岩田さんからの写真 宍道湖の夕陽

雲南市大東町の岩田雄二さまが、
写真を送ってくださいました。

宍道湖の夕陽です。

オレンジからブルー、ダークネイビーへの変化。
宍道湖の大きさを感じます。
宍道湖の夕陽

金色!
宍道湖の夕陽

祈り。
宍道湖の夕陽

それにしても、どうして宍道湖の夕陽って
こんなに美しいのでしょうね。

そんな宍道湖の夕陽に魅せられた方からの、
ステキな提案。

松江の色は何色?松江色の万年筆構想。

こちらも見てくださいね!

岩田さま、
いつもありがとうございます。
 
 
 

7 comments

  1. 川島正治 より:

    初めまして、私京都で革工芸家をやっている者です。
    かなり以前に居た会社の営業で宍道湖の夕陽時間帯に走っていて感動した事があります。
    その後お付き合いが始まった米子の革人形氏の友人宅にはたまに行きますが、宍道湖まではそれなりに距離もあり行けず仕舞いです。
    来年彼が美術館で個展を開くので行きついでに今度こそ足を伸ばしたいと思っております。
    で、2月の終わり頃の時期ですが夕陽の宍道湖を撮るのに最高の時間・場所(グーグルマップで確認します)とこの時期冬の道路状況など心配な事もあるので教えて頂けないかとメールしました。
    宜しくお願いします。
    カメラは中修程度ですが、綺麗な景色などには出掛けて行きます。
    CANONのデジタル一眼を使っています。

  2. Belta より:

    >川島正治さま

    コメントありがとうございます。
    ぜひ、宍道湖の夕陽、写真にお納めくださいね。

    それはもう、きれいですから。

    2月頃の夕日スポットですが、岩田さんに問合わせた後、
    改めてお返事させていただきますね。

    お楽しみにお待ちください。

    それから、サイト、拝見しました。
    ステキな革製品ですね。

  3. 岩田 雄二 より:

    松江までのルートと宍道湖の夕陽についてご案内します。

    ◎京都から松江(目的地)までのルート>>>(名神:京都XX~吹田JCT)~(中国道:吹田JCT~落合JCT)~(米子道:落合JCT~米子 料金所より松江方面に左折)~(安来道:米子西~東出雲)~(松江バイパス:東出雲~松江西 出口を出て右折で松江市内目的地へ直進で5分弱)~(R9を東へ:島根県立美術館附近で目的地到着)
    注意
    ◎米子道は冬季は天候によりチェーン規制及び通行止めがあります
    (久世~米子間で全輪スノータイヤ又は滑止めチェーンの携帯が必要です)
    ◎蒜山SA附近から米子方面には急勾配で下るのでスリップ注意

    所要時間と料金
    ◎京都から松江まで通常4時間位>>>米子から松江西まで30分弱
    ◎京都南~米子6,150円 安来道米子西~東出雲650円(普通車通常料金)

    駐車場又は駐車スペース
    ◎駐車場は県立美術館の駐車場が近くにありますが(有料)200m余分に歩きます。近くの公園の駐車場はありますが5~6台程度しかありません)
    ◎駐車スペースが夕陽スポット用にR9号線の上下線にありますが天候(夕陽)時間帯によっては混んでいます。広くはありませんが早めに行けば空いています(無料)

    夕陽スポットについて
    ◎夕陽スポットは県立美術館よりR9号線に沿って嫁が島附近まで西側へ300m位です。また、遊歩道・地下道が整備されバス停もあります。
    ◎季節ごとの写真スポット(嫁が島を前景にした夕陽の沈むポイント)が遊歩道に表示してありますので探してみてください。(説明書きした表示もあります)2月末は美術館側(東より)~嫁が島を見るほうに沈むらしいです?。
    ◎心配な事があります。今日いつも遇う年間を通して写真を撮っている方に声を掛けて聞いたのですが、山陰は冬季、特に1~2月は天候が悪く月間で5日位しか見れないとの事です。来松なさる時に天気が良いことをお祈りします。
    ◎夕陽の時間ははっきりとは分かりませんが、4時ごろには着いた方が良いと思います。>>>天気予報などでご確認ください。

    地図検索
    ◎Googlmap検索の住所は「松江市袖師町」で嫁が島附近全体が出ます。
    ◎夕陽スポットの駐車場は、山陰合同銀行事務センター後(宍道湖側)です。R9号線下り車線より進入(分離帯があります)上りは車線では岸公園の駐車場か袖師交差点で方向を変えてください。
    ◎県立美術館の駐車場は、日本海TVビルの反対側JR山陰線の下です。
    ※美術館にも駐車場がありますが、身障者用とかイベントで混んでいる場合があります。(無料)

    以上分かる範囲を書き込みましたが、他にあれば調べておきます。

  4. Belta より:

    >岩田さま

    ご丁寧なお答え、ありがとうございます。

    地元のBeltaも知らないことばかりで、とても参考になりました。

    そうですね、冬場のお天気は少し心配です。
    雪が降りしきる宍道湖の景色は水墨画のようで、
    これはこれで好きなのですが。

    >川島さま

    来年は雪道にお気を付けて、
    ぜひいらしてくださいね!

  5. 川島正治 より:

    岩田様懇切丁寧なお返事恐縮です。
    言葉足りない質問でした。米子までは高速バスで行きその友人が車は貸してくれます。
    ですから米子から出発~米子へ帰ります。
    1年で一番撮影には向かない季節ですか?
    そうなら最良の季節はいつ頃でしょうか?綺麗な夕陽が観れる晴れの日が多い時期です。
    そういう時期に合わせるのが一番でしょうね。
    私他にも京都で他にも仕事をしており秋は忙しくとても出掛けられません。
    その時期は京都で最高のが撮れますしね。
    宜しくお願い致します。

  6. 岩田 雄二 より:

    川島様へ

    私もカメラを始めてやっと初心者マークが取れたくらいの者ですから適切なお答えが出来なくて申し訳ありません。

    2月は夕陽のチャンスが少ない時期ではありますが、米子に来られた折には、是非松江まで足をお運びになり宍道湖の夕陽をご覧下さい。

    また、松江観光協会で下記サイトにて“松江 宍道湖夕日情報”を出していますのでご覧下さい。

    http://www.kankou-matsue.jp/shinjiko_yuuhi/

  7. Belta より:

    >川島さま

    山陰の冬は雪や雨が続くことが多いですね。

    夕日がしみじみと胸に響くのは秋だと思いますが、
    それ以外の季節でも、その季節の恵みを感じる夕日が楽しめます。

    >岩田さま
    詳しくお調べくださって、ありがとうございます。
    観光協会の夕日情報は良いですね。

    これからBeltaも活用しようと思います。

    ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です