【本】 こわーい本 「ゴールデンボーイ」

夏が終わろうとする時期ですが、
ホラー小説のご紹介です。

基本的に、ホラー、幽霊、ゾンビ、スプラッターものは、
大キライ!です。

という前置きをしてから。

ご紹介するのは、スティーブン・キングの
「ゴールデンボーイ」

Beltaがめちゃくちゃ怖い、と思った作品です。

なんだ、スティーブン・キングか、ホラーじゃないか、
と言わないでくださいね。

スティーブン・キングはホラー以外も書いているのです。
「スタンド・バイ・ミー」も「ショーシャンク」もキングですね。

その「スタンド・バイ・ミー」
「刑務所のリタ・ヘイワース(ショーシャンクです)」と同じ
「恐怖の四季」シリーズに収められています。

ちなみに「恐怖」と付いているのは、
スティーブン・キングのイメージから付けただけだと思います。
原題は違います。

「ゴールデンボーイ」は、
とっても優秀で明るい少年トッドの物語。

ガレージで見つけた古い戦争雑誌から、
ナチスに興味を持つようになります。

そして、近所の老人がナチスの戦犯で潜伏中だと気づいてからが、こわい。

事実を隠す代わりに、老人にナチスのやったことを話させるのですが、
トッドも老人も次第に変容していく様子、ものすごくこわい。

最後、トッドは明るく晴れ晴れと。
「きゃーっ!」というくらいこわい。

お化けもゾンビもいないけれど、
人の心のこわさを存分に味わえます。

過ぎゆく夏をこわい話しで涼しくなりたい方。
お勧めです。

(in 大阪)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です