もう一輪の1929年の花

少し話しが逸れますが。

グレース・ケリーが生まれた1929年。

オードリー・ヘプバーン、ジャクリーン・ケネディも同じ年に生まれました

そしてもう一人。

「アンネの日記」で知られるアンネ・フランクも1929年生まれです。

かつてオードリー・ヘプバーンはアンネ・フランク役を打診されたことがあるそうです。

でも彼女はすでに30歳近いので少女役は不向きであること、
アンネが同じ1929年生まれで人ごととは思えないことを理由に断ります。

ファッションアイコンではありませんが、
アンネもまた1929年生まれの花、
何かを背負って生まれてきた人なのでしょう。
   
他の3人に比べて、あまりにも短い人生が切ない。

    
ところで、生前のアンネ・フランクの映像が残っていることをご存知ですか?

かつてTV番組「知ってるつもり」で紹介されたとき、
本当に生きていた女の子だったんだと衝撃を受けました。

youtubeで見つけましたので見てみてください。

09秒あたりから14秒くらいまで。
窓から身を乗り出している少女がアンネです。

(in 松江)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です