Archive for 高橋伸一郎さんの絵

松江の色は何色?松江色の万年筆構想。

さきほどアップした岩田雄二さんから頂いた宍道湖の夕陽

日本一の夕陽と言う方もいらっしゃるくらい美しい夕焼けです。

そして、ここにも宍道湖の夕陽に心を寄せる方が。
それは、神戸の万年筆仲間の高橋伸一郎さん。

万年筆にとても詳しい方なのですが、
「美」に対するアンテナも素晴らしくて、
先日も、万年筆で描いた桔梗の絵を送ってくださいました。

一昨年、松江にいらした時にご覧になった宍道湖の夕陽が何とも良くて、
それ以来、オレンジは気になる色になったそう。

Beltaと一緒。オレンジ好き(笑)

それで、いろいろオレンジの万年筆の情報をくださるのですが、
先日、ステキな提案をされたんです。

それは!

松江色の万年筆を作ったら?

というもの。

ステキでしょ?

そして、こんな万年筆&ストーリーを考えられたんです。

松江万年筆倶楽部がオリジナル万年筆を発表!

デザインは、
宍道湖に沈む夕焼けのオレンジ色~朱色の空、
夕日を映す湖面を赤みを注した紺色かグー系のバイカラーの万年筆

名称は、
「Sunset in the Lake-Shinji」

付属品は、
山本漆器店製の漆塗りペンケース
特製ボトルインク「サンセット・パープル」

ワクワクしますよね。
夕陽色のバイカラーの万年筆なんて。

ところで、松江の色って、どんな色なんでしょうね?

松江に住んでいる人は、松江を色に例えると何色だと感じているのかしら?
また、松江以外の人は、何色に感じるのかしら?

Beltaはやっぱり宍道湖の夕陽の色かな。
オレンジが、紫がかったダークネイビーへと移りゆく、そんな感じ。

ほんと!
松江色の万年筆、実現しないかな。
 
 

高橋さんの万年筆の絵 桔梗

美しい絵をご紹介しますね。

桔梗

万年筆で描かれた、桔梗です。

万年筆友だちの神戸の高橋伸一郎さまが、
描いてくださいました。

花の部分は、モンブランのパープル、
差し色としてウォーターマンのフロリダブルー。

葉の深い緑は、モンブランのレーシンググリーンに、
セーラーのグリーン、
セーラーのイエロー・オレンジ、
カランダッシュのアマゾンなどを、
別容器に取り出して混ぜられたそうです。

ペンはパーカーデュオフォールド 黒 センテニアルだそうです。

万年筆で、こんな表現ができるなんて驚きですね。

Beltaは大人になったのか、
最近、紫がちょっと気になっています。

今の気持ちにぴったりの色なので、
ほっと一息。

高橋さま
いつも、お手紙と絵をありがとうございます!
また、飾らせていただきますね。

高橋さんの万年筆の絵

万年筆を通じて知り合った友人、
神戸の高橋伸一郎さんが、
ステキな絵を送ってくださいました。

朔とモンブラン

モデルは、モンブランの
マイスターマイスターシュテュック149に、
神戸のPen and message.(ペン アンド メッセージ・)
オリジナルインク「

朔は、Pen and message.さんのサイトによると
月のない夜(朔)のイメージ。思考用としました。
考えをノートにまとめているとき、邪魔にならない色です。
落ち着いて集中できます。

とありますが、朔のブルーは、まさにその通り。
明るすぎず、かといって闇まではいかず。

陰翳に生きてきた日本人には、
ぴったりの色だと思います。

高橋さま、素敵な絵をありがとうございます。
万年筆で、ここまでの表現ができるんですね。

「朔」にふさわしい絵だと思いました。

また、楽しみにしています。
#送ってくださいと、言わんばかりですね。
あ、ストレートに言っていますね。