色の検定いろいろ

久し振りに検定試験を見直しました。
ずいぶん増えましたね。

[老舗]
A・F・T 色彩検定
http://www.aft.or.jp/index.htm

東京商工会議所 カラーコーディネーター検定
http://www.kentei.org/color/

色彩士検定
http://www.colormaster.org/

[新進]
トーコル
http://www.tocol.net/

[パーソナルカラー関係]
パーソナル検定
http://www.personal-colorist.org/

色彩技能パーソナル検定
http://www.p-color.jp/f-kentei.html

[その他]
色彩福祉検定
http://www.color-welfare.or.jp/

カラーデザイン検定
http://icd-color.com/exam/gaiyou.html

フラワーカラー検定
http://www.syumi-kentei.com/002/hana/post_44.html

ファッション色彩能力検定試験
http://www.fashion-edu.jp/cl/cl.html

一つの業界でこれだけたくさんの「私的」試験があるのは、
やや異常なことに思えます。

「カラー」が今注目されているからなのでしょう。

ですが、

カラーに興味がある人が「乗せられやすい」体質なのではと
心配しています。

「みんなが取得しているなら遅れてはいけない」
「差別化するなら、これも取得した方がいのではないか」
「合格すれば、自信になるのではないか」
「カラーを仕事にするなら、試験に合格しないと」

そんな気持ちに乗じて、
検定ビジネスがどんどん盛んになっていくように思います。

どの検定も基本は民間試験、
検定対策講座、受験料など、
お金を儲けるのための試験です。

色の仕事は検定など取得しなくても可能です。

いえ、検定を取得しただけでは難しい、というのが正解でしょう。

実行、実践、自分で勉強、あるのみ!です。

この乱立ぶりは、
カラーの仕事をしたいと思う人の気持ちに
乗っかっただけではないかしら。
(皮肉屋Beltaです)

検定は、ご自身が必要と思われるのでしたら、
名刺に書けるものを1つで十分です。

あれもこれもと迷わないで。

「勉強になるから」と思うかもしれませんが、
はっきり言って、かけた時間とお金に値するほど
「すごく勉強になる」試験はないと思います。

試験にお金と時間をかけるのではなく、
仕事にしていくための具体的な準備にお金をかけましょう。

と言いつつ、
「でも、受験したい!」とおっしゃる方向けにデータを集めてしまいます。



(in 大阪)


「大人の塗り絵はアーティスティックに」ワークショップ
7月25日(松江)、8月1日(大阪)共に楽しく終了!
次回は8月22日(日)松江(満席)

募集中です。
9月5日(日)松江9月18日(土)大阪

平日ゆっくり学ぶイメージコンサルティング(島根/松江)
8月20日(金)14:00~17:00
満席となりました。ありがとうございます。

◆ イベント参加します。姫コラソン(大阪)
9月11日です。

◆ カラー・アソシエイツのイベント
秋に開催予定です。

◆ 水辺のレストランで異業種交流会
10月30日(土)ランチ交流会 京彩厨房 なが田(出雲市大津町)
12月4日(土) 水辺のレストランで異業種交流会 松江
です。

◆ セミナー、ワークショップ用にドレープの貸し出しをします。

ピンク4色です。

◆ MOS試験講座 募集中です(大阪)
9月15日から毎週水曜日 全8回

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です