何に「向き合う」?

この数年、メディアその他でよく耳にする「向き合う」という言葉。

正直いうとすっご~い違和感を感じています。

何かというと「向き合う」「向き合う」

「向き合う」と言えば、「懸命に取り組んでいる」証拠のような感じで。

そしていつも疑問に思うのは、向き合う対象は「何」?

例えば、恋人との関係がなんとなくぎくしゃくしたとき。

向き合うのは「何?」

恋人?

恋人の言うことに耳を傾け、真剣に聴く?

それに対して、誠意を持って答える?

本当にそれで関係が良くなるのかしら?

もしかすると、ますますこじれるかも?

こじれかけている人との会話というのは、

修復したくって、自分が欲しい答を求めがちだから。

または何かを答えさせようとすることもありそう。

自分が納得できるまで、会話を繰り返すことになったりしたら、

対立は深まるばかり。

この場合の向き合うは、きっとこうですよね。

2016_08_25_01

けど、

これは「対立」チック。

Beltaが考える「向き合う」はこう。
2016_08_25_02

関係がぎくしゃくしたのなら、向き合うべき相手は恋人ではなく、

二人の「関係」

それに対して二人で同じ方向で向きあう。

なのではないかと。

どうかしら?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です