色彩検定の思い出

今日は色彩検定の申し込み締め切り日でしたね。
申し込み、されましたでしょうか?

Beltaが色彩検定を受検したのはもう10年以上前。
まだ松江では受験できなくて、米子まで行きました。

そのときは、3級を受験された方はたくさんいらっしゃいましたが、
2級は3人だったか5人だったか。

懐かしい思い出です。

3級と2級を併願し、
結果が出る前に1級に取り組みました。

だって、色の仕事をしたかったから。

1級までさっさと取得してしまおうって思ったのです。

実際は、2次向けの問題集などもなく、
「さっさと」とはいかず、すごく苦労しました。

今より受験情報が少なく、、
神戸で知り合った方の「1級2次は明度だ」という言葉から、
pccsの明度、彩度を覚えることがポイントだとひらめきました。

突破口が見つかってうれしく思ったものです。

おかげでその年の冬試験で1級も合格。

合格したら、すぐにやったのがカラー講座。

そのころはパーソナルカラーの勉強をしていなかったので、
「色彩学」の講座でした。

三原色、色相環、
色の心理的効果、配色の基礎
など3級の内容をベースにしたものです。

チラシの色の読み解きは
とっても好評だったっけ。

実際、こういう講座はカラーを勉強されてない方には
とっても新鮮なようで、「ものを見る目が変わった」と
たくさんの方におっしゃっていただきました。

今、「カラー」というと「パーソナルカラー」を
連想される方が多いようですが、
カラーをもっと広い分野で使って欲しいなあと思います。

今回の色彩検定を受検される中にも、
そういう思いをお持ちの方もたくさんいらっしゃることでしょうね。

色彩検定に合格されて、
カラーの仕事を始められるときには、
カラーセラピー、パーソナルカラー、カラー教材、カラーツールの専門店、
カラーショップ Beltaをぜひご利用くださいね!

カラーショップ Belta
楽天 カラーショップBeltaのロゴ

5月25日01:59まで、ポイント5倍です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です