豊かさについて。島根の豊かさ。

先日のまつえ市民大学の記念講座は、
映画監督の錦織良成監督の講演でした。

錦織監督は、島根を舞台に映画を撮っていらっしゃいます。

監督は、

「『豊かさ』と『便利』は違う」

島根の豊かさをもっと島根県の人自信を持って欲しい」

そして、

「『島根には、何も無い』なんて勘違い。
自分たちでそんなことを言わないで欲しい」

とおっしゃっていました。

まったくBeltaも同意見です。

島根県全土を知っているわけではないですし、
過疎地出身ですから「便利」のありがたさも
よく知っています。

Beltaが直接触れたことがあるわずかな経験から
考えたことではありますが。

この10年、松江と大阪、東京と3つの街で
暮らしてきました。

大阪も東京も本当に便利です。
電車もバスも、「時刻表」なんてあまり気にせず
お出かけができます。

島根は1時間に1本、2時間に1本、
3時間に1本なんてところも珍しくありませんから。

お年寄りが病院に行くのも1日がかり。

そういう大きな不便がある反面、

お店に並ぶ生鮮食品の素晴らしいことといったら。

お魚も野菜も新鮮で、安いのです。

産地がすぐそこ、ですものね。

そしてお水もいい。
水道水がおいしいのです。

もちろん空気もきれい。

材料が良い上に、
「商売、商売」とがつがつしてないせいなのか、
飲食店のお料理も本当に美味しいのです。

大都市に負けません。

しかも「待たず」に入れます。

この最高においしいコーヒーも待たずにいただけます。
2015_02_15_hattori_01_s

だから、島根が「豊かだ」と言い切るのは
乱暴なことだとは思いますが、
島根にはそういう一面がある、ということも
知って欲しいなぁと。

交通、医療、文化、アートなど、
大都市ほどの多様性がないのは確かです。

ですが、とってもすてきなものもいっぱいあるんですよね。

錦織良成監督の作品

(in 松江)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です