塗り絵にお勧めな色鉛筆 その1 トンボ色辞典

ご質問をいただきました。

「ぬりえにぴったりの色鉛筆を教えて」

了解です!

と言っても、Beltaもあらゆる色鉛筆を試したわけではないので、
今使っているものをご紹介しますね。

複数あるので、今日から1つずつ。

まずは、これ。
<トンボの色辞典>

株式会社水田 楽天市場店

ヴィヴィッドカラーのチェリー(サクランボ色の赤)から、
ライトグレイッシュの水晶色(くすんだ青緑)、
ディープトーンの土龍色(もぐらいろ・グレー)など、
名前もステキなニュアンスのある色がそろっています。

その色の説明カードが付属していますので、
色に対するイメージも、とってもわきやすいんです。

芯は少し硬めですが、なめらかな書き心地だと思います。

第1集から第3集まであり、
それぞれ30本ずつのセットです。

全部集めると90色、となります。

まずは、第1集があればいいと思います。
基本的な色がそろいますから。

大きい文具屋さんや画材屋さんでしたら、
1本ずつ買うことができます。
補充ができると安心して使えますよね。

楽天でも単色購入ができるお店を見つけました。
画材ショップ カワチ
トンボ色辞典単色 第一集の1

全9集、そろっています。

以前書いた記事も参考にしてくださいね。
カラーリスト必見!トンボ鉛筆のサイト

トンボ鉛筆のサイトはとても面白いので、
ぜひ、訪ねてみてください。
色辞典の色や名前も紹介されています。

明日は、あこがれだったベロール カリスマカラーをご紹介します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です