BeltaのColored Pencil Gallery  色鉛筆ギャラリー

色鉛筆専門サイト。色鉛筆画とモレスキンスケッチ。色鉛筆と紙の情報も満載。
Home » colored pencils » 「ぬりえ彩色練習帖」で使用している色鉛筆について

「ぬりえ彩色練習帖」で使用している色鉛筆について

秋になり、ゆっくり絵を描こう!
という方が増えてきたのか、
最近、ご質問をたくさんいただいています。

簡単にお答えできるご質問は良いのですが、
メールではお答えしにくいご質問もあり、
すぐにはお返事できない場合もあります。

そのご質問の中で、

時々「『ぬりえ彩色レッスン帖』で使われている色鉛筆を教えて欲しい」
というご要望をいただきました。

© Belta(Mayumi Wakabayashi)

この本を作るときに、
「特定の色鉛筆を持っていなくても(手持ちの色鉛筆で)
作品を作れるようにする」

また、
「画材で使われる色名(例えば、ローアンバー、バーントシェンナなど)に
なじみのない方も多いので、わかりやすい名前にする」

というコンセプトをいただきましたので、
あえて、色名は「赤」とか「黄」のような一般名にしています。

ただ、微妙な色はそういう一般的な名前に該当するものが見つからず、
色をイメージさせる名前を当てはめました。

そのため、具体的なブランド名や色名の掲載がないのです。

個人的にも
本とまったく同じ色の作品がベストではなく、
みなさんのオリジナルの色が一番、だと思っています。

色を限定せずに、
どんどん新しい色を試して欲しいという気持ちもあります。
色に出会う楽しみも体験して欲しいです。

とはいうものの、

色鉛筆を触って間もない方にとっては、
色選びは悩ましいことです。

そこで、
大雑把ではありますが、
使用している色鉛筆をご紹介しようと思います。

主に使っているのは、

ホルベインの36色セットです。
本のほとんどの色はこれです。

このセットは、色構成がとても使いやすくできていて、
(さすが画材メーカー!)
買い足さなくても、かなり幅広く絵を描くことができます。

買い足すとしたら、

淡いピンク、クール系の水色、淡い紫、
プルシアンブルーより暗い藍色、明るいクールグレー、
明るい茶色、クリーム色 ベージュ

などがあると、さらに使いやすくなると思います。
本もこれらの色を足して使っています。

具体的には、

ホルベインなら、
チェリーブロッサム、ラベンダーブルー、ライラックやウィステリア、
インジゴ、クールグレー#2、クリーム、ベージュなど。

ポリクロモスなら、
スカイブルー、ダークインディゴ、コールドグレー#2
バーントオーカーやテラコッタ、クリーム などです。

他のメーカーでも、似た色はたくさんありますので、
この2つにこだわらず、色を探してみてくださいね。

本をご購入くださったみなさま
本当にありがとうございます。

この記事がご参考になるとうれしいです。

どんどん作品を作ってくださいね!
そしてチャンスがあれば、ぜひお見せください。


 

 

Leave a Reply