BeltaのColored Pencil Gallery  色鉛筆ギャラリー

色鉛筆専門サイト。色鉛筆画とモレスキンスケッチ。色鉛筆と紙の情報も満載。
Home » Page 2

【色鉛筆情報】ダーウェント 比べてみました

4月 10th, 2019 Posted in colored pencils, derwent

東京画材ショーでダーウェントの新商品
「ライトファスト」をいただきました。

美術館の照明で100年退色しない、色鉛筆です。

↓ 上の方です。

この1ヶ月、時々使ってみています。

感想は、

「いいかも!」

です。

いただいた色がバイオレットというこもあるのでしょうが、
軽いタッチでもはっきりと発色します。
かなりなめらかな感じですね。

かといって柔らかすぎないので、
シャープな線が出ます。

手持ちのダーウェントの他のブランドと比べてみますね。

比べてみたのは、

アーチスト
プロカラー
カラーソフト
ライトファスト

です。

ライトファスト以外は紫を持っていないので、赤で比べました。

© Belta(Mayumi Wakabayashi)

簡単に言うと

アーチスト(硬い。発色は淡い)
プロカラー(そこそこ硬い。発色はアーチストより強い)
カラーソフト(柔らかい。クレヨンのように発色する)
ライトファスト(中くらいの硬さ。発色は強い)

私が比べたのは線のエッジ。

ぼんやりするか、シャープな線ができるか、です。
普通の力で塗って、紙の白い目がどれくらい見えるかを見ます。

やっぱりアーチストは紙の目は見えませんねぇ。
その点カラーソフトは紙の目がとてもよく見えます。
エッジもギザギザ。

ではアーチストがベストか、というと、

アーチストは本当に硬いんですよね。
私的には、「色鉛筆界のあずきバー」

なめらかなグラデーションができますが、
紙によってはきちんと発色するまで、何度も塗ることになります。
それでも発色が淡いこともあります。

カラーソフトは、細密には向きませんが広い面にはとっても便利。
しかも色が強い。

この2つが両極端とすると、

プロカラーとライトファストはその中間。

ただ、硬さでいうと、プロカラーの方が硬いです。
そして消しゴムで消えやすい。

その点ライトファストの方が少し柔らかい感じです。
スケッチの線描きにも向いているように思います。

実際、私は水彩の下絵に使っています。

ついでにダーウェントのカタログで比べてみますね。
豪華なカタログで、読み応えあります。

消えやすさは、5がもっとも消えにくいです。

■アーチスト
・芯が折れにくくしっかりした描き心地
・混色…3
・消えやすさ…3
・色の発色の強さ…3
・重ね塗り…4
・芯の強さ…5

(Beltaのコメント)
さすがあずきバー、数値からも芯の硬さがよくわかります。

■プロカラー
・Smooth、strong texture
・混色…5
・消えやすさ…1
・色の発色の強さ…5
・重ね塗り…5
・芯の強さ…5

(Beltaのコメント)
芯が硬く、消えやすい。だけど発色は強い。

■カラーソフト
・ソフトテクスチャー
・混色…4
・消えやすさ…4
・色の発色の強さ…4
・重ね塗り…4
・芯の強さ…3

(Beltaのコメント)
アーチストに比べると、同じメーカーとは思えないくらい
柔らかいです。軽い力で塗れますよ。

■ライトファスト
・自然な水溶性
・混色…5
・消えやすさ…5
・色の発色の強さ…5
・重ね塗り…5
・芯の強さ…4

(Beltaのコメント)
どれもレベル5、プロカラーに近い感じですね。
プロカラーに比べると消えにくい。

ライトファスト、良さそうです。

缶のデザインがもう少しソフトだといいなぁ。
大きな目はちょっとこわい。

【絵を描く暮らし】さんぽみち

4月 9th, 2019 Posted in other

トラベラーズノートに描いているさんぽみちシリーズ。
3月のページができあがり。

© Belta(Mayumi Wakabayashi)

笑っているようなパンジー、ビオラと、
毎年咲いているシロバナタンポポ、
おそらく椿と思われる芽、
そして桃の花。

桃の花といってもハンドクリームではないですよ~。

4月、また何に出会うでしょうね?
楽しみ♪

【教室】大人のアート塗り絵 池袋教室

4月 9th, 2019 Posted in work shop(教室)

今日は池袋で教室でした。
モチーフはチューリップ。

すてきですよ~。ご覧くださいね。

ボリュームがあるモチーフですので、
大変だったと思います。

その分、できあがりはとっても華やか。
飾るとますます映えますよ!

チューリップのお花は小さなパーツですが、
小さいなりに陰影(ボトム付近を暗く)をつけると丸さが出ます。

>ご参加のみなさま
ありがとうございました。

>ご欠席のみなさま
次回はタイミングが合いますように。

次回は5月14日です。

「色鉛筆、本格的な使い方をマスターしたいな」と思われたら、
ぜひご一緒に。

お申し込み、お問い合わせは下記のフォームからお願いいたします。
Office Beltaをご利用されたことがある方は、
info@belta.jp若林まで「出るよ」と
メールをくださいね!

■講座申し込み 問い合わせ■

*どちらかにチェックを入れてください。
申し込み問い合わせ

*色鉛筆の貸し出し(イラスト教室はチェック不要です)
塗り絵教室をご希望の方で、
色鉛筆をお持ちでない方には貸し出しいたしますので、
お知らせください。
貸し出し希望貸し出し不要

*いつの講座ですか?
参加ご希望の日をご記入ください。
例)12/6
 

*お名前 (必須)
 

*メールアドレス (必須)
 

*お電話番号 (必須) 半角で-を入れてください
 

*ご住所(必須)
 

*メッセージ 
 

お申込ありがとうございます。
↓をクリックしてください。

後ほど担当者からお返事をさせていただきます。

【絵を描く暮らし】今日のおやつページ 4月

4月 8th, 2019 Posted in other

トラベラーズノートに描く今日のおやつページ。
4月のページを描き始めました。

© Belta(Mayumi Wakabayashi)

さくら抹茶のポッキー、パッケージかわいい♪

そしてソーテルヌのレーズンチョコの缶、
細かく描くととんでもないことになるので、
全体を小さくざっくりと描いてみました。

色だけを楽しむ感じで。

それにしてもみなさんおいしいものをよくご存じですね。
ありがとう!!!


スマホケース、機種に合わせたサイズで作れますので、
お気軽にお問い合わせください。

【教室】大人のアート塗り絵 武蔵小杉教室

4月 8th, 2019 Posted in other

昨日は武蔵小杉で教室でした。

モチーフはお花のソフトクリーム。
とにかくかわいい。

すてきでしょ?

お花は3つ。
見本はご用意しましたが、お好きな色で塗ってくださいね。

パリパリ感抜群のコーンや浮き出たようなお花、
ラングドシャのコーン、皆様の工夫が楽しいです。

小さなパーツですが、ゆっくり丁寧に塗るのがポイント。
クリームやコーンはすぐに塗れるので、
お花をゆっくり塗るといいですよ。

今回、いつもより時間がかかった塗り絵作り。
こんなすてきな作品を見せていただくと、作った甲斐があったというもの。
わぉ!

>ご参加のみなさま
ありがとうございました!

>ご欠席のみなさま
次回はタイミングが合いますように。

次回は5月12日(日)14時からです。
とっても環境の良い教室で、机を広々と使えます。

ぜひご一緒に♪

入会金なし、1回完結型の参加しやすい教室です。
色鉛筆をお持ちでない方にはお貸ししますから、お気軽に♪

お申し込み、お問い合わせは下記のフォームからお願いいたします。
Office Beltaをご利用されたことがある方は、
info@belta.jp若林まで「出るよ」と
メールをくださいね!

■講座申し込み 問い合わせ■

*どちらかにチェックを入れてください。
申し込み問い合わせ

*色鉛筆の貸し出し(イラスト教室はチェック不要です)
塗り絵教室をご希望の方で、
色鉛筆をお持ちでない方には貸し出しいたしますので、
お知らせください。
貸し出し希望貸し出し不要

*いつの講座ですか?
参加ご希望の日をご記入ください。
例)12/6
 

*お名前 (必須)
 

*メールアドレス (必須)
 

*お電話番号 (必須) 半角で-を入れてください
 

*ご住所(必須)
 

*メッセージ 
 

お申込ありがとうございます。
↓をクリックしてください。

後ほど担当者からお返事をさせていただきます。

【Belta Design】サンキューシール

4月 7th, 2019 Posted in other

ご購入いたいだた塗り絵セットにサンキューシールを貼って。
ささやかなことですが、喜ばれるので。


小さなシールはマスキングテープ代わり。

マスキングテープ代わりに便利なテープ状のシール。
使うサイズに切り取ります。

おかげさまで売り切れましたが、
紙が入荷次第、復活しますのでお楽しみに。

鹿の子色の塗り絵に興味がある方、多いようですので、
少し充実させていこうと思います。

【絵を描く暮らし】3月のごはんページ

4月 6th, 2019 Posted in other

トラベラーズノートに描いている3月のごはんページです。

© Belta(Mayumi Wakabayashi)

東京画材ショーの日に行ったメゾンカイザーのランチ、
ベトナム料理のフォーベト(ベトナム料理好きなの~)
日比谷ミッドタウンのティムホーワンの飲茶。

描いているのは、トラベラーズノートの画用紙リフィルです。

ごはんや散歩道、おやつなど、折り折りのことを描いています。

【教室】悩ましいレシピ作り

4月 5th, 2019 Posted in work shop(教室)

ここ数日、取り組んでいるのがこちら。

© Belta(Mayumi Wakabayashi)

教室でみなさんに楽しんでいただくモチーフです。

Office Beltaの塗り絵は、形をデザインするだけでなく、
色指定や塗り方をご紹介するレシピも作ります。

このレシピ作り、時に難航します。

今回は、とても自由度の高いモチーフのため、悩ましい~。

何色で、どう塗っても、OKですもんね。

とはいうものの、手がかりになるレシピがある方が、
発想を広げやすくなるのも確か。

あ~悩ましい(笑)

と悩んでいたら、こんなに塗っちゃった(笑)
というわけです。

お花のバリエーションをいろいろ描いていたら、
それが楽しくなっちゃって、お花もいっぱい(笑)

これもいろいろ使えそうな気がします。

塗り絵はこんな風に、作っています。

このモチーフ、4月7日の武蔵小杉、25日のアンネイ(松江)で
登場しますよ!

お楽しみに♪


新しいサンキューシール

【色鉛筆情報】オールド ポリクロモス

4月 4th, 2019 Posted in color, colored pencils, FaberCastell, green, Polychromos

時々、教室にいらっしゃる方の色鉛筆の中に
面白いものを見つけます。

先日の宍道町の教室では、
古いポリクロモスの24色セットをお持ちの方がいらっしゃいました。

ぱっと目を引いたのは緑のバリエーション。

目を引いた理由は、

今の24色セットには入っていない色ということと、

今とは違う色名であること。

写真は小さくてわかりにくいので、解説しますね。

167 サップグリーン
168 モスグリーン
170 アップルグリーン

です。

この3つ、すべて今は名前が違います。

今は、

167 パーマネント グリーン オリーブ

168 アースグリーン イエローイッシュ

170 メイグリーン

です。

ポリクロモスはねぇ、いつのことなのか、
たくさんの色の名前が変わったんですよね。

番号を覚えてなくて、名前だけで「いいかも」と思って買ったら、
すでに持っていたこと、とっても多かったです。

「メイグリーン?持ってないから買っちゃった」

でも、自宅にはアップルグリーンがあった、というわけ(笑)

どうして名前を変えたのでしょうね?

「パーマネントオリーブグリーン」より「サップグリーン」の方が、
「アースグリーン イエローイッシュ」より「モスグリーン」の方が、
ずっと覚えやすいし、実際の色を把握しやすいですよね。

そして色校正についていうと、

この3色のうち、現行の24色セットに入っているのは、168だけです。

他の2色は60色セットにも入っていないのです。

この2色は個人的にはとっても使い勝手が良い色で、
私にとってはなくてはならない色。
買い足しお勧め色なんです。

何年前(何十年前?)のセットかわかりませんが、
当時は24色セットにあったんですねぇ。

なぜ除外したのかしらね。
あるといいのにね。

それにしても、古い色鉛筆を拝見できるのは、
とっても楽しい。

色鉛筆の歴史を見ているようです。

買うなら、24色セットより36色セット♪

   
   

<教室の色鉛筆について>

教室ではホルベインの36色セットをお勧めしていますが、
すでにお持ちの色鉛筆があれば、それをお使いくださいね。

100円ショップ、無印良品、子ども用のもの以外でしたら、OKです。
これらは、重ね塗りがしづらいのです。

【テクニック】クロスハッチングの例

4月 3rd, 2019 Posted in other Tags: ,

4月14日のクロスハッチング教室の例を過去に描いたものから
探しています。


© Belta(Mayumi Wakabayashi)

どちらもかなり古い絵で、少し粗いのですが、
良い雰囲気ではないかと。

左はホルベイン、右はポリクロモスとホルベインで描いています。

線をはっきり出したかったら
ポリクロモスやパブロのような硬い芯が向いています。

紙を削るような感覚で線を描きます。

ホルベインは鮮やかな色が魅力的で、
濁る組み合わせでも美しく発色します。

組み合わせて、ホルベインで色を作ったあと、
ポリクロモスで線を見せるという方法もありますね。

クロスハッチング教室は、あとお一人分お席をご用意できます。

詳細はこちらをご覧くださいね!
【教室】色鉛筆テクニック教室 クロスハッチング編