蓬莱荘でお食事をしました

「一度、行ってごらんなさい」
そう薦められて、友人と、蓬莱荘吉日庵で、お昼をいただきました。

昭和元年に建築された数寄屋旅館「蓬莱荘」。
今は改修され、新しい松江文化(茶・食)の発信基地として、
注目されています。

和のしつらいと京都のアンティークショップとの
コラボレーションが生み出す雰囲気は、
まさに松江の奥座敷。

雨上がりの庭を見ながら、大人のランチタイムを楽しみました。

梅雨を嫌う人も多いようですが、
雨上がりのしっとりとした美しさは、梅雨ならでは。

良い季節にお伺いすることができました。

お庭 雨上がり
雨に洗われた緑が美しいお庭。
右手、わずかに見える建物が、
お蕎麦やさんの「一色庵」

お庭の飛び石
飛び石です。

レトロ
室内は、こんな感じ。
落ち着く照明です。

1日10食限定 豆乳御膳
1日10食限定の豆乳御膳。1,260円
使われているのは、奧出雲のしろうさぎのお豆腐だそうです。

湯葉蒸し、サラダ風、揚げ出し豆腐、卵焼きには厚揚げ入り、豆乳のお吸い物。
大豆の甘みがしっかりと感じられるものばかり。
茶碗蒸しにも豆乳が入っているようで、ふわふわとろ~り。

「緑」の膳
「緑」の御膳。1,575円。
地元のお野菜が中心です。
これはサラダ風。黒い丸は、コロッケ?
中はジャガイモで、外は黒ごま。
りんごのドレッシングがさっぱりとしておいしい。

「緑」の膳
「緑」の御膳のご飯とおみそ汁。
おみそ汁はシジミでした。

「緑」の膳
「緑」の御膳のメインディッシュ?
焼き魚(鮭)、炊き合わせ(飛竜頭、たけのこ、かぼちゃ)
温泉たまご、キュウリの寒天寄せとたこの酢みそ。
しみじみおいしい。

豆乳ソフトクリーム
デザートの豆乳ソフトクリーム。
これも、大豆の甘さが良い感じでした。
黒いのは黒ごま。
器は根来塗り?

お代わりが欲しかった(笑)

蓬莱荘は、敷居が高いというイメージがありましたが、
ランチならしょっちゅうは無理としても、気軽に楽しめそうです。
お店の方も、親しみやすいおもてなしでした。

お庭の緑と、テーブルクロスの緑が共鳴して、
落ち着きと癒しの雰囲気を醸し出しています。

県外からのお客様のおもてなしにぴったり。
松江の良さを感じてもらえる場所ですね。
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です