BeltaのColored Pencil Gallery  色鉛筆ギャラリー

色鉛筆専門サイト。色鉛筆画とモレスキンスケッチ。色鉛筆と紙の情報も満載。
Home » Page 7

今日のおやつ

4月 5th, 2017 Posted in other

色鉛筆アーティストのBeltaこと若林眞弓の色鉛筆ブログです。
松江、大阪、東京で「大人のアート塗り絵」教室をしています。

カラー、心理学のブログはこちら Office Beltaのブログ


先日参加したアクセサリー教室では
たくさんのおいしい差し入れをいただきました。

デザインがすてきなものもあり、
少しずつ描いていこうと思います。

今、こんな感じ。

© Belta(Mayumi Wakabayashi)

パッケージの文字を書くのは楽しいです♪

そして良い練習になります。
特にパッケージの文字は良い練習になるんですよ。

というのは、

「形」を描くとき、大人は知識が邪魔をします。

「いちごってこんな形よね」
「目ってこんな感じよね」

無意識のうちに脳内で修正してしまって、
見たままには描けないのです。

文字の場合も同じで、
「花」という「文字」だと思ってしまって、
自分の「字」で「花」と描いてしまうのです。

そうすると、

パッケージの文字とは違う形になります。

ではどうするか?

というと、「文字」だと思わないようにします。

具体的には、

パーツごとに見ていきます。

このパッケージの「花」という文字について言えば、


草冠は、
太めの線で始まって、
少し右上がりで最後に少し下がりますが、
スタート地点よりも少し上で終わります。

左の点は、少し傾き、下が少し尖った楕円形。
右の点は、上が少し太く、左に向かって斜めに降り、先細り。

そうやって一つ一つのパーツを見て、
それらがどの関係にあるかを描くわけです。

こうして言っちゃうとややこしく感じますが、
慣れてくるとカンタンに描くことができます。

文字を絵として見ることで、
自分の癖のある文字ではなく、その「形」そのものを
描くことができるようになるのです。

これが「形」を描く「脳作り」の良い練習になる、
と思っているわけで。

「絵を描くのが苦手」
「絵心がない」という方は、
この作業の経験がないだけ、ではないかしら。

「絵を描きたいけど、形が苦手」と思っていらっしゃる方、
6月3日の大阪教室にぜひ♪

( in 東京)

大人のアート塗り絵 イル トゥリパーノ教室(大塚)

4月 4th, 2017 Posted in work shop(教室)

昨日は大塚のサロン イル トゥリパーノさんで
塗り絵教室でした。

一度は満席でしたが、お休みの方もいらっしゃって
3人の方がご参加くださいました。

テーマはシャンパングラス。

さて、どんな色で、どんなふうに塗ろうかな?

グラスの中にハートが見えますよ~。

ガラスは見えている通りの色を塗ること。

透明だからといって、色がないわけではないのです。
透けているものの色、影、映り込みなど、実はいろいろな色を持っているのです。

そういうものの中から特徴的なものをきちっと塗ってあげるといいですよ。

絵なので、全部を細かく塗る必要はなく、バランスを見ながらね。

ガラスを塗りたいという方が多いので、
8日の武蔵小杉の教室も香水瓶を予定しています。

>ご参加のみなさま
ありがとうございました。

>ご欠席のみなさま
次回はタイミングが合いますように。

次回は5月29日(月)です。
すでにお申し込みをいただいており、残席はわずかになっています。
ご興味のある方はお早めに~。

( in 東京)

【お願い】 当日キャンセルについて

4月 3rd, 2017 Posted in other

色鉛筆アーティストのBeltaこと若林眞弓の色鉛筆ブログです。
松江、大阪、東京で「大人のアート塗り絵」教室をしています。

カラー、心理学のブログはこちら Office Beltaのブログ



みなさまに一つお願いがあります。

おかげさまで、教室へのお問い合わせ、お申し込みが増えています。
本当にありがたいことだとみなさまに感謝しています。

ただ、それに伴いまして、
当日、いきなりキャンセルをされることも、わずかですが発生しています。

正直、当日キャンセルさると、物質的、精神的にダメージが大きくて。

塗り絵の下絵の紙は、ストーンヘンジという紙で、
Office Beltaがアメリカから取り寄せており、
そこそこのお値段がします。

レシピの紙も普通のコピー用紙ではありません。

それらがまったくの無駄になってしまうのです。

絵描きにとって、紙というのは、色鉛筆や絵具以上に大切なもので、
紙を無駄にしてしまうことは、ものすごく辛いことなのです。

また、「満席」ということで、
他のお客様からのお申し込みをお断りをしていることも多々あります。

そこで、Office Beltaの教室に初めてご参加される方は、
事前振り込みを徹底させていただくことにしました。

振り込み確認後、お席をご用意させていただきます。

教室1週間前のキャンセルに関しましては、ご返金をさせていただきますが、
それ以降は50%のご返金になります。

なお当日のキャンセルは、
受講料100%をいただきますが、下絵とレシピと見本のセットをお送りいたしますので、
ご自宅で練習してください。

Office Beltaをご利用していただいたことがある方は、
この限りではありません。

当日やむを得ず、キャンセルをせざるを得ないご事情があることは
重々理解しておりますが、
年会費や入会金など一切いただかず、
1回完結型で、参加しやすい形にしております。

気楽に当日キャンセルしてもOKということになりますと、
教室を続けていくことも難しくなるのです。
気持ちも折れます。

教室では、みなさまが楽しくスキルアップし、すてきな作品ができるよう
全力でサポートしています。

どうぞご理解、ご協力くださいませませ。

先週のいろいろ

4月 3rd, 2017 Posted in archives

色鉛筆アーティストのBeltaこと若林眞弓の色鉛筆ブログです。
松江、大阪、東京で「大人のアート塗り絵」教室をしています。

カラー、心理学のブログはこちら Office Beltaのブログ


 

昨日ポストするはずでしたが、時間がなくて。

色鉛筆で絵を描いています。
毎週日曜日には、先週描いたものをご覧いただいています。


© Belta(Mayumi Wakabayashi)

■ 上段

左…桜(2015年)

右…スケッチ遠足に持って行くもの。これで忘れモノなし。

 
 
■ 下段

左…ロゼット図鑑

中…春がきた

右…ドルニエ社のドルニエDo_x 1929年の飛行機 描きかけ。
  友人の松下さんのポストカードを元に描いています。

先週も絵を見てくださってありがとうございます。
今週も楽しんでくださいね!

© Belta(Mayumi Wakabayashi)

6月 大阪教室について

4月 2nd, 2017 Posted in other

詳細がほぼきまりましたので、
6月の大阪教室についてお知らせします。

6月3日(土)
イラスト教室 1day

6月4日(日)
大人のアート塗り絵教室 

3日の教室は、

絵を描くたのめストレッチ
ものの見方
構図

などをお教えします。

「自由に」「感じたままに」といわれても
実際には難しいことです。

でも、

「絵にする」ための手がかりをしっていると、
断然描きやすくなるのです。

モレスキンやトラベラーズノートにガンガン描いているのは、
それらの法則を使っているから。

ピカソやマティスにして差し上げることはできませんが、
モレスキンやトラベラーズノート、ほぼ日に楽しく描いて、
インスタに楽しくポストする、
そんなテクニックをお教えします。

時間、参加費などはのちほど~。

大人のアート塗り絵 in 宍道教室

4月 1st, 2017 Posted in work shop(教室)

遅くなってしまいましたが、
先日の宍道教室(松江)の様子です

テーマは香水瓶。
(初めての方はどんぐり)

香水瓶は、少し広めの面積をなめらかにムラなく塗ること、
透明感の出し方などをおさらいする良いモチーフです。

塗り方、基本的なことはきっちりお教えしますので、
色鉛筆になれてきたら、どんどんアレンジしてくださいね!

ということで、みなさん、色が見事にバラバラ。
ご自分がココロ引かれる色を選ばれました。

ご自分の名前をもじって「いさねる」とうラベルにされた方も。
すてき、すてき。

ハーブを描かれたり、影をつけられたり。

下絵は素材、レシピ、デモンストレーションは参考ですからね。
どんどんアレンジしてくださいね!

「こんなのを描きたいけれど、わからない」というときは、
お声をかけてくださいね。サポートしますから。

もちろん見本通りに塗ってもOKです。

教室の後、

「自宅にかざって眺めています。うれしくてニヤニヤしてますよ~」という
コメントをいただきました。

やった~♪

>ご参加のみなさま
ありがとうございました。

>ご欠席のみなさま
次回はタイミングが合いますように。

>いさちゃん、Sさん、Nさん
会場のお手配ありがとうございました。

次回は5月23日(火)です。
14時から16時。宍道公民館で。
参加費は3000円。

ご興味のある方は、info@belta.jpまで
お知らせくださいませませ。

【トラベラーズノート】ロゼット図鑑

3月 31st, 2017 Posted in other

まだ描きかけです。

グリーンの描き方は毎回悩むところ。

黄緑、緑、深緑をベースにバリエーションを考えます。

マゼンタ系の色は、グリーンを深くしたり、アクセントになったりと大活躍の色。
補色ってすごい。

今日の午後、東京に到着。
取り急ぎ~。

【メイキング】 ユキワリイチゲ

3月 30th, 2017 Posted in paper, ファブリアーノ

色鉛筆アーティストのBeltaこと若林眞弓の色鉛筆ブログです。
松江、大阪、東京で「大人のアート塗り絵」教室をしています。

カラー、心理学のブログはこちら Office Beltaのブログ


ユキワリイチゲの花の季節です。
1枚見てくださいね。

2015年に描いたもので、
毎年ご覧いただいていますので、
「またか」と思われないよう、
今日は途中絵も添えてメイキング風に。

紙はファブリーノ5。ボタニカル用としてパッドになっている紙です。
この紙は真っ白に近く、お花の淡い色をよく出してくれるのではなと。

2年前の絵ですが、今とは若干違う感じですね。
今なら、もっと黄色を効かせたくなるんじゃないかしら。
(マイブーム、黄色なんです(笑))

黄色を効かせると、はかなげな感じは消えちゃって
陽気なユキワリイチゲになっちゃうかもしれないですね。

この背景の塗り方がクロスハッチング。
斜めではなく、縦横のハッチングで描いています。

ユキワリイチゲは深い山の中、
木漏れ日の中で咲いているイメージでしたので、
光は斜めではなく、真上から射してくると
想像したのです。

ハッチングの方向は光を表現すると考えると
方向を決めやすくなりますよ。

使っているのはこの紙です。

白を真っ白にしたいとき(お花を鮮やかに描きたいとき)
アイディアスケッチなどによく使っています。

少し柔らかくて、ふかふかした感じ。
もう少し紙が硬いともっといいな。

【トラベラーズノート】 水彩クラブの持ち物

3月 29th, 2017 Posted in other

色鉛筆アーティストのBeltaこと若林眞弓の色鉛筆ブログです。
松江、大阪、東京で「大人のアート塗り絵」教室をしています。

カラー、心理学のブログはこちら Office Beltaのブログ


ここ数年、「まつえ市民大学」の美術コースを受講しています。

その受講生たちを中心とした水彩クラブ「空彩(そらいろ)」では
月に1回スケッチ遠足に出かけます。

冬場は室内でしたが、暖かくなりいよいよ外に出ますよ~。

というわけで、

スケッチ遠足の持ち物を描いておくことにしました。
これで忘れ物なし、です。

© Belta(Mayumi Wakabayashi)

この会ではF4やF6の紙に描きますので、
筆洗や水も用意しておかなくちゃ。

もちろんUVケアもね。

線描きができたので、この後色鉛筆で着彩。

色鉛筆で、色を付けるのがBeltaらしいかな(笑)

みんなで絵を描くのは楽しいものです。
他の方の絵を見せていただくのもとっても勉強になります。

(in 松江)

【モレスキン】 翼よ あれがニューヨークの灯だ。

3月 28th, 2017 Posted in other

今日は宍道町(松江)で大人のアート塗り絵教室でした。
その様子はまた後にして。

まずはこちらを見てくださいね!

© Belta(Mayumi Wakabayashi)
ドイツに赴任中の友人 松下さんの写真を元に描き始めました。

飛行機は好きですが(たぶん、パイロットが好き)
詳しくないので調べてみました。

これはドルニエ社のドルニエ Do xで3機作られたうちの1機。

1929年、9ヶ月かかって大西洋を横断、
ニューヨークに到着した時の様子だと思います。

低空を飛んでいるのは、
着陸するからではなく(おそらく)普通の飛行状態でしょう。

というのも、機体が重すぎて、
500m以上上昇できなかったから。
Wikipediaによると100m上昇するのがやっとだったそう。

エンジンを12基も積んでいるのにね。

この飛行はトラブル続きで大変だったそうです。

民間輸送機の定員が10人前後だった時代に150人乗せようとしたわけですから。

こういういろんなチャレンジがあり、
今の航空機や航空産業が成り立っているわけですね。

使っている色鉛筆は、

ポリクロモスのペインズグレー。

ダークセピアを重ねて、
セピア色の写真にするのも良いかもしれません。

ペインズグレーは、青みがかったグレー。
何かと便利でよく使う色の一つです。

(in 松江)