BeltaのColored Pencil Gallery  色鉛筆ギャラリー

色鉛筆専門サイト。色鉛筆画とモレスキンスケッチ。色鉛筆と紙の情報も満載。
Home » colored pencils » Archive by category 'holbein'

【色】ホルベイン ターコイズブルー 343

色鉛筆の色シリーズ。
教室でオススメしているホルベインの36色セットの色について解説しています。
(ポリクロモスは少しお待ちください)

これまでご紹介してきた色は、こちらをご覧ください。
バイオレット
マゼンタ
カーマイン
フレッシュグリーン アップルグリーン
ローアンバー
アイスグリーン 220
ジョーンブリヤン(122)
コスモス(437) ピンク(022)
プルシャンブルー(368)

今日、ご紹介するのはターコイズブルー(343)です。

真ん中の番号が4ですので、純色です。

緑みの青ですね。
ロイヤルブルーやコバルトブルーに比べると、
やや暖かみがあります。

私が三原色の一つとして使っている色です。
↓どれも3色だけで描いています。

© Belta(Mayumi Wakabayashi)2021

赤みを含んでいないので、黄色と合わせると濁りのない緑を作ることができます。

使い方としては、濁らせずに低明度の緑が欲しいとき、
ホリーグリーンの上に重ねること多いです。

筆圧があまり強くないため、
フォレストグリーンでも深い色が出づらい方は、
フォレストグリーンの上にターコイズを重ねてみてください。

少し深い色になると思います。
(さらに明度を下げたいときはプルシャンブルーがおすすめ)

私はメインの色というより、
他の色を調整する色といて使っていることが多いかな。

表だっては見えないけれど、とっても使い勝手の良い色です。

メインとして使っているのはこれ。

© Belta(Mayumi Wakabayashi)2021

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ホルベイン アーチスト色鉛筆 36色セット
価格:8200円(税込、送料別) (2020/10/14時点)

 

 

【色】ホルベイン コスモス437 ピンク022

4月 9th, 2021 Posted in holbein, ★color sample(色見本)

久しぶりに色鉛筆の色シリーズ。
教室でオススメしているホルベインの36色セットの色について解説しています。
(ポリクロモスは少しお待ちください)

これまでご紹介してきた色は、こちらをご覧ください。
バイオレット
マゼンタ
カーマイン
フレッシュグリーン アップルグリーン
ローアンバー
アイスグリーン 220
ジョーンブリヤン(122)

今日、ご紹介するのは、コスモス437とピンク022です。

どちらも一般的には「ピンク」という色ですが、
2色を比べてみると、ずいぶん違う色だとわかると思います。

コスモス(437)は少し涼しく、
ピンク(022)は暖かい感じがしませんか?

教室では区別するために「クール系のピンク」とか「ウオーム系のピンク」と呼んだりします。

番号を比べてみましょう。

コスモスは「437」 頭が「4」ですので、実は紫の仲間です。
ピンクは「022」頭が「2」ですので、赤の仲間です。

同じピンクですが、ベースになる色が違うんですよね。

コスモスは、紫系のピンクで、
名前の通りコスモスの花やいちごシロップなどにぴったり。

印象はクールで、軽く、キレがあります。
やや男性的なイメージもあります。
透明感も感じさせますね。

ピンクは、赤系のピンクで、わずかに黄色が入っていて、
桜餅など春を感じさせます。
いちごのシロップではなく、クリームのイメージ。
マットでやや女性的です。やや重さがあります。

桜餅の塗り絵はその違いを使い分けています。

© Belta(Mayumi Wakabayashi)2021

混色はまずは同系色で考えるとわかりやすいです。

コスモスは同じ紫系の色、36色セットでしたら449のマゼンタと好相性です。
36色セットではないですが、
448のアゼリアとはスムーズなグラデーションができます。

余談ですが、449のマゼンタと対応するピンクは、
429のローズピンクだと思います。

またブルー系、グリーン系のとの混色でも、
あまり鈍くはなりません。
(クール系ですので、黄色を含んでいないため)
黄色との混色は濁ります。

042のカーマインとの混色、グラーションは
すきっとした赤系で力強い赤を作ります。

対して、ピンク022は、カーマイン042と対応していて、
やはりよくなじみます。

同じ赤の仲間で、黄色が含まれている
スカーレット044やオレンジ048ともよく合い、
暖かみのある柔らかな色を作ります。

ブルー系、グリーン系と、バイオレット系はいずれもややくすみます。
(くすむのが悪いわけではないですよ)
黄色との混色は濁りません(黄色を含んでいるから)

ピンク022の特徴としては、マット感がとても強いです。
おそらくは白のピグメントがたくさんブレンドされているのでしょう。
どんな色との混色も少しソフトになります。

単色ではマット感が強くても、
ピンク022を紙の目が埋まるくらい塗り込んだ上に
スカーレット044を塗り込んだ色は
透明感を演出するのに使えます。

ただし、混色については、
クール系とウォーム系を混ぜてはいけないというわけではないですよ。

くすむのも濁るのも悪いわけではなく、
必要があって濁らせることもよくやります。

みなさんも混色、試してみてくださいね!

色については、ぜひ基礎教室をご利用ください。
色は仕組みがわかり、見分けがつくようになると、扱いやすくなります。

またこちらのカードで色見本を作るのもオススメです。
発送は5月8日以降になりますので、ぜひご予約を。

120色用と36色用があります。

120色用はこちら
36色用はこちら

どちらもご自分で切り離し、
パンチで穴を空けてカードにします。
綴じるためのリングはお近くの文具屋さんでお求めください。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ホルベイン アーチスト色鉛筆 36色セット
価格:8200円(税込、送料別) (2020/10/14時点)

【色】ホルベイン ジョーンブリヤン 122

1月 28th, 2021 Posted in holbein, ★color sample(色見本)

久しぶりに色鉛筆の色シリーズ。

これまでご紹介してきた色は、こちらをご覧ください。
バイオレット
マゼンタ
カーマイン
フレッシュグリーン アップルグリーン
ローアンバー
アイスグリーン 220

今日、ご紹介するのはホルベインのジョーンブリヤン(122)
最近お気に入りの色です。

「『ジョーンブリヤン』とはどういう意味なの?」とご質問をいただことがあります。
聞き慣れない音ですよね。

意味は「輝くような黄色」なんですよ。

joune…黄色 ツールドフランスの黄色のジャージのことを、マイヨジョーヌっていいますよね
brillant…英語のbrilliant。輝くような、です。

ホルベインの色番号は122ですので、黄色の仲間に入っていますね。

私たち昭和世代には「黄色」といより「肌色」を感じさせる色ですよね。

教室でも「肌色」と言ったり「うすだいだい」と言っています。

肌の色はこの色だけではなくたくさんの色を重ねますが、
ちょこちょことしたスケッチの肌色には便利です。

陶器のあたたかい肌合いや貝の内側の色、
黄色よりもう少し深みのある色が欲しいときなどにもほどよい色です。

面白いのは混色。
ホルベインの36色セットに含まれている色と重ねてみました。

本来は番号をきちんと書いておくべきですが、
ホルベインの36色セットは把握しきっていますので、
隣に小さく塗っておくだけにしています。

何色を混ぜても、少し彩度を落としソフトにしてくれますよね。
マゼンタ、ピンク、コスモス、スカーレットなど暖色系(同系色に近い色)は
優しい色にしてくれます。

私が気に入っているのは、補色の青系との混色です。

真ん中の下3つを見てくださいね。

ターコイズブルー、セルリアンブルー、ロイヤルブルーとの混色なのですが、
ちょっとレトロな雰囲気になります。
ロイヤルブルーとの混色、いいなぁ。

こういう色、欲しかったんですよね。

みなさまも、混色をいろいろ試してみてくださいね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ホルベイン アーチスト色鉛筆 36色セット
価格:8200円(税込、送料別) (2020/10/14時点)

【色】ホルベイン アイスグリーン 220

久しぶりに色鉛筆の色シリーズ。

これまでご紹介してきた色は、こちらをご覧ください。
バイオレット
マゼンタ
カーマイン
フレッシュグリーン アップルグリーン
ローアンバー

今日、ご紹介するのはアイスグリーン(220)

水色に見えますが、とても明るい青みのグリーンです。
パステルトーンらしく、濃く塗るとマットな味わいです。

ちょっと面白い発色をする色で、蛍光的な色になります。

その特徴を活かして、廣田硝子のこんな器を描くのにもぴったり。
アクアやスカイブルーと組み合わせます。

それから10月の教室のモチーフの
ドアに光りが当たっている感じを出すこともできます。

最初にかなりアイスグリーンを強く塗り、
緑でぼかしています。

そうすることで、光が当たった感じが出ているのではないかと。

逆に緑の上に塗ってもOKですよ。

椿やヒイラギなど、
つやつやした葉っぱのハイライトにも使えます。

メインになることは少ない色ですが、
面白い使い方ができる色ですね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ホルベイン アーチスト色鉛筆 36色セット
価格:8200円(税込、送料別) (2020/10/14時点)

 

 

【絵を描く暮らし】オリオンシリウスで色見本

紙ぎれのため、楽天市場、BASEのお店を一時的に閉店しています。
紙が入荷次第、再開いたします。しばらくお待ちください。


昨日ご紹介したオリオンシリウス


以前買ったものと比べると、表面のざらざら感が強くなっていました。

そこで早速、色見本作りです。
色鉛筆はホルベインの36色セットを使いました。

表面がかなりざらざらしていますので、
ふんわりした表現に向いていますね。

発色は鮮やかだと思います。

色つきのラフスケッチに良さそうです。

さて、この色見本、ちょっと楽しそうでしょ?

面をシンプルに塗るのもいいですが、
遊び心で一手間かけると、飾れるものになりますよね。

上の例では、○を描くのにテンプレートを使いましたが、
フリーハンドで自由に描けばOKです。

愛用のテンプレート

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

内田洋行 テンプレート円定規1-843-0101
価格:702円(税込、送料別) (2020/4/16時点)

オリオンシリウス

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ホルベイン アーチスト色鉛筆 36色セット
価格:8200円(税込、送料別) (2020/4/16時点)

【色】ホルベイン 247 ビリジャン(viridian)

11月 5th, 2019 Posted in colored pencils, holbein

久しぶりに色鉛筆の色シリーズ。

これまでご紹介してきた色は、こちらをご覧ください。
ローアンバー
ローアンバー
バイオレット
マゼンタ
カーマイン
フレッシュグリーン アップルグリーン

今日はホルベイン36色セットに入っている、
ビリジャンについてです。

ビリジャン(viridian)247

ビリジャンはラテン語で「緑の成長」を意味するとか。
19世紀中頃に発見された顔料です。

色としては、くすんだ青緑、という定義らしいのですが、
ホルベインのビリジャンは鮮やかな青緑色です。

イメージは非常口(笑)

色番号247で、真ん中が「4」ですから、原色、高彩度です。
明度は中程度。

青みがかっていますので、そのまま、植物に使うと、ウソっぽくなります。
でも、他の色と混色することでとても美しい色を作ってくれます。

とても彩度が高いため、混色しても鈍くならないんですよね。

同じ緑系の色との混色はもちろん
バイオレット、マゼンタ、カーマインとの混色もきれいです。

私がよく使っているのは、背景。
例えばこちら。

それから、鮮やかさを活かして、チェックにも使っています。

© Belta(Mayumi Wakabayashi)

コスモスやカーマインとの相性は抜群(補色に近いですもんね)
左の2つがビリジャンです。

© Belta(Mayumi Wakabayashi)

使い勝手の良い色です。

【色鉛筆】ホルベイン ローアンバー

9月 9th, 2019 Posted in holbein, ★color sample(色見本)

昨日の武蔵小杉教室のモチーフは、麦と葡萄。
とても鮮やかな色でもシックな色でもよく似合います。

お勧めの色の一つがホルベインのローアンバー。

アンティークな雰囲気を醸し出してくれる色です。

以前、この色を紹介する記事を書いたので
ここでも紹介しますね。

秋を描くのにぴったり。

【色】ホルベイン ローアンバー 184、

【色鉛筆】愛用の120本 ④

8月 13th, 2019 Posted in colored pencils, FaberCastell, holbein, Polychromos

よく使う120色の色鉛筆をご紹介するシリーズの4回目です。

黄色からオレンジ
【色鉛筆】愛用の120本 ①
ブルーからブラック
【色鉛筆】愛用の120本 ②
茶色その1
【色鉛筆】愛用の120本 ③

ご覧ください。

今日は茶色系の2つめ

赤から紫系の茶色と、関連する数色です。

特にブランド名がないものは、ポリクロモスです。

186
188
190
191
217
225
140(ホルベイン タンジェリン 必須カラー 焼き色のベース)
937(カリスマカラー タスカンレッド 必須カラー ソースの色)
263
194
145(ホルベイン ダンディライオン 鮮やかで強い黄色。カナリーイエローより強い)
113(ペリシア ゼラニウムレッド 赤に厚みを与えてくれる)

ホルベインのタンジェリン(140)は焼き色のベースになる色なので茶色の仲間に入れています。
パン、ケーキ、ハンバーグ、揚げ物など、焼き色がつくものは、
まず、この色を塗ってから他の色を重ねています。

同じくダンディライオンは、36色セットに入っているカナリーイエローより
わずかに赤みが強く、鮮やかな黄色に発色します。

黄色を黄色として発色させたいときはこの色を使うことが多いです。
例えば、花の芯とか。

他にダンディライオンとパブロのスカーレット(070)を
組み合わせて花を描いています。

カリスマカラーのタスカンレッドは、
ドミグラスソースには欠かせない色。
このビーフシチューの色です↓

© Belta(Mayumi Wakabayashi)
↑ちなみにパンの色のベースになっているのが、ホルベインのタンジェリン。

【色】ホルベイン ローアンバー 184

1月 24th, 2019 Posted in holbein, ★color sample(色見本)

久しぶりに色鉛筆の色シリーズ。

これまでご紹介してきた色は、こちらをご覧ください。
バイオレット
マゼンタ
カーマイン
フレッシュグリーン アップルグリーン

今日はホルベイン36色セットに入っている、
ローアンバーについてです。

アンバーは、土に由来する顔料。
なので、茶色、土系の色だと思ってください。

アンバーには「ローアンバー」と「バーントアンバー」の
2種類があります。

「ロー」は「生」、「バーント」は「焼いた」という意味。

なので、
ローアンバーは、生のアンバーの色、
バーントアンバーは、焼いてあるから、焦げ茶色です。

コーヒー豆にたとえると、
生豆が「ローアンバー」、焙煎した豆が「バーントアンバー」ですね。

色味としては、アンバーは、黄色の仲間です。

黄色に黒、または濃いグレーが混ざっていると想像していただくといいかな。

ローアンバーは、わずかに緑を感じる濁りのある暗い黄色という感じですね。
(余談ですが、黄色は、黒が混じると緑色っぽくなります)

明度、彩度ともに中~中の低程度。

鮮やかな色ではないですが、
かといって、ダークな色でもない、となります。
ややあいまいな色、というイメージでしょうか。

ということは、この色を混色に使うと、
鮮やかさはがくっと落ちる、と思ってくださいね。

これは悪いことではなく、そういう性質や印象がある色だというだけです。

その特徴を使うと、

アンティーク、大人っぽい落ち着きのある印象や、
植物の彩度を落として自然な色にすることができます。

例えば、先ほどの椅子の絵。

© Belta(Mayumi Wakabayashi)

ローアンバーがメインカラーです。

その他、カボチャのヘタ、葉っぱの先など、枯れた植物にはぴったりの色です。

アンティークな雰囲気には、
モスグリーン、クリムゾン、バーントアンバー、セピアなどと組み合わせます。
(いずれもホルベイン36色セット)

みなさんも試してみてくださいね!

それから、ややこしいお話を一つ。

色名にはもう一つ「アンバー」があります。
こちらは琥珀色のこと。

今回ご紹介したのは「umber」
琥珀色は「amber」

どちらも黄色系の色なので混同しやすいですね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ホルベイン・アーチスト色鉛筆36色セット 基本色 缶入
価格:7084円(税込、送料別) (2018/2/27時点)

 

 

色見本を作りたい方は、こちらの紙が便利です。
マス目入りと空白カードがあります。
36色セット(シート3枚)

120色シート(シート10枚)

こちらの発送は2月からになります。

【教室】1月のモチーフ作り中。こけ玉~。

11月 10th, 2018 Posted in holbein, work shop(教室)

年賀状向けの塗り絵がなんとなくデザインできたので
(まだ描いてはいませんが)
1月のモチーフを考えています。

思いついたのはこけ玉。

これなら1月~2月の日本の行事が多い季節にもぴったり。
長らく飾っておけるのではないかと。

問題はこけ玉の上に何を植えるか?です。

私としてはバオバブとか、ゼンマイなどがかわいいな、と思うのですが、
それだと和風にはならないかな?
お花を咲かせると華やかになりますよね。

お好きな植物を描いていただくのもいいな。

丸いこけ玉とその上の植物とのバランスが難しいけどね。

それにしても、

ホルベインの色鉛筆の色、鮮やかですね!

36色セットに入っている色だけで塗ってみましたが、
輝くような緑ができました。

みなさまにもこの色、ぜひ試していただきたいと思います。

 

 

このリースもホルベインで塗ると、一層あざやか!