NLP 「僕は何をすればいい?」

最近はカラーの話題が中心になっておりますが、
BeltaはNLPer。

もう10年以上のキャリアがあります。

というわけで、久しぶりにNLPの話題です。

テーマは男女の違い。

最近、2人の男性から同じ言葉を言われました。

「僕は何をすればいい?」

シチュエーションはこうです。

BeltaのPCの調子が悪くて困っていて、
「もう、すぐりシャットダウンするから仕事にならない!」と
愚痴を言ってたら、

スタッフの英一くんが、

「僕は何をすればいい?」って。

もう一つは、
たまたまお話ししていた男性の友人。

ちょうど、仕事関係の電話が複数あり、
少しパニック気味になっていたら、

「僕は何をすればいい?」

   

もし、女性の友人だったら、どうでしょうね?

おそらくは、

「たいへんねぇ」

ではないかと思うのです。


男性は、「解決策」を提示しようとする傾向が強く、
女性は、「共感」を表現しようとする傾向が強い、

といわれますが、まさにその通りの状況ですよね。

そして、もう一つ気づいたことは、

「何をすればいい?」の言葉です。

男性が解決策を提示する場合、よくあるのは、

「○○すればいいよ」

という言い方です。

自分の解決策に自信がないときは、

「○○したら?」

それが、この2人は自分は「何をすべき」かをきいてますよね。

解決策が思い浮かばなかったか、
Beltaの状況にびっくりしたか、

それとも、Beltaにとって一番良いものを探そうとしたのか。

どれが正しいかは推測することしかできませんが。

ただ、

「○○すればいいよ」

と言われるより、

「僕は何をすればいい?」

と言われる方が、Beltaとしてはずっとうれしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です