【マインドマップ】 ブランチに悩むとき

もう一つのブログ
「Beltaの大人の効果的な学習方法」の記事ですが、
こちらにも転載しますね。
    
    
   
先日の大阪市役所のサロン企画
「おかりなさい、はやぶさ」の際、
Beltaが取ったメモです。

鉛筆書きですので、やや不鮮明です。
ごめんなさい。

このメモ、60%くらいが絵です。

講師のお話をそのまま絵にしていきました。

ご覧のとおり、すごく「上手な絵」というわけでもなく、
ごく簡単なものです。

他の人が見てもわからないでしょうね。
けど、Beltaにはとてもよくわかり、
講座の内容をありありと思い出すことができます。

これ、マインドマップの形はとっていません。

ブランチを伸ばしていないのです。

その代わり、テーマごとにかたまりとして、
くくっています(「これがイトカワ」「帰ってきました」など)

講師の方の話し方にもよりますが、
講演等ではマインドマップのブランチを
決めにくいことがあります。

そんなときは、お話を追いながら、絵にしていく方が楽。

この場合、大きな絵を描いちゃうと置いて行かれるので、
小さくて単純な絵をささささっと描きます。

自分がわかればいいので、
上手下手なんか、全然気にせずに。

ところどころ、自分の意見も交えながら。

これ、記憶の想起にも抜群に効果があります。

人のお話を聴くとき、映像が目に浮かぶ
ヴィジュアル思考の方には特にお勧め。
(NLP でいうVAKの”V”ですね)

自分の頭に浮かんだ画像が
そのまま紙の上に再現されるのだから。

マインドマップを描こうとして
ブランチの出し方に悩むとき、
あっさりと、話を追いながらの絵にしてみるのも方法です。

お試しくださいませませ。

(in 大阪)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です