誰でも描ける落書き。マインドマップにも使えるよ!

「マインドマップには、絵(アイコン)を入れましょう!」

それはわかっているのですが、描けません。

とおっしゃる方から、ご要望をいただいたので、
どなたでも描ける落書きの書き方をご紹介します。

落書きは簡単、
それらしい「特徴」だけ描けばOKです。

では、りんごを題材にして、
ご説明しましょう。

リンゴの特徴は、丸くて、上と下が凹んでいること。
これだけを表現すれば、りんごに見えます。

描いてみました。

上と下をちょっとくぼませて、
芯が付いているところにラインを引くと、
これだけで、りんごに見えますね!

もし、上下を凹ませなかったら、

りんごに見えなくもないけれど、
「梨」にも見えますね。

「りんご」を「りんご」らしく描くには、
上下をちょっと凹ませる。

落書きのコツ!
それを「らしく」見せているモノを描く。

これであなたもりんごが描けます。

【関連記事】
マップ講座 その後。ご感想をいただきました。
マインマップを描いて気づいたこと。
マインドマップの目的は「描く」ことではありませ~ん。

(in 大阪)


◆ 誰でも描けるBelta流マップ講座
お問い合わせをいただくことが多いので、
また開催しようかと考えています。

大阪、神戸、島根(松江/出雲)、鳥取(米子)が
Beltaの行動範囲です。

興味のある方、お知らせください。

info@belta.jp(若林)宛メールをくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です