講師の必需品!西脇計算センターのフィルムふせん

付箋は、100円均一ではダメ!

Beltaの付箋に対するポリシーです。

安いものは、すぐにはがれてしまいますし、
幅や長さが計算されてないのか、
使いにくいサイズが多いのです。

付箋には、少々うるさいBelta一押しの付箋が、
これ。

フィルムふせん
西脇計算センターのフィルムふせん

「試供品」の文字が気になりますが(笑)
後で説明しますね。

特徴は、フィルムであること。紙ではありません。

だから、薄い(20枚重ねて1ミリです)
薄いおかげで、本に何枚貼っても、かさばらないのです。

そして、

透き通っています。
つまり、貼った紙の文字が透けてちゃんと読めるのです。
これ、すっごく便利!

例えばこれを見てください。
Beltaのセミナーのレジメです。

フィルムふせん こう使う!

セミナー中に言うことをメモしたいのですが、
レジメに直接書いてしまうと、次に使うとき、困りますよね。

そして、紙のふせんでは、下の文字を隠してしまいますが、
これだと、その心配がありません。

しかも、この付箋は、ノリの面がとても広いのです。

65ミリ長さの付箋の50ミリがノリの面。
つまり、しっかりくっつく。

ハラハラと、外れて落ちる心配なし!

実に便利!あっぱれ!と言う感じ。

強いて欠点を上げるなら、
万年筆では書けないこと。
鉛筆、ボールペンは、とても良い書き心地。

この「フィルムふせん」を知ったのは、
もうずいぶん前なのですが、
その使い心地が好きで、たくさんの方に紹介してきました。

みなさんに「良いモノを紹介してくれたね!」と喜ばれています。

というのも、モニターに応募すると、
無料でサンプルを送ってくださるので、
試しに使ってみることができるから。

上の写真は、そのサンプル品なんですね~。

まずは、サンプルでその良さ、一度体験してみてください。

きっと続けて使う気になりますから。
オススメ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です