【NLP】都合の尋ね方

カラーリストでNLPerのBeltaこと若林眞弓のブログです。
パーソナルカラー、カラーセラピー、NLPのことを書いています。

塗り絵、色鉛筆、イラストについては、
Beltaの色鉛筆ギャラリーをご覧ください。


今週末、友人を誘って美術館に行きたい。

そういうとき、あなたはどんな誘い方をしますか?

逆に、誘われる側としては、
どんな誘い方をされると困るかしら?
 
  
  

よくこんな誘い方をされませんか?

「今度の土日、空いてる?」

個人的には、ちょっと答え方に困る誘われ方なんですよね。

「空いている」と答えたら、
もし、お誘いの内容が望ましくないものだった場合、
「用があるから」と言って断りにくくなるわけで。

ちょっと外堀を埋めらる感じで、
身構えてしまうのは私だけでしょうか?

では「空いてない」と答えた場合、
もし、お誘いが魅力的な場合、
いまさら「それなら行きたい」というわけにもいかず。

空いているかどうか答える前に
「ご用は何?」と聞くのもはばかられるようで。

きつい言い方をすれば、

「空いてる?」は

相手を困らせる上に、追い詰めていく
ちょっとずるい問いかけではないかと。

なので、

人に都合を聞く場合、

用件と日時をセットにしてお尋ねることにしています。

「この土日、もし他に用がなければ、一緒に美術館に行かない?」

または、

「美術館に誘いたいんだけど、この土日の都合はいかが?」

と言うわけです。

これで、相手はOKもNOも言いやすくなりますよね。

どうかな?

山田ズーニーさんの本。
読んでみようかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です