黄色の朝顔

<お願い>
レンタルサーバーの障害により、

2015年6月9日(火) 13:50  から
2015年6月10日(水) 08:29 まででの期間中にいただいたメールは、
受信できておりません。

その期間に

メールをくださった方、
メールフォームからお問い合わせくださった方、

メールが受信できておりません。

お手数ですが、
再度お送りくださいませ。


アサガオは黄色の色素を持っておらず、
黄色のアサガオは幻と呼ばれています。

2014年10月、
サントリーグローバルイノベーションセンター株式会社が生み出した
黄色のアサガオ「右近」

クリーム色ではありますが、ほのかに黄色を感じる花色です。

でも、江戸時代には、もっと鮮やかな黄色のアサガオが存在していたようです。
伝えられている図譜には鮮やかな黄色いアサガオが記録されているのです。

あのアサガオは、本当に存在していたのでしょうか?
もし、存在していたとしたら、どうして途絶えてしまったのでしょうか?

そんなギモンをミステリーにしたのが東野圭吾の「夢幻花」です。
(Instagram のお友だちに教えていただきました)
夢幻花

あと一ヶ月で入谷の朝顔市。
ミステリーを読んでから朝顔市を訪れてみるのも良いですね。

—-
6月21日(日)の大阪での色鉛筆講座は、
朝顔を塗ります。

あさがお
花色の作り方、花びらの塗り方、葉の緑の作り方など、
ちょっとマニアックなテクニックもご紹介します。

初めての方、描いているけれど思うように描けない、
そんな方にもぴったりです。

6月21日(日)
13:30~16:30 大阪市立こども文化センター
http://www.ko-bun.jp/access.html
参加費 5,000円(下絵、レシピ付き)

基礎講座は7人限定。
その後の作品作りは朝顔を仕上げます。
(朝顔だけのご参加もOKです。その場合14:40~ 3,000円です)

詳細は【6月】 大人のアート塗り絵 in大阪 のお知らせをご覧ください。

残席3となりました。
お早めにお知らせくださいね。

(in 東京)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です