靴に悩んでいる人へ

昨日、松江のお洋服屋さん
「宇宙のたまご」さんで、
足型を取っていただきました。

たまごさんは、シューフィッター。

勉強してみて通常履いていた靴のサイズと、
本当のサイズがずいぶん違っていたことに驚かれたそうです。

「そういう方、多いんですよ」とおっしゃっていたので、
ぜひとも自分のサイズを確かめたくて。

通常、Beltaは24センチ、デザインによっては23.5センチ、
幅はEEかEEEを選んでいます。
さて、本当のところはどうなのかしら?

足の測定は、この台の上に乗ります。

まっすぐに立ち、視線もまっすぐ。

ちょっとくすぐったい(笑)

プロのツールも登場。

足の長さ、甲の高さ、甲の周りなど、測っていただきました。

Beltaの足は、
右足が24センチ、左足が23.8センチ。
土踏まずもあるし、トラブルの少ない足だとほめていただきました。
ありがとうございます。

気になる靴のサイズは24センチ、幅はEと
教えていただきました。

「靴のサイズ合っていますよ。
ご自分で思っているほど、幅は広くないですね」

ただ、お母さん指(人差し指)が親指より長いので、
靴を選ぶ際、人差し指のゆとりを確かめると良いそうです。

そう、お母さん指が長いんですよね。
おかげでオープントゥの靴は履けません(笑)
(人差し指が、ニョキッと飛び出るので)

こういう足は、少し尖ったデザインで、
指先にゆとりがある靴が履きやすいそうです。

なるほど、了解しました!

この後、いろいろと靴について教えていただきました。

足が痛いのは、靴が小さすぎるせいだと思い、
大きいサイズを選ぶと余計に痛くなるとか、
靴はかかとで履くとか。

フィットした靴より、ゆとりのある靴が好きな方が多く、
逆にトラブルを招くそう。

正確なことは、宇宙のたまごさんでお尋ねくださいね。
気軽に足を測定してくださいますから。

足はとっても大切。
会社員時代、合わない靴を履いて、
気分が悪くなった経験があります。

足が痛いのではなく、お腹や頭まで気持ち悪くなったのです。
慌てて、机の下で靴を脱いだのですが、
外出先だったら大変なことでした。

以来、靴には凄く気を遣うようになりました。

ですが、

「その靴、少しストラップを
締めさせてもらってもいいですか?」
とたまごさん。

どうやら、少し緩すぎたようです。

おっしゃる通り、締めていただくと、
あら、靴が軽い!

靴がフィットすると、軽さも違うのですね。

わかっているつもりが、一番アブナイのかも。
専門家に見ていただく大切さを実感!でした。

ありがとうございます。

宇宙のたまごさんでは、
痛い靴の調製もしてくださいます。
他店で購入された靴でもOKです。

<宇宙のたまごさんデータ>
〒690-0058
島根県松江市田和山町123−2

今井書店さんの向かい。
音符のマークが目印です。

余談ですが、
今年は、小村先生に洋服のサイズを、
宇宙のたまごさんに靴のサイズを測っていただきました。

なんかすごい。うれしいな。

サイズは、全部モレスキンスタイルジャーナルに記入、管理です。

(in 松江)


◆ 自分に似合う色を知りたい方へ、お知らせ(大阪&松江)
イベントで簡易診断いたします。

大阪 11月12日(土)10:00~18:00

松江 11月20日(日)21日(月)11:00~16:00
ご予約が確実です。
info@belta.jpOffice Belta若林まで、
メールでお尋ねください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です