BeltaのColored Pencil Gallery  色鉛筆ギャラリー

色鉛筆専門サイト。色鉛筆画とモレスキンスケッチ。色鉛筆と紙の情報も満載。

大阪出張中。

7月 21st, 2019 Posted in other

大阪にいます。

NHK文化センター梅田さんでの教室、無事に終了り

残念ながら写真を撮り忘れてしまいました。

教室に行く前に撮ったのがこちら。

おお、案内もある!

この後は1枚も撮ってない〜。

今回のお客様は15人。

予想以上にサクサクと進まれて、びっくりでした。

色鉛筆は身近な画材ですが、使い方が知られてないと思います。

使い方がわかると、これまでのものとは違う作品になりますね。

今日ご参加の方たちが、これから色鉛筆を楽しんでくださることを心から願っています。

ご参加のみなさま、
ありがとうございました!

明日から大阪出張

7月 20th, 2019 Posted in paper

明日から大阪出張です。

2月に行ってからなので、5ヶ月ぶり。
大阪のみなさま、またよろしくお願いいたします。

色鉛筆ではないのですが、ちょっと変わったものを。

© Belta(Mayumi Wakabayashi)

仕事絵ばかり描いていると、無性にペンで描きたくなります。

モデルは汐留の宮崎駿さんがデザインしたからくり時計。

一目見たときから描きたくて。

モレスキンに描くつもりでいるのですが、
その前にささっと描いてみることにしたのです。

いつものスケッチャーでささっとアタリをとって、
タチカワスクールG セピアで線描きしました。
まだ色は入れていません。

紙は東京画材ショーでサンプルとしていただいたミューズタッチⅡ。

かなり白い紙で、なめらか。
かといってケント紙ほど滑らず。
ペンがひっかからず良い感じです。
色鉛筆のノリはまだ試していませんが、ちょいと気に入ったかも!

 

 

下書き

 

 

ペン

 

 

【イラスト】Let’s Sew !

7月 18th, 2019 Posted in other

6月に訪問させていただいた斐川町の服工房さん。

インスピレーションをいただいて、少しずつ描いています。

© Belta(Mayumi Wakabayashi)

相変わらず、棚。

棚に並べると、なんでもかわいらしくなる♪

ところで、Beltaの世界観が好き、とおっしゃってくださる方がいらっしゃって、
こういう世界観の塗り絵が欲しいというご要望をいただきました。

大阪出張が終わると、一息つきますので、作成したいと思っています。

ただ、塗り方レシピは作れても簡単なものになりそうです。

というのは、ポリクロモスとパブロとホルベインで描いていて、
かなりたくさんの色を使っています。
それを全部リストアップするのはちょっと大変。

詳しい色、着彩方法を知りたい方は、
個人レッスンもしていますので、そちらをご利用されるのも方法だと思います。

早めになんとかしたいと思っていますが、
しばしお待ちを~。

【絵を描く暮らし】7月のおやつページ

7月 18th, 2019 Posted in other

7月のおやつページ、できあがり。

ページ左側。

© Belta(Mayumi Wakabayashi)

ページ右側。

© Belta(Mayumi Wakabayashi)

本当はもう一ついただいていて、
こちはら昨年描いたもので見てください。
昨年の今頃、2回描いていました。


© Belta(Mayumi Wakabayashi)

まだ7月は10日以上あるので、
もしかするともう1枚描くかもかも、です。

それにしてもみなさんおいしいものをよくご存じです。

ごちそうさまでした!

地図、模索中~

7月 18th, 2019 Posted in other

地図を描きたくて、模索中。

地色の良い色が見つかったので↓ペンでささっと描いてみました。

© Belta(Mayumi Wakabayashi)
試作品なので、テキトーです。
色鉛筆が乗らない紙なのでペンだけ。

紙を変えてもう1枚。

© Belta(Mayumi Wakabayashi)

最初、地図を描くつもりでしたが、
船を描いたら、キブンが変わっちゃって(笑)

セイレーンの歌を聴く、太陽と東風 という感じ。

こちらは絵の具の下地の上に色鉛筆で描いています。

スケッチを多く描く前は、
モレスキンに異世界ものを描いていたんですよね。

最近はすっかりリアルなモノばかり描いていますが。

異世界ものは自己満足、ひたすら自己満足。

でも私が旅している世界を描くのはとっても楽しいの♪

また描こうっと。

【鉛筆削り】トンボのippoを買ってみました

7月 17th, 2019 Posted in sharpener Tags:

今週末の大阪出張に備えて準備中です。

初めての教室の場合、私の方で鉛筆削りをご用意します。

以前は電動鉛筆削りを複数個ご用意していたのですが、
NJKの存在を知り、簡単な鉛筆削りをご用意することにしています。

今回、トンボのippoという鉛筆削りがNJKの刃だと聞いて試してみることにしました。

トガールとかケズールとか、
ハンズのオリジナルの鉛筆削りの方が
スタイリッシュなのですが、私はハードユーザー。

どれもあっという間に使えなくなります。

なので、あまりお値段が高くない方がありがたいわけです。

鉛筆と色鉛筆用の2つの穴がありますが、鉛筆用でも8mmありますので、
ホルベインが削れます。

削った感じ、悪くないですよ!

【紙】ストーンヘンジ アクア(細目)試しました

7月 17th, 2019 Posted in Stonehenge Tags: ,

3月の東京画材ショーでサンプルとしていただいた
ストーンヘンジ アクア、やっと使ってみました。

なにせ細目と荒目、それぞれ2枚ずつしかないので。

まずは細目から。

紙の色は真っ白ではなく、いつも使っているストーンヘンジと同じ感じ。
厚みは300g

水彩紙ですからね。私が使っているのは190gですから、ずいぶんと違います。

とても滑らかな肌理で、190gのストーンヘンジよりずっとなめらか。

ということは、
かなり強い発色が期待でき、
細密を描くのにも向いているだろうと予想しました。
予想というより判断に近いですが。

そして
「もしかするとペンにも向いてるのでは?」という考えが浮かびました。

いつものストーンヘンジは少しだけざらっとしているため、
ペン先が引っかかるのです。
小さな文字を書くには問題はないのですけれど。

しかも水彩紙なので、絵の具で下地を作って、
ペンで文字を書くという楽しいこともできるかも?

実験してみました。

文字はテキトーに描いたので、出来は問わないで(笑)

若干、指先に抵抗を感じます。

絵の具の上に描いていることもあり、
そんなに爽快感はないです。

でも、使えそうです!
選択肢の一つとして覚えておきます。

右端にちょこっと色鉛筆を乗せていますので、そちらも解説しますね。

ポリクロモス、ホルベイン、ダーウェントプロカラー、ダーウェントライトファスト、
ダーウェントアーチスト、カリスマカラー、パブロを試しました。

どれもよく乗ります。プロカラーは少し抵抗があるかな。
発色は鮮やか。ガン!と目に飛び込む色になりますよ。
(190gのストーンヘンジより彩度が高く発色すると思います)

目が細かいので、柔らかいホルベインでもエッジがなめらか。
荒れないので、文字もきれいに描けると思います。

綿棒でのぼかしは少し難しい感じ。
広がりが悪いというか、
塗った色を綿棒で遠くへ運ぶのは難しいです。

そういう技法を使わない人には関係ないですね。

もう一つ、気になったのは紙の厚み。
300gだと少し紙が厚く、紙の柔らかさを感じます。
私は紙の下の硬さを感じつつ描くのが好きなので(繊細な線になるから)

と言いながら、300gの水彩紙に地図を描いているので
これは矛盾かも。

総じて、とても気に入りました!

今後使おうと思っています。

紙のサイズはいろいろあります↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ミューズ ストーンヘンジ アクア ブック 細目 7×10(17.78×25.4cm)
価格:2722円(税込、送料別) (2019/7/17時点)

 

 

【絵を描く暮らし】三国志展 行ってきました!

7月 16th, 2019 Posted in other

日曜日、恐竜展に行こうと列に並んだら、
雨の中、小さなお友達がいっぱいで80年待ち。

なので、次に行こうと思った「三国志展」へ。
こちらは大人がいっぱい。

三国志は大好きで、いろいろな人の三国志を読んで来ましたので
(歴史書にも手を出した)楽しみましたよ!

帰宅後、ささっと描いたのがこちら。
まだ描きかけです。

© Belta(Mayumi Wakabayashi)

関羽の大きな像です。
実物より少しバランスを変えて小さく描いたつもりですが、
ちょっと変かな。
まあヨシ。

会場は写真撮影OKで、とっても楽しめました。

遺物や古い絵画には刺激を受けます。

【教室】配色基礎講座します(9月 池袋)

7月 16th, 2019 Posted in other

先日のカラーの基礎講座に引き続き、
配色の基礎講座を開催することにしました。

© Belta(Mayumi Wakabayashi)

9月14日の午後です。
会場は前回と同じ池袋の教室です。

前回、参加したかったけどできなかった方向けに
配色講座の前1時間程度、前回の内容をぎゅっと詰め込んだ講座をします。

なので、先日の講座に参加されなかった方もご安心を。

ただ、教室が狭いので、限定6名さままでとなります。

申し込みフォームは後ほどご用意しますのでしばらくお待ちください。

取り急ぎ9月14日(土)空けておいてくださいね。