BeltaのColored Pencil Gallery  色鉛筆ギャラリー

色鉛筆専門サイト。色鉛筆画とモレスキンスケッチ。色鉛筆と紙の情報も満載。
Home » Archive by category 'Color study(色彩学)' (Page 5)

塗り絵に活きる色彩学

塗り絵(色鉛筆画)を描くときにも、
色彩学の知識は大いに役立ちます。

例えば、ゼリービーンズを描くとき。
こういうのはどうでしょう?

グリーン一色だと、楽しそうな雰囲気は少ないですね。

では、こちらはいかがでしょうか?

赤は、目立つし、派手だし、元気いっぱいの色ですが、
そんなに楽しそうではないですね。

ではでは、こちら。

ぐっと楽しそうになりましたね。
並べてみます。

3枚そろうとにぎやかな感じがでますね。

この違いは、色相の数と差。

色相環の色がまんべんなく含まれていると、
カラフルで楽しい、お祭り気分の配色になります。

運動会の万国旗が良い例ですね。
ワクワク感が高まります。

反対に、色相の数が少ない、または色相差が少ないと、
例え赤でも、楽しいお祭り気分にはなりません。
強烈にはなりますが(笑)

塗り絵の際にも、
色彩の知識を活かすと、
表現の幅が広がりますね。

(in 大阪)

3Colors magic 3つの色から生まれる魔法 ②

やっと完成しました。

(クリックすると拡大し、鮮明になります)

上段も3色、
下段も3色のみ。

3色で生まれる色のなんと美しいこと。
アップで見てね。
  

  

3Colors magic 3つの色から生まれる魔法

使った色鉛筆は3色のみ。
3色からいったいどれだけの色が生まれるのでしょう。


(クリックすると拡大し、鮮明になります)

使った紙はPMパッド
色鉛筆は、ファーバーカステル ポリクロモス

Paper :  Too pm Pad
colored pencil : Faber Castell polycromos

PMパッドホワイト B5

コミック画材通販 Tools楽天shop

Lesson_02 混色レッスン_02

6月 28th, 2010 Posted in Color study(色彩学), lesson & technic

混色レッスン。


(クリックすると拡大し、鮮明になります)

コンセプト、わかりますか?

下絵がフクザツすぎて、今一つでした。
次回は、下絵はシンプルにして再挑戦です。

このレッスン、限られた色で色を作ること、
色をよく見ること、
混ぜる分量や先に塗る色で、
色が大きく変化することなど、
とても勉強になりました。

分割数が多すぎて、雑多な印象になってしまいましたが。

最初の1枚でしたので、とにかく塗ってみよう!でした。

次の1枚は、どのモチーフを主役にするかを意識して、
配色を考えてみます。

塗りはじめる前に計画を立てること。

紙はPMバッド。
色鉛筆は、ファーバーカステル ポリクロモス。

マーカー用の紙ですが、インクジェットもキレイに発色します。
色鉛筆にも向いています。
薄くて透ける紙ですが、しっかりしていて使いやすい。
愛用の紙の一つ。

Paper :  Too pm Pad
colored pencil : Faber Castell polycromos

PMパッドホワイト B5

コミック画材通販 Tools楽天shop

value Scale 明度 スケール

絵としては面白くないのですが、
スケーリングの練習です。

最低明度から最高明度まで。

一つの絵の中に、これが全て入っていると美しいと、
クリスティン・ニュートン先生から教わりました。

使用色鉛筆は、
Fabercastell のポリクロモス バーントアンバー。

紙は、
museのkmkケント200

セントラル画材オンラインショップ
ミューズ KMKケントブロック #200(厚口) A4 KL-5744

クリスティン・ニュートン先生の本

RBRの本

Hand graphite 手 鉛筆画です

5月 31st, 2010 Posted in books, Color study(色彩学), graphite

今日の午後、松江から大阪へ移動です。
明日からオレンジ再開!

今日の絵はこれ。
手

色鉛筆画でなくて、ごめんなさい。
3年前に描いた鉛筆画です。

鉛筆画を勉強する良い点は、
「明度」に対する感覚が養えること。

絵を描くとき、カラーの絵でも「明度」は大きな意味を持ちます。
明度を描くことで、立体感が表現できるのです。

参考文献

【大人の塗り絵】に役立つ色彩学 ナチュラルハーモニー

5月 6th, 2010 Posted in Color study(色彩学), red, vegetable

大人の塗り絵はアーティスティックがふさわしい。

アーティスティックな色鉛筆画への第一歩は、立体感。

プチトマトの塗り絵は、立体感の練習にぴったりなのです。

立体感を出すコツは、光と影。
ハイライトとシャドウを塗り分けると、
立体感がでてきます。

その際、役に立つのが色彩学の知識です。

自然界では光が当たっているところは黄色みを帯び、
影になっているところは青みを帯びます。

「ナチュラルハーモニー」ですね。
ルードがいう「色相の自然連鎖}

逆に言えば、ナチュラルハーモニーにすれば、
自然でなじみ深い調和となるわけです。

塗り絵をする場合も、
ナチュラルハーモニーを意識して色を付けると、
立体感を表現できます。

【大人の塗り絵】はアーティスティックに!ワークショップ (大阪)
はおかげさまで満席となりました。