BeltaのColored Pencil Gallery  色鉛筆ギャラリー

色鉛筆専門サイト。色鉛筆画とモレスキンスケッチ。色鉛筆と紙の情報も満載。
Home » Posts tagged '三原色'

【色鉛筆比較】三原色

4月 21st, 2017 Posted in other Tags: ,

Instagramでご質問をいただきましたので、
こちらでもお答えしますね。

色鉛筆の三原色絵を描く場合、
ポリクロモスとホルベインのどちらがいいか?
(どちらが勉強になるか?)

なのですが、

三原色といっても、あくまでも理論なので、
厳密なものではありません。

大急ぎでこんなものを描いてみました。

© Belta(Mayumi Wakabayashi)

どちらも3色のみです。

写真がヘタで、差がわかりにくいかなぁ。

ホルベインの方が色が鮮やかです。
より原色に近い色(白や黒が混じっていない)なので、
混色でできる赤、紫、グリーンがきれいに発色します。

でも、個人的にはどちらも捨てがたい(笑)

ただ、「練習として塗る」ということでしたら、
ホルベインの方が発色がわかりやすくて向いているように思います。

軽く塗り重ねても混色が実感できますから。

それから、3色の絵というのは、
不思議と調和します。

使う色数が少ないと色は穏やかに調和します。
そういう調和も味わってみてくださいね。

三原色を使った見本、下絵もあります↓

三原色 もう一つ。筆圧の練習にも。

9月 16th, 2016 Posted in ぬりえ彩色レッスン帖 Tags:

<お願い>

最近、このブログのイラストを無断で使用している方がいらっしゃると
ご報告をいただいております。

著作権はすべてOffice Belta 若林眞弓 が所有しており、
一切の権利は放棄しておりません。

無断での使用は硬くお断りいたします。

ご利用になりたいときは、
こちらのフォームからお問い合わせくださいませ。
★お問い合わせ★


昨日に引き続き、もうひとつ三原色のお話。

これ全部、三色だけで描いています。
2016_09_16_pears_01
© Belta(Mayumi Wakabayashi)

さらに黒と白も使うともっと作れる色の幅は広がります。

個人的には多色を使う(1色を多数の色で作る)ことをしていますが、
色数を押さえると画面に統一感が生まれるというメリットがあります。

ざわざわせず、落ち着くんですよね。

それから、三原色で絵を描く練習をすると、
筆圧を調整するチカラがアップします(と思っています)

少ない色でたくさん色を作るには、
筆圧を変えて重ね塗りをすることになります。

自然と使える筆圧の幅が広がったり、微妙な調整ができるようになったりするのでは、と。

絵の具メーカーさんは、「三原色で描くよりたくさんの色を使う方がきれいだよ」
とおっしゃいますし、Beltaもそう思います(実際たくさんの色を使っています)

ただ、色について考えることができたり、筆圧を調整するチカラがアップしたりするので、
練習をしてみる価値はあるのではないかと。

引き続き、時々三色絵を描いてみるつもりです。

三原色でのにんじんの塗り方は、
素敵なぬりえになる! ぬりえ彩色レッスン帖 (COSMIC MOOK)

を見てくださいね!

( in 東京)


おかげさまで、絵についてのご依頼やお問い合わせが増えてきました。

イラストのご依頼等、
こちらのフォームからお問い合わせくださいませ。
★お問い合わせ★

後ほど担当者からお返事をさせていただきます。


【9月~10月の予定】

9月4日(日)13:00~16:15 阿倍野市民学習センター

9月5日(月)13:00~16:15 阿倍野市民学習センター

9月14日14:00~16:00 イラスト教室(都立大)

9月17日14:00~16:00 武蔵小杉 3,000円
お休みの方がいらっしゃるのでお一人分、お席ご用意できます。
一緒にどんぐり、塗りませんか?

申し込みフォームをまだ用意していません。
お申し込みはメールでお願いいたします。
info@belta.jp

9月27日(火)19:00~21:00 アンネイ(松江)

10月25日(火)14:00~16:00 宍道(松江)
  
   

【東部カルチュア】

10月から池袋の東武カルチュアスクールさまで月1回教室をします。
お申し込みは、池袋の東武カルチュアスクール様へお願いいたします。
東武カルチュアスクール

2016_09_03_02

三原色で描いてみる

9月 15th, 2016 Posted in ぬりえ彩色レッスン帖 Tags:

Instagramでこのブログについて
「無料でこんなに情報を出していてすごい!」という趣旨の
コメントをいただきました。

そんなこと言われると、ますます頑張りたくなります。

なので、今日は三原色絵のお話しです。

この絵はどちらも3色だけで描いています。
2016_09_15_pears_01

上のにんじんたちは、
素敵なぬりえになる! ぬりえ彩色レッスン帖 (COSMIC MOOK)で塗り方をご紹介しています。

色料(絵の具やペンキなど)の三原色は、
シアン、マゼンタ、イエロー。
インクジェットプリンタでおなじみの3色ですね。

この3色で、理論上はすべての色を作ることができます。

実際は色鉛筆ではインクジェットプリンターのようにはいかないんですけどね。
明るい紫とかパステルトーンのグリーンなど、三色では作りにくいのです。

でも、一度、3色で色を作ることをお勧めしているのは、
色の仕組みをしてって欲しいことと、
マゼンタやターコイズ(シアンの代わり)イエローが
他の色にどういう効果をもたらすのかを感じて欲しいから。

Beltaはこの3色をとてもよく使います。

赤を真っ赤にするときにはマゼンタを、
グリーンの調整(またはグリーンを作る)にはターコイズとイエローは欠かせません。

また、この3色の知識があると、
他の色を使うときにも役にたつのです。

イエローとターコイズ(シアン)でグリーンができるなら、
イエローの仲間、イエローオーカー(黄土色)でもグリーンはできるはず。
でも、イエローと比べると少し濁った色なので、
グリーンの色はナチュラルに落ち着きます。

Beltaはグリーンにイエローオーカーをプラスしたり、
下地として塗ったり、という使い方をしています。

三原色でのにんじんの塗り方は、
素敵なぬりえになる! ぬりえ彩色レッスン帖 (COSMIC MOOK)

を見てくださいね!

本当に3色だけできれいにできますよ!
お試しください。

( in 東京)