【装育】 餃子がおいしいのは、中身?皮?それとも?

もう一つのブログにも、mixiにも載せた記事ですが、
こちらにも関連がありますので、転記します。
———————–

質問です。
餃子はお好きですか?

お好きな方、
皮がお好きですか?それとも中身?
それともタレ?

さて、

「装育」という言葉を考えました。

食べることを学ぶ「食育」が大切なら、
装うことを学ぶことだって、大切でしょ。

というコンセプトです。

と言ったら、男性の友人の一人が、
「何を着ても、いいじゃない。
大切なのは、中身でしょ」

はい。中身も大切です。
それはおろそかにはできません。

同じように外側も。

なぜって、
人は外側を通して中身を伺い知るわけですし、
中身が外側ににじみ出してくるものですから。

こんな例はいかがでしょう?

心と体。
心のストレスが体に影響し、
体の状態が心に関係します。

今では当たり前のことが、
ずっと前は別モノと考えられていましたね。

そもそも、心も体もあって、一人の人。
分けることなどできないのです。

ならば、中身と外側だって、一人の人。
中身と外側あって、Beltaができてる。

先日、左腕の痛みが気になって、
ちょっとフキゲンさんだったBelta。

好きな服を着ようという気分も起こらない。
鏡を見ても、うれしくない。

ちょっと周囲に八つ当たり(笑)
ごめんなさい。

当たられた人、
どこかで誰かに八つ当たりを
しなかったからしら?

一人の人は、
心も体も、中身も外側も。
周りもあって、一人の人。

全体と関連が紡ぎ出す作品みたいなもの。

一部だけ取り上げる、
一部が欠け落ちるのは、
なにかおかしい気がします。

餃子は中身と皮を一緒に、
タレとラー油で食べるから、おいしいの。

と、Beltaは思うのです。

【参考図書】
この本の中でも、
パーソナリティとルックス、本当の自分を知ることの大切さが
繰り返し説かれています。

ティム・ガンの
A Guide to Quality, Taste & Style

カラーショップ Belta

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です