これ、いいな。「香りのワークブック」

以前にもご紹介しましたね~。

コクヨと資生堂がタイアップして作った

「香りのワークブック」

7つの香りのペーストを使って香水を作ります。

できた香水は、小さなパッケージにして、
お手紙や枕の近くにしのばせることができます。

子どものころから、香水に親しむと、
大人になってから、香水が身近なものになりますよね。

資生堂さんとしては、ありがたい(笑)

そんな大人の事情はさておき、

Beltaも子どものころから香水に興味を持ちました。

子ども用の小さな瓶に入った香水を、
よく買ったものです。

当時は付け方もわからなかったので、
きっと香害をまき散らしていたのではないかと。

香りに興味を持つ年頃になったら、
きちんとした知識を教えてあげたいものですね。

良い本です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です