冬の彩り 椿 その1

椿の花、お好きですか?

正直、Beltaは良さがわかりませんでした。

でも、周囲の影響もあり気になってきたので、
椿に関することを調べてみました。

椿は古くから神がやどる霊木とされ、
宮中や宗教行事にも使われてきた花。

というわけで、椿に関するものをいろいろご紹介します。

■ 小説
「椿姫」
アレクサンダー・デュマ・フィスが描いた物語。
主人公の高級娼婦マルグリットは、
椿をいつも身につけていました。

高級娼婦と誠実な青年の恋の物語は、
バレエ、オペラになり、
その後、多くのバリエーションを生みました。



■ 市の花

市の花として椿を指定している市がたくさんあります。

山陰は「つばきのふるさと」と言われるほどの自生地の多い地域だそう
(Wikipedia)
江戸期松江藩がおかれてから品種改良が盛んになり、
松平不昧は各地から椿を集められました。

お茶席の花として椿は欠かせませんからね。

松江市の花も椿です。

その他、陶芸、化粧品にも椿は重要なアイテム。
続きはまた後日。
お楽しみに♪

【参考文献】

(in 大阪)


パーソナルカラー、カラーセラピー、カラー教材、カラーツールの専門店、
カラーショップ Beltaではカラーグッズを取りそろえています。
のぞいてみてくださいね!
楽天 カラーショップBeltaのロゴ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です