映画と帽子

映画に帽子は欠かせない。

というのは大げさかもしれないけれど、
帽子がイメージを決めている映画は数知れず。

真っ先に出てくるのは、
チャールズ・チャップリンかしら。

帽子は山高帽ですね。

それから、「カサブランカ」
ボギーことハンフリー・ボガート。
トレンチコートに中折れ帽。

カサブランカでは、イングリッド・バーグマンの帽子姿もステキ。
ブリムが下にカーブする帽子をカサブランカ・ハットと呼ぶのだとか。
もちろん、この映画に由来します。

そして、オードリー・ヘプバーン。
「マイ・フェア・レディ」の見事な帽子。

「おしゃれ泥棒」のヘルメットのようなジバンシーの帽子もステキ。
あんな帽子が似合う人って、彼女以外に考えられない。

「パリで一緒に」の麦わら帽子もかわいい。

その他、
タイトルがずばり老舗帽子メーカーの「ボルサリーノ」
フランスの2大スター、アラン・ドロンとジャン=ポール・ベルモンド。
カッコ良くないハズがない。

(残念ながら『ボルサリーノ2』だけしか見当たらず)

帽子に注目して映画を観るのも、また楽し♪ですね。

Office Beltaプロデュース帽子好き集まれ!帽子講座(大阪)しまーす!


◆ ヒーリングイベント フォーチュンクローバー(島根/出雲)
3月21日(祝) フレグランス作りのワークショップもします。

◆ センセーション カラーセラピスト&ティーチャー養成講座(島根/松江)
3月15日(火)&3月25日(金)
3月31日(水)&4月6日(水)

◆ 誰でも描けるBelta流マインドマップ講座(島根/松江)
3月27日(日)13:00~17:00 15,000円

Office Beltaプロデュース帽子好き集まれ!帽子講座(大阪)
4月16日(土)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です