誰でも描けるマインドマップ講座でした(神戸)

さきほど帰ってきました。
これからブログのアップとその他もろもろに取りかかります。

昨日は神戸でマインドマップ講座でした。兵庫県公館 正面

久し振りの神戸。

JR元町駅から、兵庫県公館を通っていきました。
冬枯れの中、シクラメンがきれい。

マインドマップでみなさんが難しく感じる点は、
ブランチに何を乗せるか、です。

「手が止まってしまう」と言われる方がいらっしゃいます。

手が止まれば止まったでOKなんですけどね。兵庫県公館 横面 奧に見えるのが兵庫県庁
永遠に書き続けねばならない、わけではないですから。

ただ、「何かありそうなのに、出てこない」ときは、
ひっぱり出してみましょう。

ひっぱり出す切り口としては、

例えば、今年の夢をマインドマップにするなら、シクラメンが鮮やか

1.具体的にする
「旅行にいきたい」なら、
どこへ、誰と、いつ、何を持って、何をしに(見に、聞きに、食べに)何を着て、など。

2.それが達成できたらどんな気分?
うれしい、楽しい、自信を感じる、大きくなった気がする、
世界とつながった感じがするなど。
絵を入れて。

3.夢がかなったら、何が起きるのか?
収入アップ、友達が増える、食事会をする、
旅行にいく、プレゼントができる、など。板書

ただ、注意しないといけないのは、
マインドマップはツールであること。

本当の目的は、発想や記憶や実行のハズ。

マインドマップをきれいに書くことに集中するのではなくて、
本当の目的に集中することが大切なんです。

ちなみに、昨年拝見したマインドマップで、お菓子もたくさん
「一番スゴイ」と思ったのは、ある企業の経営者の方のマップです。

はっきり言って、ぐちゃぐちゃ系(笑)
矢印でブランチをつなげたり、
赤で思いっきり強調していましたから。

おそらく、マインドマップを見慣れてない方には、
「これがいいの?」と言われるような。

けれど、一冊の本から、
自分がやるべきことを発見されたすばらしいマップでした。

写真撮らせていただくことを忘れたのが、
かえすがえすも残念。

話を戻します。
今回の神戸での講座は、Office Beltaを発見くださったMさまが、
「神戸でマインドマップの講座を開いて欲しい」
とお声を掛けてくださったところから始まりました。

>Mさま
ありがとうございます。

そこで、みなさま。
「こんなのして欲しい」があれば、
お声をかけてみてください。

Office BeltaでできることはOffice Beltaで、
Office Beltaではできないことは、
その道の専門家をご紹介いたします。

かつてご紹介したことがあるのは、
手品の先生、FP、デザイナー、プログラマなどなど。

【追記】2010/01/13
参加くださったきぬちゃんが、
講座の様子をブログでご紹介くださいました。
マインドマップ講座
>きぬちゃん
ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です