バラの季節

バラの季節ですね。

東京の拠点の近くの旧古河庭園にバラを見にいきました。
旧古河庭園のバラ
© Belta(WAKABAYASHI Mayumi )

この日はtvクルーも来てました。

「バラ」

色も形も香りも美しいこの花を人間愛してきました。

バラが人類の歴史に登場するのは古代バビロニアの
『ギルガメシュ叙事詩』でそうだから、
紀元前2600年頃にはもう人間との関わりができているんですよね。

古代ギリシア、ローマ時代には、花を愛でるだけでなく、
香油も作れられていました。

このころはまだ、水蒸気蒸留法が発明されていませんから、
植物油か獣脂にお花をつけ込む形で作ったものでしょう。

クレオパトラは、バラをふんだんに浮かべたバラ風呂を愛したそう。

野生のバラをそんなにたくさん採ることは難しいと思いますので、
この時代にはもう栽培されていたのでしょうね。

当時のバラは一重咲きかしら。
どんな香りだったのかしら。

いろいろ思い巡らせると楽しいものです。

この本↓読みたい。

(in 東京)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です