストをいただいたので、
デザイン中です。

22日のアンネイさん(松江)のモチーフは、風鈴。

アイディアスケッチはこちらです。

© Belta(Mayumi Wakabayashi)

海を塗ることで、少し大きい面積を塗る良い練習になるのではないかしら。

空は色鉛筆で直接塗ってもいいですし、
芯を削って綿棒でぼかしてもいいですね。

夏の空はきっちりと塗りすぎないこと。
案外雲が多いのです。

風鈴の模様は金魚と水草をきりっと効かし、
画面を締めます。

それから、短冊(?)はみなさんお好きな色や模様でどうぞ。

見本は三色冷や麦の色です(笑)

使ったのはホルベインの36色セット。
このセットはバランスがよくて、海も空も塗ることができます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ホルベイン・アーチスト色鉛筆36色セット 基本色 缶入
価格:7084円(税込、送料別) (2017/8/18時点)