ペリカン スケルトン万年筆 いろいろ

愛用のペリカンの万年筆、
スケルトン、インクを使い切ったので、
ただいま洗浄中。

ペン、洗浄中

モンブランのボルドーを入れていたのですが、
ボルドーを使い切ったので、きれいに洗うことにしました。

実は、スケルトン万年筆、大好き。

持っているのは、ペリスケ(3本)、ラミーサファリスケルトン、
ペリカンマリンブルー、グリーン、スーベレーンM320。

神戸の友人高橋さんがおっしゃるには、
昨年はスケルトン万年筆の当たり年だったそうで、
大手では、アウロラ、ペリカン、ヴィスコンティ、などなど・・・・

確かに人気のようですね。

Beltaがスケルトン好きということで、
高橋さんが詳しく調べてくださいました。

◆ペリカン
ペリカンは、デモンストレーターの老舗ですね。

(1)M200”ペリスケ”系

・1992年~1996年の初代「デモンストレーター200」(通称ペリスケ)。
・2001年にデザインを若干変更したモデルがM200として
限定3000本発売、瞬く間に完売したそうです。

実は上の写真の万年筆は、
その瞬く間に完売した3000本の内の1本です。

完売したかに思われたM200ですが、
フルハルターさんが在庫を持っていらっしゃって、
M250の金ペンに付け替えて販売されたものです。

ペン先はF。
森山さんが、Mを研ぎ出してFにしてくださいました。
あまりにも、書き味がよくて追加購入。

愛用の1本です。

・2003年にダークグリーン/ワインレッド/ダークブルー/ダークグレー 
ダークグリーンは愛用中。

・2004年にアンバー

・2005年に2001年バージョンのM200の金属パーツをシルバーにしたM205を発売し、これも瞬く間に完売。

(2)M600系
・マリーンブルー(2001年)
世界限定2700本、日本入荷数1800本

売り切れですが、目の保養になるペンです。
えへ、1本、持っています。

美しいペンですが、キャップを後ろに差すと、
ちょっとカタカタします。
キャップなしで使うのが好きな方にはおすすめかもしれません。

M600は、Beltaの手には少し大きいかな?

(3)M800系
・グリーン・デモンストレーター 黄色味の入った緑色(1992年発表)
http://page9.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/k42579472

・ブルー・オーシャンン      紺色           (1993年発表)
http://page13.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/r49247908
http://page13.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/r47427616

・M800 ダイダラス・イカルス 薄水色 (2002年発表)
http://members.jcom.home.ne.jp/can-do-now/fullhalter/pelikan_icarus.html
http://page8.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/h55586651

・デモンストレーター       無色 (2008年発表)

中のインクやメカニズムが目で視ることができるので、とても愉しいですね。
それに、ペリカンの万年筆は、パーツ分解、メンテナンス、がし易いです。
ドイツらしいなぁ、と思います。
と高橋さん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です