錯視 乗り物酔いをする人はちょっと注意してね。

色を見るのは、目。

とうことで、色の世界では目の構造や仕組み、
見え方もしっかり学びます。

ところで、目って、不思議なもので、
実際のものとは違って見える
「錯覚」「錯視」現象をおこします。

ハーマングリッド現象、エーレンシュタイン効果、ネオンカラー現象などなど。
色の勉強をされた方は、よくご存じですよね。

その錯視を研究されている方が、
立命館大学の北岡明佳教授です。

教授のサイトには、その錯視がこれでもか!というほどあります。
北岡明佳の錯視のページ

動かないはずの絵が、動いて見えたり、
同じ長さのはずなのに、違う長さに見えたり。

錯視の世界を楽しんでみてください。

ただし、ちょっとクラクラしますので、
乗り物酔いをしやすい人は、注意が必要かもしれません。

でも、楽しいですよ。
見てみてくださいね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です