【カラーセラピー】 生きた色の意味の勉強法

パーソナルカラー、カラーセラピー、塗り絵、
カラーリスト&NLPerのBeltaです。

さて、ご質問をいただきました。

「来年からカラーセラピーの仕事をしたいと思っています。
どんな本を読んだらいいですか?」

センセーション

カラーに関する本はたくさん出版されています。
その中で読むべき本というのは、
おそらく、ティーチャーの方がご紹介くださると思います。

Beltaがお勧めするのは「カラー」関係以外の本です。

様々な本の中に色彩に関する記述がでてきます。
それらを読むことで、
カラーが持つ意味、一般の人がカラーから受けるイメージを
知ることができるのです。

例えば、ゴレンジャー(古い・笑)だって

赤レンジャー…正義感が強い。熱血漢。目立つ。ヒーロー。肉体派。

青レンジャー…ニヒル。冷静。理系、知的。やや細身。頭脳系。

黄レンジャー…食欲旺盛。陽気。明るい。楽しい。あまり深く考えない。

ミドレンジャー…目立たない。普通。やさしい。穏やか。中立的。

モモレンジャー…女性。かわいい。やさしい。甘い。

これはあまりにも典型的過ぎますが(笑)

他にもなぜ、ガンダムの色は、白、青、赤、黄色なのでしょう?

では、エヴァンゲリオンはどうしてこの色に?

そんなことを考えると色の学びは深くなります。

アニメ、特撮ものの例でちょっと恥ずかしいのですが(笑)
こういうものでも良い例になるということで。

小説でも映画でも良いので、
「色」に着目して観てみてください。

いっぱい発見があると思いますよ!

そうやって「自分」で考えたもの、自分で見つけたものは、
生きた「例」となり、勉強になるうえに、人に説明するときにも役立ちます。

お試しくださいね!

オリジナルのカラーセラピーも作れます。
代表色10色100枚のカラーセラピーカード


パーソナルカラー、カラーセラピー、カラー教材、カラーツールの専門店、
カラーショップ Belta

楽天 カラーショップBeltaのロゴ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です