Archive for bookわらしべ

【bookわらしべ】本が交換されました

本の交換bookわらしべ。

一昨日、新しい本が交換されました。

なかなかお知らせができていませんが、
まとめたページを書きますので、
もうしばらくお待ちくださいね。

現在は、

眼の誕生 → おとなの小論文教室。 → 夢をかなえるファイリング
     → 理解という名の愛がほしい → お菓子を仕事にできる幸福

と続いています。

もう1系統あり、こちらは、

モリー先生との火曜日 → ソーシャルメディア・ダイナミクス

となっています。

3冊とももうすぐ交換予定です。
準備ができたら、お知らせいたしますね!

(in 大阪)

メルマガバックナンバー NLP ペーシングの実際

最近、NLPのお問い合わせが増えていますので、
メルマガでの連載をブログにも掲載することにしました。
──────────────────────────────────
★大人の効果的な情報 こころのお話し玉手箱
──────────────────────────────────

● 【連載】NLP その15
      ペーシングの実際

最近、NLPの個人レッスンの申し込み、お問い合わせをとてもたくさん
いただきます。

「NLPが良いと聞くけれど、どんなことに良いのでしょう?」
そんなご質問をいただくこともたびたびです。

そこでNLPについてBeltaの経験、周囲の反応などを、しばらく連載しようと
企画をしました。

前回は、「ペーシング」でした。

相手に合わせる「ペーシング」はNLPの重要な要素の一つ。
その人の存在を認めている、大切にしていることを伝えることだと
お話ししました。

さて、今日は?

今日は「ペーシング」の具体的な手法について。

その前に、
「手法」とか「方法」と聞くと、「わざとらしい」と拒否反応を
示される方、いらっしゃるかもしれませんね。

Beltaもそうです。
「アコギなことはイヤだな」と思ってきました。
 知ってはいけないこと、やってはいけないことのようで。

でも今は少し違う考え方を持っています。

「方法がわからなければ、誤解を招いたり、時間がかかったりする。
 想いがあれば、手法を学ぶのはこわくない」と。

考えてみれば、小さな子どもに話す時は、しゃがんで子どもと同じ目線に
なり、子どもに合わせた言葉を選び、ゆっくりお話しますよね。

それと同じです。

相手の世界を大切にし、相手の世界観で

ではご説明しますね。

ペーシングは、
姿勢、言葉、言葉の内容、価値観など、ペースを合わせる対象が
たくさんあります。

例えば、姿勢。

同じテーブルについている状態を想像してくださいね。

あなたが背筋を伸ばして座っているのに、
相手の方がほおづえをついていたら、どうでしょうか?

話す気にはならないですよね。

でも、あなたと同じように背筋を伸ばしてくれたら、
「この人、わかる人なのかも?」と思いませんか。

あなたがそう感じるのなら、他の方も同じです。

相手の姿勢にあなたの姿勢を合わせてみましょう。

ただし、全く同じにする必要はありません。

あなたと相手の立場が違う場合、全く同じ姿勢にすると、
失礼になる可能性がありますから。

その時は、体の傾きを少し合わせるとか、
お茶をいただくタイミングを同じにするとか
姿勢以外のものを合わせる方法があります。

これは相手に「あなたと私は同じ。仲間ですよ」と示すサインです。

人間も動物ですので、
「仲間」と出会うことは、生き延びるチャンスを意味します。

シマウマにとって、シマウマと出会うことは安全ですが、
ライオンと出会うことは危険ですよね。

「私はライオンではないですよ。
 あなたと同じシマウマで、あなたと仲良くなりたいのです」
という意志を表します。

本当に仲良くなりたいのに、
方法を知らず、違うことをしていたら、
ライオンに間違えられるかもしれないですね。

それはちょっとモッタイナイ。

あなたの気持ちを伝えるために、
まずは姿勢のペーシング、です。

─────────────────────────────────
★ 編集後記
─────────────────────────────────
おとなの小論文教室。

                        山田 ズーニー 著

今日も
NLP関連の本ではありません。

先週に引き続き、本を交換するbookわらしべで、塩釜のまきろんさんに交換して
いただいた本をご紹介します。

先週ご紹介した「理解という名の愛がほしい」より少し前に出版されました。
「ほぼ日刊イトイ新聞」の人気コラム「おとなの小論文教室。」の
ベストコラム選集という点は同じです。

タイトルは「小論文のハウツーもの」のように思えますが、
実際は違います。

具体的なハウツーはほとんどなく、
「自分」と「他者とのつながり」と「表現」の3つが大きな軸です。

Beltaは、この3つは互いに関係しており、支え合っているもの
だと思っています。

他者とのつながりは自分を育て、そのためには表現が必要。
表現をするためには、自分を深く考える必要がある。

著者の経験と読者のメールと。
あたかも、今そこに「人」がいるかのように展開されます。

——————————-

本を交換するbookわらしべ。

わかりにくいというご意見をいただきましたので、
今、詳細ページを準備中です。
もう少しお待ちくださいね。

お勧めのNLP、心理学関連の本は、 http://www.belta.jp/wordpress/?page_id=5907< にまとめてあります。 覗いてみてくださいね。 メルマガは、NLPに関するエピソードと本の話題をお届けしています。 毎週金曜日の夕方から夜の配信です。 「NLPって何だろう?」と思われた方はぜひメルマガのご購読をお勧めします。

登録フォーム
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

まぐまぐ
『まぐまぐ!』から発行しています。
バックナンバーはこちら 

メルマガバックナンバー NLP ぺーシング

最近、NLPのお問い合わせが増えていますので、
メルマガでの連載をブログにも掲載することにしました。
──────────────────────────────────
★大人の効果的な情報 こころのお話し玉手箱
──────────────────────────────────

● 【連載】NLP その14
      ペーシング

最近、NLPの個人レッスンの申し込み、
お問い合わせをとてもたくさんいただきます。

「NLPが良いと聞くけれど、どんなことに良いのでしょう?」
そんなご質問をいただくこともたびたびです。

そこでNLPについてBeltaの経験、周囲の反応などを、
しばらく連載しようと企画をしました。

前回は、「五感と意識を外に向けること」でした。

人は五感を通して外界の情報を取り入れるけれど、
実はあまり五感を使っていない。
五感を鍛える方法と、五感を使うことで、
客観的な視点も磨かれるというお話をしました。

さて、今日は?

今日は、「ペーシング」です。
NLPを学び始めると、
とにかく「ペーシング、ペーシング」と言われます。

それだけ大切なことで、
Beltaとしてはリフレーミングと並ぶNLPのキモの
一つだと思っています。

「ペーシング」とは、ペースを合わせること。

Beltaがペーシングについて最初に教わったのは、
会話の中でのペーシングスキルでした。

「オウム返し」「うなづき」「バックトラック」など、
会話をスムーズに運ぶスキルです。

相手の言ったことを繰り返す「オウム返し」
適宜「うん、うん」と相づちをいれる「うなづき」
相手の話を要約して言う「バックトラック」などのスキルは、
みなさん、よくご存じだと思います。

では、なぜ、こういったスキルを学び、
使うことを勧められるのでしょうね。
そして、人とペースを合わせることが、
なぜそんなに大切なのかしら?

モノの本には、ペーシングをすると、
会話が弾む、人が話してくれる、などと解説があります。

確かにそういう効果はあります。
カウンセリングの基礎スキルにもなっているくらいです。

そして、本当に大切なことはさらに深いところにあるとBeltaは思っています。

相手に「ペースを合わせる」ことは即ち、
相手の「世界」を尊重していることを表現すること、
ではないかと。

覚えていらっしゃるでしょうか。
NLPの前提で「地図は領土ではない。
そして地図は人それぞれ違う」という
ことをお話ししたことを。

人はそれぞれ自分が作った世界に住んでいます。
価値観も経験も違うのですから、世界も人それぞれ。

自分の世界同様、相手の世界もとても大切な世界です。

「大切しよう!」と思っても、
相手の世界は自分の世界とは違うので、
よくわかりません。

よくはわかりませんが、話し方、速度、語彙に、
その人の世界は表れてきます。

だから、そういったものにペースを合わせることは、
あなたと同じ世界にいる、つまり似た価値観を持っていて、
あなたが大切にしているものは、私にも大切なものなんだよ、
と表現することになるのです。

表面的には、話し方、速度、姿勢などを合わせることをペーシングと
いいますが、深いところで相手の世界を尊重する表現であると、
Beltaは考えています。

ペーシングは、NLPのとても重要な要素です。

ワークもペーシングを基本とします。
だから、BeltaはNLPが好きなのかも。

─────────────────────────────────
★ 編集後記
─────────────────────────────────

理解という名の愛がほしい——おとなの小論文教室。II

                        山田 ズーニー 著

今日は
NLP関連の本ではありません。

本を交換するbookわらしべで、塩釜のまきろんさんに交換していただいた
本です。

次の交換が決まりましたので、メルマガでもご紹介することにしました。

「ほぼ日刊イトイ新聞」の人気コラム「おとなの小論文教室。」の
ベストコラム選集です。

中でも「連鎖」をテーマとした一連のコラムは大反響を呼び、
読者からのメールもたくさん転載されています。

「連鎖」とは、

あるとき悪意のメールを受けとった著者。
苦しく、辛く、やりきれない思いを、たまたま近くにいた母に
ぶつけてしまいます。

そして母は…。

連鎖の結末は思いもよらない形となりました。

都市に住む人の言動は、2万人の影響が及ぶと聞いたことがあります。

おそらく、悪い言動はもっとたくさんの人に、もっと早く伝わるのでは
ないかと思います。負の連鎖は強いから。

自分が起こした連鎖が伝わった先で、
何を引き起こすかを知っていたら。

「理解という名の愛がほしい」については、
ブログでもご紹介しています。

【bookわらしべ】理解という名の愛がほしい
http://blog.livedoor.jp/blue_belta/archives/1689434.html

【bookわらしべ】「理解という名の愛がほしい」 僕がそう決めました
http://blog.livedoor.jp/blue_belta/archives/1689818.html

一つ一つの事例を、著者は深く丁寧に掘り起こしていきます。

本当の「生きる手応え」を知りたい方、お勧めです。

本を交換するbookわらしべ。

わかりにくいというご意見をいただきましたので、
今、詳細ページを準備中です。
もう少しお待ちくださいね。

お勧めのNLP、心理学関連の本は、
http://www.belta.jp/wordpress/?page_id=5907
にまとめてあります。

覗いてみてくださいね。

━━━━☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガは、NLPに関するエピソードと本の話題を
お届けしています。

毎週金曜日の夕方から夜の配信です。

「NLPって何だろう?」と
思われた方はぜひメルマガのご購読をお勧めします。

登録フォーム





メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。


まぐまぐ

『まぐまぐ!』から発行しています。
バックナンバーはこちら 

(in 松江)


「大人の塗り絵はアーティスティックに」ワークショップ(大阪)
7月27日(水)14:30~16:30
終了。
ワークショップの様子はこちらをご覧ください。

「アート塗り絵ワークショップ」講師養成講座(島根・大阪)
募集中です。

フェリシモの500色の色鉛筆をお持ちの方、
そのステキな色で塗り絵をしてみませんか?

◆ 簡単イラスト講座(予定)
マインドマップやレジメのイラストに使える簡単イラストの描き方
お教えいたします。秋を予定しています。

◆ 秋、冬のワードローブ計画ワークショップ(40歳以上 限定)
秋、冬のお洋服、何を着る?何を揃える?
自分のデザインを知って、ワードローブの計画を立てましょう。
詳細が決まり次第、お知らせしますね。

【bookわらしべ】 新しい本がやってきました

本を交換するbookわらしべ。

新しい本が手元に来てくれました。
詳細は後ほどご紹介しますね。

今日はこれから塗り絵のワークショップです。
行ってきます!

(in 大阪)

【本】  「SHARE」 感想です ②

昨日の記事の続きです。

シェア

という本を読んで。

今、世界は所有から生まれるゴミ、
そして環境破壊が進んでいます。

その一方で、本当に欲しいものを
必要な時に使う「シェア」という動きも起こっています。

現在、世界ではさまざまなものがシェアされています。

空いている部屋を貸す、
空いているときにコンピューターを貸す、
引っ越し用の段ボール、
車、自転車、etc。

これまでも「シェア」はあったのですが、
所有するより費用や手間がかかっていたため、
ごく一部のものに限られていました。

それが、インターネットの発達により、
欲しいものが探しやすくなり、
借りる人の信用も評価しやすくなったことで、
扱えるものが大幅に増えたのです。

中には初めからシェアを考慮されて作られている製品も
登場しています。

これからのデザイナーの仕事は、
シェアされる製品作りと、
シェアのためのシステム作りとなることでしょう。

デザイナーには行動心理学、テクノロジー、マーケティングと
幅広い分野での知識が必要となります。

では、求められるデザイナーを育成するには、
どうしたらいいでしょうか?

この本にはそこまで書いてなくて。

Beltaの頭にぱっと浮かんだのは、
ハワードガードナー博士の「知的な未来をつくる五つの心」

五つの心とは、

■熟練した心
主要な学問や職業に必要とされる思考法を使いこなす心。

■統合する心
大量の情報のなかから重要なものを選び出し、
それを自己と他者双方が役立てられるような
形にまとめていく心。

■創造する心
既存の知識や「統合体」を超えて、新しい課題や解決策を示し、
既存の分野を広げたり新分野を開拓したりする心。

■尊敬する心
個人や集団のあいだの差異に共感して建設的に対応する心。

■倫理的な心
働き手として、また市民としてのみずからの役割の特徴を抽象化してとらえる心。

シェアを作り出すデザイナーにはぴったりだと思いませんか?

では、この五つを育てるには、どうするか?

1つは、基礎学問。
上に積み上げるための基礎を
幼少期から作ること。

2つめは、多様な経験。
多様な人、コト、モノに触れていくこと。

3つめは、
信頼できるコミュニティで、
幅広い年代の人との交流をする。
尊敬できる大人の存在が重要。

4つめは、
複数の手法で学ぶこと。
読む、書く、話すにとどまらず、
さまざまな手法を使って学ぶこと。

5つめは、
得意技を活かして学ぶこと。
MI(多重知能)を活かす学び方をすること。

それから、
これはBeltaのアイディアですが、
芸術を学ぶこと。

音楽、絵画など芸術的素養は、
観察力や感受性を養います。

これからの世界、
シェアはますます進んでいくでしょう。

「インターネット」というテクノロジーと
「人間」の心とが、共同でもたらす世界。

どんな未来が待っているんだろう?
楽しみ♪

【本】  「SHARE」 感想です ①

先日読了してマインドマップだけアップしていた
【送料無料】シェア

メルマガ、もう一つのブログには関連記事を書きましたが、
こちらでももう少し詳しく考えてみることにします。

「SHARE」が訴えていることを一言でいうと、

今、人間はモノにあふれかえった生活をしており、
地球をゴミと変えつつある。

それを救うのが、share(シェア)、共有。

自分には要らないものでも、
他の誰かにはとても役に立つ。
そして、本当に欲しいものはドリルではなくて穴。

webを使ってその循環をサービスする大きな動きがあり、
そこからコミュニティや新しい発見、ビジネスも生まれてきている。

地球環境と人の暮らしのためにデザイナーは、
shareをデザインする力が必要。

あっさりと書いてしまいましたが、
実際にはとても考えさせられる内容でした。

ビジネス、心理、環境、経済、
さまざまな視点から読み解ける本だと思います。

特にBeltaが興味を持ったのは、
やはり人のココロと育成。

なぜ所有したいという気持ちを生むのか、
所有から共有へ移行するとどんなことが起きるのか。

shareを推進するためのデザイナーの育成には
どうしたらいいのか。

そんなことを考えながら描いたマインドマップがこちらです。

なぜ、人々は大量のモノに囲まれ、ゴミが生まれていくのか。

人の過剰所有は、2つの要素から考えられると思います。

1つは人のココロ。
もう1つはモノ。

「所有する」を生み出すココロってどんなココロでしょうね。

人より優位に立っていることを確認したい
機会損失の恐れ
自分の価値を高めたい
自信をつけたい
いろいろ考えられそうです。

特に最近Beltaが気になっているのが、
ブームの断舎離。

モノを手放すことで楽になる生き方です。

モノを欲しいと思うのは、自分の隙間をモノで埋めたいから。
その隙間は自分自身や人との関わりで埋まるものなのに、
それと知らず、モノで埋めてしまう。

気づけば、要らないモノばかり。

人は自分が本当に欲しいモノを、
実は知らないのではないかとBeltaは思っています。

そして、モノの方にも原因はありそうです。

世の中には、
長持ちしない、使いにくい、あきられやすい製品が
数々あります。

製品だけに問題があるのではなく、
消費をあおる人、あおられてその気になる人が
いるから発生することなのですが。

安い方がいい、
新しい方が価値があると訴える背景には、
どんどん売らなければいけないという
経済に関する問題があります。

ただしここには救いがあり、
お金になるとなれば、
企業はいつでも方向を変えるでしょう。

そして、安くて短命な商品を世の中に出回らせるものとして、
不要なプレゼントがあります。

クリーニング店でもらう誕生月の景品や
入会するともらえるノベルティ。

多くの場合、すぐにゴミとなるか、
いつか使おうと家のスペースを占有することになるか。

そういったあふれかえるモノ、
いつか使おうと思うものは、
もしかすると誰かが今すぐ使いたいものかもしれません。

そこで、自然発生的に生まれたのが、
SHAREへの動きです。
      
シェア < 共有>からビジネスを生みだす新戦略

    
     

はーい、長くなりました。

今日はここまでとしますね。

続きはまた明日。

(in 大阪)

今 読んでいる本 「SHARE」

あとちょっと。

シェア < 共有>からビジネスを生みだす新戦略

読み終わったら、次の人へSHARE。

【bookわらしべ】 SHAREが広がる

本を通して広がるコミュニケーション
「bookわらしべ」

先日「眼の誕生」という本の
マインドマップを公開しました。

「眼の誕生」を「そこにシワがあるから」と
交換してくださったのは今岡さま

普段はお読みにならないジャンルのように思えたので、
の読後感をお聞きしたいな、と思っていましたら、
ご自身のブログで感想を公開されていました。

「そこにシワがあるから」という本

「自分にとって自発的にはまず読まないし
目に留まらないであろうジャンルの本です。
しかしこうして縁あって貴重な発見ができました」
(引用させていただきました)

という一文に、ものすごくうれしくなりました。

普段読まないジャンルの本との出会いは、
ブレークスルーにつながりますから。

技術士というご自身の職業と絡めた読み方は
Beltaの読み方とはまた違って、
とても興味深いものです。

私設の学習会で発表されたパワーポイント資料は、
「なるほど。そういう読み方もあるんだ」と。

視点が違う読み方が、こうもおもしろいとは。

さて、今岡さまもbookわらしべとして、
「そこにシワがあるから」を交換されるそうです。

Beltaの手元にある「眼の誕生」も
旅に出ます。

今岡さまと「そこにシワがあるから」
Beltaと「眼の誕生」を
お手持ちの本と交換しませんか。

まとめますね。

・今岡さまの読後感
「そこにシワがあるから」という本
技術士としての視点からの読み解き

・Beltaの読後感
【bookわらしべ】究極のアイロンがけ
Belta的「アイロンの癒し効果」考
NLPerとしての視点からの感想

・最近のbookわらしべ

(クリックすると拡大します)

本の交換「bookわらしべ」については、
こちらをご覧ください。

本の種類は問いません。
ビジネス書でもSFでも、児童文学でも
Beltaにお勧めと思われる本ならば。

お近くの方なら手渡しで。
遠方の方は、お互いに送料負担になりますが、
メール便、またはレターパック350でお願いいたします。

お問い合わせ先:info@belta.jp若林眞弓

<Beltaから一言>

bookわらしべに似た「SHARE」に参加しました。
詳細は後ほどお知らせいたしますね。


コンサルタント養成講座(大阪/阿倍野市民学習センター)
1月15日から3月12日まで 毎週土曜日 19:15~

大人の塗り絵はアーティスティックにワークショップ(大阪)
1月9日(日)です。
バレンタインデー用にマカロンを描きます。
バレンタインデーとマカロン、あまり関係ないかしら(笑)

◆ ハッピーカラーフレグランス作りワークショップ(島根/揖屋)
1/13 アンネイさまでフレグランス作りのワークショップをします。

カラーセラピーとカラーの力を助けてくれるフレグランス作り。
10ccのフレグランスを作って(レシピ付き)お持ち帰りいただきます。
過去のワークショップの様子はこちら

「ハッピーカラーでフレグランス」の講師養成講座
次回は3月を予定しています。
ご自分でワークショップが開けるようになる講座です。

【bookわらしべ】眼の誕生

もう10年くらい前のことでしょうか。

NHKTVでバージェス頁岩の化石の特集を見たのは。

3種類の別々の生き物だと思われていたのが、
アノマロカリスというカンブリア紀を代表する生き物
だったこと。

どちらが上か下かも判別できないハルキゲニア、
脊椎動物の祖先だといわれるピカイア、
わくわくしながら見ていました。

ちょうど「ワンダフルライフ」という本が世に出て、
注目を集めていた時期だったと思います。

以来、バージェス頁岩の生き物たちは、
とても気になる存在となりました。

そして、今回、bookわらしべとして、
手元に来てくれたのが「眼の誕生」
今岡さまが交換してくださいました。

カンブリア紀の進化の大爆発を、
「眼」という視点で読み解いています。

(クリックすると拡大します)

とても簡単にまとめると、

テーマは、カンブリア紀の動物門すべてが、
一斉に硬い殻を獲得したのはなぜか?

答えは「眼」を獲得した生き物が登場したから。

後は、

伏せておきましょう(笑)

次に読まれる方のお楽しみに。

科学者が書いた本らしく、
緻密で論理的な組み立ての本です。

科学ミステリーの趣があり、
大変おもしろく読みました。

生き物の進化、適応はものすごく興味のある分野です。

今を生きているヒトもその流れの中にいるだけ。
ただ、ヒトの寿命と地球、生き物の時間は大きく違うため、
ピンとこないでしょう。

生き物の生存をめぐるトライ&エラーと、
結果として獲得した能力や方法は、
膨大な知恵の集束だと思います。

人の知恵が及ばないくらい。

色、視覚についても詳しく書かれていますので、
興味のある方にはそういった点でも役に立つ本です。

さて、

「眼の誕生」

ご興味のある方、いらっしゃいませんか?

どなたかお手持ちの本と交換してくださいませ。

本はどんな本でもOKです。
(アダルトはやめてね(笑)ブログに載せにくい)

「これ、Beltaが読んだら、どんな感想を書くかしら?」

という理由でもOKです。

『進化』に興味はなくても大丈夫。

本は出会いです。
出会いがしらを楽しみましょう。
Beltaもそうしています。

お近くの方の方は手渡しで、
遠くの方は、郵便のレターパック350で、
本を交換しましょ。

まずは、info@belta.jpまで
メールでお問い合わせくださいね。

※ご了解ください。
眼の誕生は、新刊書ではありません。
若干のすれ、傷があります。
またラインマーカーが引いてあるところがあります。

ラインマーカーは、
前の持ち主の今岡さまが引かれたもので、
読書の手助けになります。

bookわらしべは、本を安く手に入れる手段ではなく、
本を通して広がるコミュニケーションを楽しむものです。

手元の本が傷んでいるから、
という心配はご無用、安心ください。

本を通して出会い広がるコミュニケーション。
bookわらしべについて、くわしくはこちらをご覧ください。

<今岡さまのブログ>
風に立つライオン

<Beltaから一言>

bookわらしべと同じことを考えた方がいらっしゃるようです。
詳細、後ほどお知らせいたしますね。

楽天

眼の誕生

眼の誕生

価格:2,310円(税込、送料別)

【本】 眼の誕生

bookわらしべで交換していただいた
「眼の誕生」
読み終えました。

いや~、
おもしろ~い。

生き物が、「眼」を持つようになったのはいつ頃か。
眼を持つことで、地球に何が起こったか。

そして、眼を持つ引き金となったのは?

近々マインドマップを書きますので、
もうしばらくお待ちくださいね!

(in 松江)

【本】 bookわらしべ 本が交換されました!

本から広がるコミュニケーション
bookわらしべ

そこにシワがあるから

を交換いただきました。

交換してくださったのは、今岡裕作さま。
新たに出会った本は、

「眼の誕生」

色を扱うものにとって、
「眼」は大きなテーマです。

わくわくわくわくわく。

これから外出しますので、
詳細は後ほどお知らせいたしますね。

(in 大阪)


11月にはハッピーカラーでフレグランス講座をする予定です。
香りと色、楽しむワークショップを開けるようお手伝いをしますね。


塗り絵の下絵とメイキングをおわけします。


【10月】
10月15日(金)18日(月)センセーショントリコロールセラピスト養成講座(島根/松江)
10月23日(土)1day TA講座(島根/松江)
10月24日(日)イベント フォーチュンクローバー(島根/出雲)
10月29日(金)平日ゆっくり学ぶイメージコンサルティング(島根/松江)
10月30日(土)ランチ交流会(島根/出雲)
10月31日(日)パーソナルカラー講座(島根/浜田)

オススメアイロン

先ほどの記事bookわらしべ
そこにシワがあるから エクストリーム・アイロニング奮闘記」に関連して。

エクストリーム・アイロニングとは、
究極のアイロンがけ。

山頂やアウトドア、
はたまた海中でアイロンがけをするスポーツです。

アイロンをかける真似事ではなく、
アイロン、アイロン台、
発電機まで山へ持ち込み、
本当にアイロンをかけるのです。

となると、当然の如くアイロン、アイロン台にも
こだわりがあります。

著者がアイロンを求める際のチェックポイントは3つ。

1.グリップの太さ
著者は太めが好きだそう。

2.スチーム量
スチーム量の多いものがシワが伸ばしやすいし、
スチームに乗って漂う洗濯石けんの香りが好き。

3.見た目
無骨で男気溢れたアイロン

この3つを満たすのは、これ。

モーフィリチャーズのスチームアイロン「コンフィグリップ」です。
著者の理想とする愛機だそう。

確かに男性っぽい。

他にも、パナソニックから贈られた
コードレスアイロンも使っていらっしゃるようです。

また、エクストリーム・アイロニングの仲間たちには、
ティファールのアイロンが人気だといいます。


これかな?
本の中では機種まで書いてなく、想像です。
ティファールは種類が多いため、特定できなくて。

それから、アイロン台に求める要素は2つ。
1.脚の強度
力がかかるので脚が強いものがよい。

2.小さく折りたためること
山頂まで持ち運ぶわけだから、小さくて軽い方がいい。

著者のオススメは、無印良品のアイロン台。
脚の強度はそれほどでもないけれど、
コンパクトにたためるという点で評価が高い。

スチールメッシュアイロン台・スタンド式/高さ14段切替47ー77cm


アイロン台は、アウトドアでは格好のテーブルになるそうです。
なるほど~。

著者の願いがかなって
いつの日かスポーツ店の店頭に
アイロンとアイロン台が並ぶ日がくると楽しいな。

おまけ。
Belta愛用のアイロンです。


「そこにシワがあるから」を読みたい方、
「Beltaに読ませたい」本をお持ちの方、
本の交換 bookわらしべにご参加くださいませ。

本の交換「bookわらしべ」については、
こちらをご覧ください。

本の種類は問いません。
ビジネス書でもSFでも、児童文学でも
Beltaにお勧めと思われる本ならば。

お近くの方なら手渡しで。
遠方の方は、お互いに送料負担になりますが、
メール便、またはゆうメールでお願いいたします。

お問い合わせ先:info@belta.jp若林眞弓

本の交換「bookわらしべ」については、
こちらをご覧ください。
これまでの本の変遷はこちら↓
bookわらしべ 1~8 (2010年1月~8月)

楽天

そこにシワがあるから

そこにシワがあるから

価格:1,470円(税込、送料別)

(in 大阪)


「大人の塗り絵はアーティスティックに」ワークショップ
7月25日(松江)、8月1日(大阪)8月22日(日)松江(終了)
ワークショップのようすです。

募集中です。
9月5日(日)松江9月18日(土)大阪

平日ゆっくり学ぶイメージコンサルティング(島根/松江)
8月20日(金)14:00~17:00(終了) セミナーのようすです。
次回は9月24日です。

◆ イベント参加します。姫コラソン(大阪)
9月11日です。

セラピストのためのNLP講座のお知らせ(島根/松江・大阪)
大阪 9月20日(月・祝)
松江 9月26日(日)

◆ カラー・アソシエイツのイベント
秋に開催予定です。

◆ 水辺のレストランで異業種交流会
10月30日(土)ランチ交流会 京彩厨房 なが田(出雲市大津町)
12月4日(土) 水辺のレストランで異業種交流会 松江
です。

セミナー、ワークショップ用にドレープの貸し出しをします。

ピンク4色です。

MOS試験講座 募集中です(大阪)
9月15日から毎週水曜日 全8回

bookわらしべ8 Belta的「アイロンの癒し効果」考

先ほどの記事bookわらしべ
そこにシワがあるから」に関連して。


アイロンかけ、お好きですか?

家事全般、非常にニガテとするBeltaですが、
アイロンかけはちょっぴり好き。

去年、ドイツ製の無骨な重いアイロンを買ったくらい。

シワシワデザインの服を着ていることも多いのですが、
アイロンをかけるという行為は好きなのです。

すっきりとシワがなくなり、
服が生き返る感じがなんとも。

と思っていたら、

「そこにシワがあるから」の
著者の松澤等氏は、
アイロンかけに「癒し効果」があると。

やさしい洗濯石けんの香りに包まれた
爽快感と達成感がアイロンにはあり、
屋外でやることでさらに高まるのだそう。

この行を読んだとき、ハッと思うことがありました。

アイロンかけが他の家事と違う点です。

洗濯、掃除、食器洗いなどの家事は、
言わば「片付け」の仕事です。

事が終わった後を復帰させる仕事ですね。

対してアイロンかけは、
これから使う服を仕上げるという
前向きの仕事です。

そして、石けんの香り、シワが伸びていくさま、
蒸気の音、つまり五感に訴える作業です。

しかも、その服を着ている自分を想像することは、
イメージトレーニングにもなっています。

つまり!

アイロンかけは、
五感に訴える非常に前向きな仕事であり、
他の「片付け系」の家事とは大きく異なるのです。

だから、「癒し効果」が大きい。

ましてや苦しい登山の後、
山頂の空の中でやるとなると、
著者の言うところの「究極の癒し」でしょう。

Belta説ですけどね(笑)

などと考えてみました。

どうかな?

初めて出会ったエクストリーム・アイロニング。

アウトドアやスポーツとアイロンという
初めて出会う組み合わせから、
発想がムクムクわき上がります。

まだまだアイロニングについて語れそう(笑)

新しい出会い、刺激をあなたもいかがでしょうか?

「そこにシワがあるから」を読みたい方、
「Beltaに読ませたい」本をお持ちの方、
本の交換 bookわらしべにご参加くださいませ。

本の交換「bookわらしべ」については、
こちらをご覧ください。

本の種類は問いません。
ビジネス書でもSFでも、児童文学でも
Beltaにお勧めと思われる本ならば。

お近くの方なら手渡しで。
遠方の方は、お互いに送料負担になりますが、
メール便、またはゆうメールでお願いいたします。

お問い合わせ先:info@belta.jp若林眞弓

これまでの本の変遷はこちら↓
bookわらしべ 1~8 (2010年1月~8月)

楽天

そこにシワがあるから

そこにシワがあるから

価格:1,470円(税込、送料別)

(in 大阪)


「大人の塗り絵はアーティスティックに」ワークショップ
7月25日(松江)、8月1日(大阪)8月22日(日)松江(終了)
ワークショップのようすです。

募集中です。
9月5日(日)松江9月18日(土)大阪

平日ゆっくり学ぶイメージコンサルティング(島根/松江)
8月20日(金)14:00~17:00(終了) セミナーのようすです。
次回は9月24日です。

◆ イベント参加します。姫コラソン(大阪)
9月11日です。

セラピストのためのNLP講座のお知らせ(島根/松江・大阪)
大阪 9月20日(月・祝)
松江 9月26日(日)

◆ カラー・アソシエイツのイベント
秋に開催予定です。

◆ 水辺のレストランで異業種交流会
10月30日(土)ランチ交流会 京彩厨房 なが田(出雲市大津町)
12月4日(土) 水辺のレストランで異業種交流会 松江
です。

セミナー、ワークショップ用にドレープの貸し出しをします。

ピンク4色です。

MOS試験講座 募集中です(大阪)
9月15日から毎週水曜日 全8回

bookわらしべ8 そこにシワがあるから

本を交換する「本のわらしべ長者」
通称「bookわらしべ」をしています。

はとさまからいただいた「きらきらひかる」(江國香織著)を
さよよんが「そこにシワがあるから」(松澤等著)と
交換してくださいました。

以下はもう一つのブログ
Beltaの大人の効果的な学習方法」より転載です。

ここから—

「Beltaの感想が聞きたくて」

友人のさよよんさんから渡されたのは、

「そこにシワがあるから」
 エクストリーム・アイロニング奮闘記

シワ?
妙齢のBeltaとしてはびくっとします(笑)

エクストリーム・アイロニングとは、
究極のアイロンがけ。

山頂やアウトドア、
はたまた海中でアイロンがけをするスポーツです。

Wikipediaさまからお借りしました)

Beltaはまったく知らなかったのですが、
2000年頃イギリスから始まり、
いまや世界的に広がりつつあるところみたい。

一発芸的なお遊びやおふざけではなく、
アイロニスト(アイロンがけをする人)は、
極めて真剣。

苦労して山頂に登った達成感に加え、
しわしわのシャツにアイロンですっきり伸ばされ
得られる満足感は、さらに高いステージのものだといいます。

彼らはその満足感を得るために、
かさばるアイロン台と重いアイロンと、
さらに重い発電機まで持っていくのです。

そう、自然の中で本当にアイロンがけをするのです。
(水中は別。スタイルだけです)

というのも、本気のアイロニスト達は、
家事としてのアイロンがけも大好きで、
日常的にアイロンをかけている人達です。

だから、
山頂でも、アクロバティックな姿勢でも、
「アイロンをかける」ことにこだわるのです。

そして、道具であるアイロンも、
手に馴染み、男性が持つにふさわしいデザインで、
スチーム量が多いものをと。

この真剣さと、遊び心がいいなぁ。

真剣なんだけど、ちょっぴりユーモラス。
まさに大人の遊びです。

雑誌「男の隠れ家」に取り上げられたのも、
よくわかります。

そういえば、Beltaも学生時代、
飲んだビールの樽缶を使って、
末次公園で缶蹴り大会をしてたっけ。

女の子も男の子も参加して、
大盛況でした。

大人は真剣に遊びたいんだろうな。

この本は著者がエクストリーム・アイロニングに
出会うまでのことと、出会ってから今に至るまでが、
豊富な写真で紹介されています。

さまざまな場所でのアイロニングや新技開発は、
真剣なだけに、ちょっと笑えます。

けど、
それこそが遊び、人の面白さではないかしら。

そんな大人の遊び心を思い出させてくれる本でした。

【関連サイト】
エクストリーム・アイロニングジャパン(EIJ)
エクストリーム・アイロニングの総本山
男の隠れ家 エクストリーム・アイロニング
著者 松澤等氏のブログ

> さよよんさま
楽しい時間をありがとうございました。

「そこにシワがあるから」は
また旅に出ます。

どなたか、お手持ちの本と交換してくださいませ。

本の交換「bookわらしべ」については、
こちらをご覧ください。
これまでの本の変遷はこちら↓
bookわらしべ 1~8 (2010年1月~8月)

本の種類は問いません。
ビジネス書でもSFでも、児童文学でも
Beltaにお勧めと思われる本ならば。

お近くの方なら手渡しで。
遠方の方は、お互いに送料負担になりますが、
メール便、またはゆうメールでお願いいたします。

お問い合わせ先:info@belta.jp若林眞弓

楽天

そこにシワがあるから

そこにシワがあるから

価格:1,470円(税込、送料別)

(in 大阪)


「大人の塗り絵はアーティスティックに」ワークショップ
7月25日(松江)、8月1日(大阪)8月22日(日)松江(終了)
 ワークショップのようすです。

募集中です。
9月5日(日)松江9月18日(土)大阪

平日ゆっくり学ぶイメージコンサルティング(島根/松江)
8月20日(金)14:00~17:00(終了) セミナーのようすです。
次回は9月24日です。

◆ イベント参加します。姫コラソン(大阪)
9月11日です。

セラピストのためのNLP講座のお知らせ(島根/松江・大阪)
大阪 9月20日(月・祝)
松江 9月26日(日)

◆ カラー・アソシエイツのイベント
秋に開催予定です。

◆ 水辺のレストランで異業種交流会
10月30日(土)ランチ交流会 京彩厨房 なが田(出雲市大津町)
12月4日(土) 水辺のレストランで異業種交流会 松江
です。

セミナー、ワークショップ用にドレープの貸し出しをします。

ピンク4色です。

MOS試験講座 募集中です(大阪)
9月15日から毎週水曜日 全8回

bookわらしべ「きらきらひかる」

友人のはとさまが、
bookわらしべとして、
動物力」と交換してくださったのは、
江國香織氏の「きらきらひかる」

今日、移動のバスの中で読む予定です。

楽しみ♪

はとさま、
交換ありがとうございます。

(in 松江)

bookわらしべ6 「動物力」読み終えました。

子どものころから、
人間以外の生き物と暮らしてきました。

猫、犬、金魚、ジュウシマツ、紅雀、
カブトムシ、モンシロチョウの幼虫、
鈴虫、コオロギ、かめ、ウサギ…

今は松江でかわいい黒猫さん♪
元気いっぱい。

最近は、ペット用のフードの質がよくなり、
どの動物も長生きするようになったと言われます。

犬も猫もだいたい13歳が平均寿命のようです。

ですが、
時々とても長生きの子たちがいます。

Belta家にいたシャム猫のジュリーさんもそう。
17歳と8ヶ月。
親戚の家のみーにゃは21歳。

動物病院でも最高齢でした。

猫に長く元気で生きてもらうには、
コツがあると思っています。

それは、
「いいこ、いいこ。大好きだよ」と
毎日言ってなでること。

そうすると、猫さんは元気で、
ゴキゲンがよく、やっちゃいけないことは、
最小限にします。と思っています。

と思っていたら、

獣医師の永田高司氏も

「可愛がってもらっている動物が
必ずしも長生きするとは限らないが、
長生きしている動物は、
べたべたに甘やかされている」

と著書「動物力」でおっしゃっていました。

やっぱり。

「動物力」

副題は
「犬のフリ見て我がフリ治せ!」
豊かな生き方、死に方を動物たちに学ぼう!

昨日、bookわらしべで交換していただいた本です。

動物の医療を通して、人の医療との関わりを
ユニークな視点で書いており、
とても興味深い内容でした。

中でとても印象に残ったのが
前出に関係する「心とは何か?」

飼い主との関係、同居の動物との関係が、
生き物の健康に大きな影響を及ぼすそうです。

そして、ストレス。

ストレスそのものが問題ではなく、
解決方法がないときが、
ストレスだそう。

これは納得です。

「解決できないからストレスだ」と言われそうですが、
ストレスフルな状況でも、何かしらの救いがあれば、
健康に影響は少ないのです。

そう言われて、
思い出したのが、親戚のおじさん。

ガンで長い入院生活を送っていましたが、
あるとき、遠く離れた友だちが大挙して
遊びに来たのです。

10年以上ぶりに会う面々です。
ちなみにおじさんは、その仲間の親分格。

友だち(おじさんばかりです)は、
昔のように悩みを相談していました。

その時のおじさんの元気な顔と言ったら。

しばらくとても元気でした。

やがていつもの生活に戻ると…

この様子を見て、
病気の治療には、病院より生き甲斐ではないか、
と思ったものです。

「動物力」は、
人も動物であることの気づき、
医療との付き合い方などを考えさせてくれました。

明日の記事にしようと読み始めたら、
そのまま一気に読んじゃいました。

>Loveさま
本を交換してくださってありがとうございます。
感謝。

本を通して出会い広がるコミュニケーション。
bookわらしべ

「たった400字で説得できる文章術」と
交換していただいた「動物力」はまた旅に出ます。

どなたかお手持ちの本と交換してくださいませ。

本の種類は問いません。
ビジネス書でもSFでも、児童文学でも
Beltaにお勧めと思われる本ならば。

お近くの方なら手渡しで。
遠方の方は、お互いに送料負担になりますが、
メール便、またはゆうメールでお願いいたします。

お問い合わせ先:info@belta.jp若林眞弓

これまでの「bookわらしべ」

「動物力」

「たった400字で説得できる文章術」

「失敗学事件簿」

「第七官界彷徨」

「『仕事ごころ』にスイッチを」

「人間の土地」

【関連記事】
機能をデザインするのであって、機能に従ってデザインするのではない。


◆ 【大人の塗り絵】はアーティスティックに!ワークショップ (大阪)おかげさまで満席となりました。
5月9日(日)14:00~16:00
大阪なんば事務所 1,000円

◆ センセーション カラーセラピスト養成講座(松江・大阪)
松江 5月15日(土)16日(日)
大阪 6月4日(金)5日(土)

◆ 水辺のレストランで異業種交流会(島根/松江)
6月19日(土) 19:00~21:00
レストランリバービュー
会費3,500円

◆ カラーイベント「カラー・サーカス」
6月26日(土)11:00~16:00
木のふれあい遊館

bookわらしべ5 「たった400字で説得できる文章術」読了です!

bookわらしべで、Eさまに交換いただいた
たった400字で説得できる文章術
読了しました。


この本は、樋口裕一氏の著作。

樋口氏と言えば、小論文、ですね。

この本もタイトル通り、
小論文的文章の書き方をご紹介されています。

スタートは、「説得力」とはなんぞや?から。

説得力は「確かに○○だ、しかし△△だ」
と反論することでアップします。

この形を踏まえた上で、
3つの文章構成の「型」を使うことで、
説得できる文章になるのです。

では、その型の使い方とは?注意点は?
と内容が深まっていきます。

マインドマップにしてみました。

(クリックすると拡大します)

マップを描きながら、改めて感じたことは、
「一貫性、整合性」の大切さ。

「確かに○○、しかし△△」と
途中に逆接が入るのが説得のパターンだとすると、
ここに整合性がないと、全てが崩れてしまうことになります。

読者を説得させるには、
具体例や面白いエピソードで楽しんでいただきながらも、
一貫した大きな流れから逸らさないこと、です。

特に最初に結論を述べる場合、
途中でずれてしまうと、最後は整合性があるとしても、
文章全体の信憑性まで薄くなります。

当たり前のことですが、
これ、案外できてないように思います。

原因は、Belta普段の思考習慣にありそうです。

一つは、
一貫して結論まで考える「思考」をせず、
思い浮かんだままに任せていることが、
往々にしてあるようです。

もう一つは、
根拠や理由が不足しているにも関わらず、
早々に結論を出してしまう傾向。

その対策として氏は、
日常から3WHAT、3W、1Hで考えてみることを勧めています。

それは…

マインドマップの右上、
電球マークのところにありますから、
見てくださいね!

自分の文章を見直す良いきっかけとなりました。

今後、このブログの文章どう変わるかしら?
たぶん、ちょっとよくなるはず(笑)

<Beltaから一言>

文章を教えることを生業としている方の文章は、
「一貫性」「整合性」があり、
マインドマップの練習にはぴったり。

読書マップが苦手という方、
お試しくださいませ。
—————————————-

本を通して、出会い、広がるコミュニケーション。

本のわらしべ長者」(通称 bookわらしべ)

読了です。
400ji

「たった400字で説得できる文章術」はまた旅に出ます。

どなたか、読みたい方、
お手持ちの本と交換してくださいませ。

本の種類は問いません。
ビジネス書でもSFでも、児童文学でも
Beltaにお勧めと思われる本ならば。

お近くの方なら手渡しで。
遠方の方は、お互いに送料負担になりますが、
メール便、またはゆうメールでお願いいたします。

お問い合わせ先:info@belta.jp若林眞弓

これまでの「bookわらしべ」

「400字で説得できる文章術」

「失敗学事件簿」

「第七官界彷徨」

「『仕事ごころ』にスイッチを」

「人間の土地」

ずいぶん、変化しましたね。

楽天

(in 大阪)

そろそろ「失敗」の学び方を考える時なのかも? 「失敗学事件簿」読了です。

本から広がる 出会い コミュニケーション。
本の交換「bookわらしべ」で交換していただいた
「失敗学事件簿」読了しました。

少し前に読了し、もう一つのブログ
「Beltaの大人の効果的な学習方法」
記事にしていますが、
こちらのブログにも掲載しますね。

ここからです。

今朝のニュース

「のぞみギアケース破損、
9年前の類似トラブル生かされず」

なるほど…

bookわらしべで交換していたいだ
畑村洋太郎氏の「失敗学事件簿」読了しました。

畑村氏は、失敗学の提唱者。

過去に起きた(多くの場合人間が起こした)
失敗の原因を探り、今後に活かそうと
研究をされてらっしゃいます。

この本では、JRの脱線事故や、
スペースシャトルの事故を取り上げ、
失敗を引き起こすメカニズムを探っています。

Beltaが思うに、
「失敗」には2種類あります。

1つは、次へつながるデータになる失敗。

もう1つは、次へつながるデータになるけれど、
犠牲が多きすぎる失敗。起こしたくない失敗です。

本で紹介されている大惨事の多くは、
いわば、やっちゃいけない失敗です。

この2つはお互いに関係があり、
前者の失敗を活かすことができないと、
後者の失敗につながります。

この2つの関係を言い表すのに
「ハインリッヒの法則」というのがあります。

1つの重大事故の影に
29のかすり傷程度の失敗があり、
300のひやりハッとがある。

下位層の部分がポイントで、
ここの「失敗」は失敗ではなく、
データとして扱うべき、とBeltaは思うのです。

が、ここに問題が一つ。

・失敗は隠れたがる
・失敗は変わりやすい
・失敗は単純化しやすい

という性質を失敗は持っているのです。

これはそのまま、人の心。

失敗を認めたくない、
すぐにリカバリーしたい、
単純に考え、心の平安を取り戻したい。

この気持ちが、
「失敗」を「失敗」として「失敗」で
終わらせてしまっている原因ではないかと思うのです。

では、どうするか?

ここから先はBeltaの考えです。

「失敗の学び方」のような学問ができ、
子どものころから「失敗」に対する意識を
変えるという方法があると良いのではないかと。

幼少期から、
「失敗したら怒られる」環境にいると、
失敗を隠しがちな大人になりそう。

それより、
「出来事からどう学ぶか」という
学び方をトレーニングする環境にいれば。

子どもの頃、
テストの点数が悪くてひどく怒られました。

そこで小さなBeltaちゃんが考えたことは、
低い点数のテストは隠してしまえ、
でした。

結果、もっと勉強がわからなくなり、
さらに点数は下がりました。

しばらくして、大量のテストが発見され、
こっぴどく怒られたとき、
大きな矛盾を感じたことを覚えています。

「失敗学事件簿」はこれで2度目。

本を交換してくださった
オフィスアイオライトさま

新しい気づきのチャンスをありがとうございました。

本を通して、出会い、広がるコミュニケーション。

本のわらしべ長者」(通称 bookわらしべ)

読了です。

どなたかお手持ちの本と交換してくださいませんか?

本は何でもOKです。(あ、アダルト系はちょっと…)
既に読んでいる本も大歓迎

お近くの方は手渡しで、
遠くの方はゆうメールで。

お問い合わせは、info@belta.jp
Belta@若林眞弓まで、お気軽に。

本を通して、出会い、広がるコミュニケーション

これまでのbookわらしべ。

人間の土地
  ↓
仕事ごころにスイッチを
  ↓
第七官界彷徨
  ↓
失敗学事件簿

(in 大阪)



◆誰でも描けるマインドマップ講座(島根/松江)
3月21日(日)13:00~17:00

◆  ヒーリングイベント フォーチュンクローバー(島根/出雲)
3月22日(月) パラオ 入場無料
個人セッションご希望の方は有料です。

【2010年4月】
◆ 実践!セラピストのコミュニケーションのための心理学セミナー(大阪)
4月24日(土) 10:00~17:00
カラーアソシエイツ認定講座です

◆ 4月のセンセーション カラーセラピスト養成講座(大阪)
4月17日(土)10:00~17:00
4月18日(日)10:00~17:00
なんば事務所(お申し込みの際、地図をお知らせいたします)

少し先のイベントです。

◆ 水辺のレストランで異業種交流会(島根/松江)
6月19日(土) 19:00~ レストランリバービュー

◆カラーイベント カラー・サーカス in 松江(島根/松江)
6月26日(土) 11:00~16:00 木のふれあい遊館

bookわらしべ3 「第七官界彷徨」読了。どなたか交換してくださ~い。

昨日手元に届いたのは、

「第七官界彷徨」 尾崎翠著

第七官界彷徨

bookわらしべで「仕事ごころにスイッチを!」と
交換していただきました。

早速バスの中で読了です
(松江まで4時間半、楽しい時間でした)

尾崎翠氏

お名前はどこかで聞いたのでしょう、覚えはありますが、
読むのは初めて。

1920~1930年代のごく短い期間に活躍した後、
表舞台から姿を消し、
近年になって再評価が進んでいます。

この作品は、Amazonによると
「尾崎翠再発見の契機となった傑作」だそう。

まず、冒頭がすごい。

「よほど遠い過去のこと、秋から冬にかけての短い期間を、
私は、変な家族の一員としてすごした。
そしてそのあいだに私はひとつの恋をしたようである」

うわぁ、引き込まれる。

物語は、
主に4人の登場人物によって織りなされます。

人間の第七官(感)にひびくような詩を書きたいと
願う赤毛でちぢれ毛の町子。

分裂心理病院の医者の兄、
蘚の恋愛を研究している兄、
音楽の予備校生の従兄弟。

彼らの日常が町子の目で描かれています。

この世界がなんとも不思議な感覚を引き起こすのです。

町子が言う「第七官」は第六感を越えたもので、
町子自身も「これから定義を考える」そうだけど。

見事に物語全体から、
第七官的な香りが漂ってきます。

Beltaのイメージでは、
文字で表現したコラージュ。

コミック・オペラをBGMに、白紙にどんどん切り紙を貼って、
コラージュができてくる様を文学にしたらこんな感じ?

五感や第六感ではない世界。
Beltaにもそんな感覚があるのは発見でした。

本を交換してくださった方は、
東京のmi-tyoこと阿部満世(あべみちよ)さま。

日々の仕事の傍ら、
演劇ユニットグループ「61勝負」を
主宰されていらっしゃるそうです。

ブログ「Beltaの大人の効果的な学習方法」をご覧になって
「元気をもらえる」とおっしゃってくださいました。

mi-tyoさんは、
Beltaが一時暮らしていた街にお住まいで、
その街の有名な鯛焼きが好きという共通点を発見!

うれしいな。

(以上、ご本人さまの許可をいただき、掲載しています)

> mi-tyoさま
素敵な本をありがとうございます。

ご紹介いただかなければ、
出会うことがなかった作品です。

眠っていた感性を揺り動かされました。
感謝。

(in 松江)
—————————————————–

「第七官界彷徨」はまた旅に出ます。

どなたか、読みたい方、
お手持ちの本と交換してくださいませ。

本の種類は問いません。
ビジネス書でもSFでも、児童文学でも
Beltaにお勧めと思われる本ならば。

お近くの方なら手渡しで。
遠方の方は、お互いに送料負担になりますが、
メール便、またはゆうメールでお願いいたします。

お問い合わせ先:info@belta.jp若林眞弓

本を通して、出会い、広がるコミュニケーション。

本のわらしべ長者」(通称 bookわらしべ)

イメージ図です。
本のわらしべ長者計画 イメージ図

——————————-
これまでのbookわらしべ

「第七官界彷徨」
     ↑
仕事ごころにスイッチを!
     ↑
人間の土地

楽天

bookわらしべ2 「仕事ごころにスイッチを!」読了。どなたか交換してくださ~い。

先日から始めた本の交換、
題して「本のわらしべ長者計画

本を通して生まれるコミュニケーション、
気づき、発見、出会い、刺激をシェアするのが目的です。

1冊目の本「人間の土地」を
交換してくださったのはRyutaKさま。

本は「仕事ごころにスイッチを!」(小阪裕司著)です。
手元に届いた「仕事ごころにスイッチを!」

初めて読む小阪裕司氏の著作にワクワクしていたら、

なんと、

小阪氏は「人間の土地」がお気に入りなのだそう。

そして、一節が引用されているのです!

サン=テグジュペリの僚友ギヨメの生還の時の言葉が。

RyutaKさまがおっしゃるには、
全くの偶然、シンクロニシティだそう。

びっくりです。
つながっていたんですね。

さて、その「仕事ごころにスイッチを!」は、
すばらしいチームを作るための3原則と5つの実践方法が
紹介されています。

Beltaは、チームに限らず、
個人の生活や子どもとの関係にも、
大いに有効だと感じました。

結果を出すには、
プロセス、準備、土壌作りがあってのこと、
というのが一番の収穫です。

それをせずに、結果を出すことを要求するのは、
乾いてやせた土に種を蒔き、水も肥料も与えずに、
大きな花を咲かせろ、と言っているようなものです。

すぐにも実践したいことがあり、
マインドマップを作りました。

「仕事ごころ」にスイッチを!
(松江にはスキャナがなくて、写真撮影しました。映りが悪くてごめんなさい)

> RyutaKさま
ありがとうございます!

この「仕事ごころにスイッチを!」は
また旅に出ます。

どなたか、読みたい方、
お手持ちの本と交換してくださいませ。

本の種類は問いません。
ビジネス書でもSFでも、児童文学でも
Beltaにお勧めと思われる本ならば。
(Beltaは何でも読みます)

お近くの方なら手渡しで。
遠方の方は、お互いに送料負担になりますが、
メール便、またはゆうメールでお願いいたします。

お問い合わせ先:
info@belta.jp

1冊の本から広がるコミュニケーション
本のわらしべ長者計画「bookわらしべ」
イメージ図です。

本のわらしべ長者計画 イメージ図

「人間の土地」→「『仕事ごころ』にスイッチを!」→?

「『仕事ごころ』にスイッチを!」が、
次は誰にどんなヒントをプレゼントするのか、
Beltaがどんな本と出会うのか。

楽しみです。



【本のわらしべ長者計画:関連記事】


「本のわらしべ長者計画」を考えています

【bookわらしべ】 スタートはこの本から。
bookわらしべ1 「人間の土地」→「『仕事心』にスイッチを!」
bookわらしべ1 「仕事ごころにスイッチを!」読了。

◆1月から2月の予定です◆

お正月にぴったり!ハッピーカラーのストラップ(→)
輝き

1月16日 コンサルタント養成講座報告会(島根/出雲)

1月20日~ 知って得する ビジネスに役立つパソコン豆知識(大阪)

1月23日 実践 セラピストのコミュニケーションのための心理学講座(大阪)

1月30日 山陰シェア会(島根/松江)

1月の松江でのセッション可能日はこちらをご覧ください。
年の初めに、カラーセラピーを。1月のセッション日(島根/松江)


2月6日(土)7日(日) センセーション カラーセラピスト養成講座

今回予定が合わなくても、ご希望の日に調整することができます。
お気軽にお問い合わせください。

2月11日 関西シェア会(大阪)

2月20日 さあ「私の仕事」を始めよう♪ワークショップ 今すぐの人も、もう少し先の人も。(大阪)

1月2月は関西での活動が多くなります。
セッション可能日は松江に比べると多いので、
気軽に声をかけてくださいね!

◆少し先の予定です◆
3月6日(土) カラーイベント 「カラー・サーカス」(島根/浜田)
3月22日(祝) ヒーリングイベント「フォーチュンクローバー」(島根/出雲)

6月19日(土) 水辺のレストランで異業種交流会(島根/松江)
6月26日(土) カラーイベント 「カラー・サーカス」(島根/松江)

7月10日(土) カラーイベント 「カラー・サーカス」(大阪)
水辺のレストランで異業種交流会(大阪)