BeltaのColored Pencil Gallery  色鉛筆ギャラリー

色鉛筆専門サイト。色鉛筆画とモレスキンスケッチ。色鉛筆と紙の情報も満載。
Home » Archive by category '絵を描く暮らし絵のある暮らし'

【絵を描く暮らし】先週の大きなひとこま絵日記

色鉛筆ではないのですが、
こつこつと小さな絵日記を描いています。

1週間分を1ページに描くので、
できあがるとなかなかかわいらしくなります。

© Belta(Mayumi Wakabayashi)2022

基本的になんでも描いています。
台風に備えて買った養生テープも絵にするとかわいい♪

ちょっとアップにするとこんな感じ。

© Belta(Mayumi Wakabayashi)2022

紙はマルマンのアートスパイラルのF2 サイズです。
1週間にはぴったりのサイズ。

これに黒ペン、セピアのペン、白(シグノ)赤ペンと水彩絵の具。
筆も水筆という筆洗が要らない筆を使っています。

道具が少なく手軽で(特に水筆が重要)
隙間時間でも描けます。

おかげで87週目!

この絵日記をベースにしたイラスト日記のオンライン講座を
ミルームさんでさせていただいています。

ちょうど3ヶ月経ち、終了されて絵日記を描き始めた方たちが
Instagram等に絵日記をポストされています。

みなさんの絵日記を拝見するのが最近の楽しみになっています。

オンラインレッスンなので、いつからでも始められ、
お好きなときにレッスンできます。
お手元に使っていない絵の具をお持ちでしたら、
活用するチャンスでもあります。

ぜひ、一緒に絵日記描きましょう♪

【教室】ミルームさんのレッスンについて
おうち習い事アプリ miroom(ミルーム)さんでオンラインレッスン
【ミルームレッスン】照れながらチェックしました。

レッスンで使っている水筆について
【画材】水筆について

レッスンの詳細は、こちらをご覧ください↓

レッスンについてはこちらをご覧ください。

【絵を描く暮らし】今日はスケッチブックの日

今日は「スケッチブックの日」だそう。

マルマンのサイトによると、

「マルマンが創業100年を迎えたことを記念し、
2020年に一般社団法人日本記念日協会に認定されました。

もっとスケッチブックが日常の中で当たり前な存在に
なりますように。

そんな想いがこもった記念日です。」

というわけで2012年のマルマンスケッチブック。

© Belta(Mayumi Wakabayashi)2022

友人がくれた図案シリーズのスケッチパッドです。

私にとってはスケッチブックはとても身近な存在です。
毎日描く「大きなひとこま絵日記」もマルマンのアートスパイラルですし、
マルマンに限らず、たくさんのスケッチブックやクロッキーブックを
使っています。

古くは中学時代に漫画の模写をしたのも
スケッチブックだったっけ。

今のようなペンで描くスケッチをし始めたきっかけは、
やはり友人がくれたマルマンのアートスパイラルのF0でした。

そこからモレスキン、トラベラーズノート、アートクリエイション他へと
広がっていったんですよね。

水彩のスケッチブックも合わせると、何冊になるんだろう?
一度数えてみなくちゃ。

スケッチブックの日に合わせて、
みなさまも何か描いてみるのはいかが?

今すぐ描かなくても、手にするだけで心弾むものです。

私も最近、プレゼントに添えて
小さなスケッチブックをお贈りすること多いです。

月光荘のスケッチブック

絵を描かれない方にもいいんですよね。

メモ代わりに使ってほしいなら、ウス点
小学生のお子さんがいらしゃるなら、イロ
絵を描かれる方なら、特厚

クロッキーブックですが、メモにもいい。
いつも持ち歩いています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

マルマン スケッチブック クロッキーブック 107x153mm S161
価格:360円(税込、送料別) (2022/9/21時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

マルマン スケッチブック クロッキーブック 107x153mm S162
価格:370円(税込、送料別) (2022/9/21時点)

Toolsのスケッチブック
F0には珍しく縦型のスケッチブックです。
表紙の色がたくさんあるので、お好みを選んで。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

FIG/0 スケッチブック RE
価格:572円(税込、送料別) (2022/9/21時点)

色鉛筆にも水彩にも。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

モンバルキャンソン F0スケッチブック C10
価格:1540円(税込、送料別) (2022/9/21時点)

【絵を描く暮らし】おやつ絵日記のアイディアスケッチ


このブログ、いろいろ不都合が出ていて、表示されないものがたくさんあります。
修正できないものもたくさんあって、困っています。
なので、引き続きこのブログに手を入れます。
ますますおかしくなる可能性もあり、です。
もしもし、このブログそのものが表示されなくなったら
https://belta.thebase.in/blogに記事をアップしますね。
表示されなくなったら遅いので、
今のうちにお気に入りに登録しておいてくださいね!


今、おやつ絵日記を描こうと思っていて、
いろいろ検討中です。

こんなの。

© Belta(Mayumi Wakabayashi)2022

左はパラティッシとウェッジウッドのピーターラビット、
右はエマ・ウォーターブリッジ。

少し前に描いていたので、実はもう没にしたものですが。

いろいろ考えるのが楽しいの♪


10月の塗り絵教室は野ブドウ。
【教室】10月のモチーフ

10月はリアルの教室もします。

10月30日(日)NHK文化センター梅田教室(大阪)
お申し込みはNHK文化センターまでお願いします。
久しぶりの大阪。楽しみです。
https://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_1256815.html

【絵を描く暮らし】先週の大きなひとこま絵日記

色鉛筆ではないのですが、
コツコツ絵日記を描いています。

1週間を1ページにコツコツ描いていくスタイルで、
2021年1月から始めて86週目になりました。

© Belta(Mayumi Wakabayashi)2022

サントリーの「本気野菜」というものがあるんですね。

美味しかった。

彼岸花、コスモスの季節。近所で花盛り。

松葉屋の「噂の生どら」ブルーベリーとラムレーズン。
お土産にいただきました。ありがとう!

来年の手帳もゲット!
ここ数年ジブン手帳を使っています。

この絵日記をベースにしたイラスト日記のオンライン講座を
ミルームさんでさせていただいています。

おかげさまで、
「楽しい」
「描けるようになった」など
うれしいお声をいただいています。

オンラインレッスンなので、いつからでも始められ、
お好きなときにレッスンできます。
お手元に使っていない絵の具をお持ちでしたら、
活用するチャンスでもあります。

ぜひ、一緒に絵日記描きましょう♪

【教室】ミルームさんのレッスンについて
おうち習い事アプリ miroom(ミルーム)さんでオンラインレッスン
【ミルームレッスン】照れながらチェックしました。

レッスンで使っている水筆について
【画材】水筆について

レッスンの詳細は、こちらをご覧ください↓

レッスンについてはこちらをご覧ください。

【絵を描く暮らし】サメの仲間


このブログ、いろいろ不都合が出ていて、表示されないものがたくさんあります。
修正できないものもたくさんあって、困っています。
なので、引き続きこのブログに手を入れます。
ますますおかしくなる可能性もあり、です。
もしもし、このブログそのものが表示されなくなったら
https://belta.thebase.in/blogに記事をアップしますね。
表示されなくなったら遅いので、
今のうちにお気に入りに登録しておいてくださいね!


8月のイラスト教室で海の生き物を描いていたら、
楽しくて止まらない(笑)

今度はサメ。

© Belta(Mayumi Wakabayashi)2022

やっぱり外せないホホジロザメ。
ジョーズさん。

シュモクザメ。
夏に日本海の海水浴場沖で見かけられて話題になりますが、
日本海には普通にいる(と思われる)サメです。

子どものころ、近所の魚市場で何度か見かけました。

ネコザメ。
これもポピュラー。日本海にもいる。
おとなしい。お顔がかわいい。

ヨシキリザメ。
世界一美しいサメと言われています。
すっきりとしたスタイルとかわいいお顔。
背中のブルーが美しい。ヒレも長くてイイカンジです。

余談ですが、
ネコザメがいるなら、イヌザメは?
イヌザメもいますし、ネズミザメもトラザメもいます。

スズメはいないけど、メジロザメはいる。
ウマザメはいないけど、ウバザメがいる。

ひれの先が白いツマジロと黒いツマグロもいる。

顔はこわいけど、名前はニタリ。

あまり出会いたくないサメの仲間ですが、
ホホジロザメやヨシキリザメなど絶滅危惧種もいます。

なんとか絶滅は免れて欲しいものです。

さて、9月のイラスト教室は、色鉛筆で小さなお花を描きます。
小さなお花、楽しいですよ!

【教室】9月のイラスト教室は「色鉛筆の小さなお花」

お申し込みはこちらからお願いします。

出雲空港から飛び立ったB737から見た出雲平野

出雲空港から飛び立つ飛行機から見る
出雲平野の風景が好き。

© Belta(Mayumi Wakabayashi)2022

以前にも同じような景色を描いたのですが、
今回は少し変えてみました。

そして翼と窓も入れたの、わかりますか?

俯瞰で描くのはとっても楽しい。
もう少し描きたいなあ。
写真がなかなか上手くとれないのがねぇ。

私、写真が苦手だから絵を描いているところがあるもんね。

【絵を描く暮らし】簡単おやつ絵日記

これもアイディアスケッチ。
少ない色数で簡単に描けて、楽しいおやつ絵日記です。

© Belta(Mayumi Wakabayashi)2022

例えば、お天気やBGMなど、
ちょっとしたことも残しておけば、
いっそう楽しくなるかしらん?

もっとも私のBGMはクラシックかロッド・スチュワート。
あまりティータイム向きではないかも。

10日なんて「トム・トラヴァーツ ブルース」
スイーツより圧倒的にお酒が似合う(笑)

トム・ウェイツの名曲のカヴァーで、
原曲より軽くおしゃれに仕上がってるの。

ケーキは、松江のH.PIERREさんのカシスブランとモンブラン。
モンブランがお皿からおっこちそうなのは、
最初は皿を描くのを想定していなかったから。

スペースの関係で皿を描き足したら落っこちそう(笑)

そんなこともあり、です。

描いているのは、最近はまっているこちら。

【絵を描く暮らし】先週の大きなひとこま絵日記

色鉛筆ではないですが、
先週の大きなひとこま絵日記です。

1週間を1ページにコツコツ描いていくスタイルで、
2021年1月から始めて85週目になりました。

© Belta(Mayumi Wakabayashi)2022

大好きな無花果ビオレソリエスの季節。
生でもいちじくジャムの味がするんですよね。

ちなみに私はいちじくがキライでした。
学生時代、バイト先の奥様が差し入れてくださった
煮たいちじくがおいしくて好きになりました。

イトヨリダイ。
晩ごはんにいただきました。

モンブランの万年筆。
持っている中では唯一のモンブランの万年筆。
2006年ごろ、デッドストックとして売り出されていました。
金ペンではないのですが、
そこそこ古いので、良い品です。

ししとう。
今年はあまり辛いものに当たらないと思っていたら、
辛かった~。たぶん、今年一番。

リュウゼツラン。
ケーキを買いに行ったら、お店はお休み。
お庭にいたリュウゼツラン。

まめパンのピスタチオクリームのパン
「ピスタチオ」好きなんだよね~。

H.PIERREのモンブラン。
新しいケーキ屋さんを見つけた!ということで
行ってみました。
しっかり道に迷ったけれど(笑)

モンブラン、おいしゅうございました。

Septemberの周りにお花を描いたら楽しくなっちゃって、
あちこち飛ばしすぎ(笑)

この絵日記をベースにしたイラスト日記のオンライン講座を
ミルームさんでさせていただいています。

おかげさまで、
「楽しい」
「描けるようになった」など
うれしいお声をいただいています。

オンラインレッスンなので、いつからでも始められ、
お好きなときにレッスンできます。
お手元に使っていない絵の具をお持ちでしたら、
活用するチャンスでもあります。

ぜひ、一緒に絵日記描きましょう♪

【教室】ミルームさんのレッスンについて
おうち習い事アプリ miroom(ミルーム)さんでオンラインレッスン
【ミルームレッスン】照れながらチェックしました。

レッスンで使っている水筆について
【画材】水筆について

レッスンの詳細は、こちらをご覧ください↓

レッスンについてはこちらをご覧ください。

【絵を描く暮らし】いろいろ考え中 

今、いくつか企画があり、
検討を重ねているところです。

まだアイディアスケッチの段階ではありますが。


© Belta(Mayumi Wakabayashi)2022

上は水彩で描いたカップ。これは趣味(笑)
アラビアのパラティッシのパープルと、
エマ・ブリッジウォーターのマグ。

どちらも大好き。
好き過ぎて買えない(選べない)くらい好き。

パラティッシは迷うだけ迷ってコーヒーカップを買っちゃった。
エマ・ブリッジウォーターは全部描きたいくらい。

下は配置と色の検討。
できるだけ少ない色数で描きたい。

真上からのショットと斜めから。

真上からは楽だけど、線が歪みやすい。
斜めからは臨場感が出るけれど、楕円がつきもの。

色鉛筆だけで描くなら、どちらもOK。
ペンで描くなら、要検討。

ちなみに左の皿2枚もエマ・ブリッジウォーター。
オリーブ柄は描くのにもぴったり。

紙は、ターレンスジャパンの絵を描く手帳の
12㎝の正方形。

モレスキン以上に厚みがあり、描きにくいのですが、
描いた後のかわいらしさは抜群。

 

 

ブラックもいい。

エマ・ブリッジウォーターのマグ
かわいけれど子どもっぽくないハート柄。

いちご柄も同様。

虫柄も秀逸。

【絵を描く暮らし】枚方のFLAGさんの棚

仕事の絵を描いていると、ペンで描きたくなります。

© Belta(Mayumi Wakabayashi)2022

大阪の枚方市のcafe 雑貨、ギャラリーのFLAGさんの棚です。

私は2014年まで枚方のカルチャーハウス香里ヶ丘さんで
教室をしていました。

そのとき、友人に誘われてお邪魔したのですが、
とても雰囲気のあるすてきなcafeギャラリーでした。

雑貨の販売もされていて、
この細々とした感じがなんとも言えず、好き♪

モレスキンにセピアのペン1本で描いています。
色はどうしようかな?
ピンクで塗ろうかな?

このノートの赤に描いています。

ペンはいつものこちら。