わかれば安心、スーツのオーダー#1 お値段について

昨日は夜遅くの帰宅になってしまったので、
アップできませんでした。
遅ればせながら、今からアップです。

一昨日
「山陰の男性をカッコ良くする会」の一環として、
オーダースーツのお店を訪問させていただきました。

お店は、From40(ふろむふぉーてぃー)さま。

松江市古志原の閑静な住宅地の中にあります。

オーナーの和田紀幸さんに
メンズスーツについていろいろお話しをお伺いしました。

(左が和田さん、右がマインドディレクションアイオライトさん。撮影:Belta)
和田さんは、お客さまとお話しをするのも、
お話しを聴くのも大好きだそうで、
おいしいコーヒーでおもてなしくださいました。

知っているようで知らないこと、
知ってびっくり、役立つ情報など
たくさん教えていただきましたので、
一部ですがシェアしますね。

まずは、スーツで一番大切なこと。
それは、体にぴったりとサイズが合っていることだそう。

「サイズがぴったりならば、
つるしのものでもOKですよ」と和田さん。

これはBeltaの個人的な感覚ですが、
からだにぴったり合うスーツって
なかなか出会えないように思います。
(Belta家の男性も既製服が合わなくてオーダーしています)

そして、気になるお値段について。

スーツのお値段の「差」がわかると、
選ぶときの基準にもなりますよね。

お値段の「差」を生むものの
1つは生地だそうです。

品質の良いウールの生地は、
やはりそれなりのお値段がします。

品質の良さとは、
パッと見ではよくわからないらしいのですが、
長年着用すると差が出てくるそう。

品質のよくないものは、
クリーニングですぐにへたったり、
テカテカしたり。

もっとひどくなると縫製もしづらいそうです。

では、品質をどうやって見分けるか、というと
生地の耳を見ればいいそう。

生地の耳に、ブランド名やメーカー名が入っているものは、
一定レベル以上の生地だといいます。

この耳は、裁断の際布目を合わせるのに使うそう。

お値段の「差」を生むもののもう一つはディテール。

こちらもぱっと見ではわからないそうですが、
芯やデザインなどで差が生まれます。

襟に自然なふくらみを持たせるハ刺しや
袖の本切羽は当然お値段に反映します。

午後のファッションチェックの会で、

「高かったけど、良いスーツは10年着ることができた。
けど、安いスーツは1年ちょっとでへたった。
一時の金額は安かったが、結果的には高くついた」

というシェアもありました。

何に価値基準を置くかは、その人次第ですが、
判断のための情報の一つにはなると思います。

というわけで、
まずは「値段の差」について、でした。

スーツについては、これから少しずつアップしていきます。
手入れについてや、オーダー方法など、お役に立ちますよ!

「そんなの待てないわ」と思われたら、From40へ。
きさくにスーツのこと、
教えてくださいますから。

<From40 情報>
〒690-0012 松江市古志原7-16-8
古志原小学校南裏、香南団地集会所近く
TEL 0852-61-0222/090-4579-0436
定休日 金曜日
駐車場3台あり

ホームページ

【参考】
御幸毛織 スタッフブログ
服部 晋の「仕立屋日記」

(in 松江)


7月22日のアンネイ =An・nei=さんでのイベントでは、
塗り絵と色鉛筆をご用意します。

お茶をいただきながら、塗り絵をする「塗り絵カフェ」
楽しいですよ!

ヒプノと塗り絵とカラーセラピーの楽しいイベント(島根/松江)
7月22日(日)10:00~17:00 アンネイ

米子の創美館さんも来てくださいます。


Office Beltaの仕事 #1 仕事のテーマ
Office Beltaの仕事 #2 資格講座(カラーセラピー)
Office Beltaの仕事 #3 個人セッション ビジネス相談について
Office Beltaの仕事 #4 資格講座(塗り絵)

◆ セミナー、セッションについてのお問い合わせは、
★お問い合わせ★までお気軽に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です