BeltaのColored Pencil Gallery  色鉛筆ギャラリー

色鉛筆専門サイト。色鉛筆画とモレスキンスケッチ。色鉛筆と紙の情報も満載。
Home » colored pencils » Archive by category 'berol&sanford' (Page 2)

プリズマカラー 150色

12月 15th, 2012 Posted in berol&sanford, colored pencils

プリズマカラー、カリスマカラー、
なにかややこしいこの2つのブランド。

今日ご紹介するのは、プリズマカラーの150色セット。

昨年、新しい色が加わり150色になり、
パッケージはあの方で、というウワサを耳にしていました。

どうやら、これのことみたい。

パッケージ、すてきだな。
あとはペンシル自体のデザインもなんとかして欲しい。
ベロールのように。

増えた18色はデコ系が多かったように思います。

と思っていたら、
お客さまが72色のカリスマカラーを購入されたので写真を撮らせていただきました。

カリスマカラーは柔らかく、紙にぺとっと貼り付く感じ。
強い発色をします。
Beltaに色鉛筆の楽しさを教えてくれた色鉛筆。

もう少し消しゴムで消えやすいともっといいなぁ。

応援クリックお願いします。
ものすご~く、励みにしています。

人気ブログランキングに投票する

にほんブログ村 美術ブログ 色鉛筆画へ
にほんブログ村

フェエイスブックページ
http://www.facebook.com/pages/Belta-Mayumi-Wakabayashi/516344098383331

flickr
http://www.flickr.com/photos/blue_belta/

Pinterest
http://pinterest.com/bluebelta/

お高い色鉛筆たち

お高い色鉛筆たち。


画材の色鉛筆はけっこうなお値段です。
中でも高価な色鉛筆がこの3種類。

下から、
ファーバーカステルのポリクロモス(315円)
三菱のペリシア(315円)
カランダッシュのルミナンス6901(525円)

ポリクロモスが高騰したのはここ数年のこと。
以前は、ベロール社のカリスマカラー(現カリスマカラーの前身)の方が高かったのです。

今は逆転したね。

色鉛筆はお値段で選ぶのではなく、自分との相性で。
硬さや発色、どんな絵にしたいかで選びます。

応援クリックお願いします。
ものすご~く、励みにしています。

人気ブログランキングに投票する

にほんブログ村 美術ブログ 色鉛筆画へ
にほんブログ村

Flickrも覗いてみてくださいね。
毎日なにかしらアップしています。
フェイスブックにも絵をアップしています。

楽天ショップでStonehengeを取り扱っています。

色鉛筆の面白さを教えてくれた色鉛筆

11月 22nd, 2012 Posted in berol&sanford, colored pencils

ポリクロモスに何色をプラスするか、
も気になりますが。

これまで使ってきた色鉛筆のブランドは数知れず(笑)

今はポリクロモスをメインに落ち着いていますが、
Beltaを色鉛筆好きにした忘れられない色鉛筆がこちら。

ベロール社の「カリスマカラー」です。

かっこいいでしょ。

とても柔らかい芯で、強い発色をします。

こんな発色をする色鉛筆は初めてで、驚いたものでした。

この色鉛筆で描くと、すごく楽しく、どんどん描きたくなったものでした。

24色セットを持っており、全色集めようと思った矢先、
サンフォードが買収し、
現在はサンフォードのカリスマカラーになりました。

そう、あのカリスマカラーです。

品質は変わらないそうですが、デザインがねぇ。

色鉛筆は芯の硬軟、発色に加えて、デザインも重要。
とBeltaは思うのです。

カリスマカラーは、2年前くらいに
サンフォード ベロール プリズマカラー からカリスマカラーに名称変更。
パッケージも変わりました。

どういう事情からでしょうね。

買うならこれがいいな。
旧パッケージで、アメリカ限定の132色。

応援クリックお願いします。
ものすご~く、励みにしています。

人気ブログランキングに投票する

にほんブログ村 美術ブログ 色鉛筆画へ
にほんブログ村

Flickrも覗いてみてくださいね。
毎日なにかしらアップしています。
フェイスブックにも絵をアップしています。

楽天ショップでStonehengeを取り扱っています。

色鉛筆8ブランドの赤の比較

手持ちブランドの赤を比較してみました。

comparison_03

ポリクロモス、ホルベイン、カリスマカラー、ルミナンス6901、
ダーウェント アーチスト、ペリシア、ヴァン・ゴッホ。

色名は、スカーレットやポピーレッドなどさまざまですが、
一般的に「赤」と呼ばれる色です。

名前は同じでも、色はずいぶん違います。
ダーウェント アーチストのスカーレットは、ほとんどオレンジですね。

このうち、色辞典だけは文房具屋さんでも買えます。

応援クリックお願いします。
ものすご~く、励みにしています。

人気ブログランキングに投票する

にほんブログ村 美術ブログ 色鉛筆画へ
にほんブログ村

Flickrも覗いてみてくださいね。
絵をスライドショーで見ることができます。

見本、下絵、塗り方テキスト付きです。

ワークショップに参加したことがなくても、
塗り方テキストを見ながら塗れば、
簡単に美しい作品に。

(in 大阪)

【スケッチ】 雲州堂のランチ 軟質色鉛筆のおもしろさ

8月 19th, 2012 Posted in berol&sanford, brown, color, colored pencils, model, other foods Tags:

11月の異業種交流会の下見をかねて
いただいた雲州堂のランチ。

ささっとスケッチです。

普段のBeltaの描き方とはずいぶん違いますね。
かなりラフ、まさにスケッチ。

このスケッチ、ブルーとグリーン系はポリクロモスですが、
それ以外は全部、ホルベインとカリスマカラーで描いています。

紙は微妙に粗いオリオン シリウス。

この紙にはポリクロモスがやや乗りにくいのですが、
カリスマカラー、ホルベインとの相性はばっちり。

とてもきれいに発色する上、伸びがよく、描いていて楽しくなります。

画面ではわかりにくいのですが、
皿の影がとてもきれいです。

使ったのはカリスマカラーウォームグレー70%。
とても強く発色するので、普段の絵にはほとんど使いません。
それが、とてもきれい。

何を描くか、どう描きたいのか、どういう結果が欲しいのか、
それから描き手の筆圧によって、使う色鉛筆を選ぶといいのでしょうね。

雲州堂のやや暗い照明と使い込んだ木のテーブルを
ざっくり描くには、カリスマカラーはぴったりでした。

もし、Beltaがこういう絵ばかりを描きたいなら、
カリスマカラーを充実させるといいのでしょうね。
応援クリックお願いします。
ものすご~く、励みにしています。

人気ブログランキングに投票する

にほんブログ村 美術ブログ 色鉛筆画へ
にほんブログ村

Flickrも覗いてみてくださいね。
毎日なにかしらアップしています。
フェイスブックにも絵をアップしています。

楽天ショップでStonehengeを取り扱っています。

カリスマカラーに新色が出るみたい。

11月 6th, 2011 Posted in berol&sanford, colored pencils

net上のウワサによると、
カリスマカラーに新色が出るみたい。

廃盤になっていたデコ系とネオンカラーとその他合わせて18色。

これで、合計150色(アメリカでは132色だから)

ホルベインアーチストと同じ数になりますね。

これもウワサによると(ウワサではなく本当のお話しです)
150色のケースの絵は、Ester Roi。

たぶん、昨年のCPSAのexhibitionで賞を取った人。

日本とアメリカではパッケージが違うから、
日本での発売はないかもしれないですね。

応援クリックお願いします。
ものすご~く、励みにしています。

人気ブログランキングに投票する

Flickrも覗いてみてくださいね。
このブログに載せていない絵もたくさんあります。

turquoise ターコイズ系の比較

あじさいを描きながら気が付きました。
なぜか似た色をたくさんもっていることに。
気持ちが惹かれて同じ色を集めてしまうのでしょうね。

今回ご紹介するのは、ターコイズ系。
紙はStonehenge

P…ポリクロモス
H…ホルベイン
K…カリスマカラーです。


左から、青みが強い順に並べています。
画面では青が強く出ています。
実物は、どの色ももう少し緑よりです。

ヘリオターコイズ(P)…青みが強く、少量の黒が入っています。
コバルトグリーン(P)…ヘリオターコイズより黒が少ない。
青みを強く感じます。
ピーコックグリーン(H)…はっきりと緑を感じます。
ターコイズらしい色です
アクアマリン(K)…ピーコックグリーンより暗め
コバルトグリーン(P)…明度が高く明るめ

【関連記事】
sky blue系の比較

応援クリックお願いします。
励みにしています。
1日1回クリックしてね!
人気ブログランキングに投票する

Flickrも覗いてみてください。
絵をスライドショーで見ることができます。

木を植えた男の色鉛筆

4月 6th, 2011 Posted in berol&sanford, books, colored pencils

色絵鉛筆で描かれた絵本(映画)のうち、
もっとも有名なものの1つじゃないかしら。

「木を植えた男」

カリスマカラーで描かれているそうですが、
描かれた年代から想像すると、
ベロール イーグルカラーと呼ばれていた時代ではないかしら。

この絵を見ていると、
色鉛筆ってなんて美しいんだろうとしみじみ感じます。

Beltaの手元に来てしまった色鉛筆たちも、
本当の美しさを表現させてあげられるようになりたいな。
練習しなくちゃ。

応援クリックお願いします。
励みにしています。
1日1回クリックしてね!
人気ブログランキングに投票する

Flickrも覗いてみてください。
絵をスライドショーで見ることができます。

色鉛筆の選び方 発色も気にしてみてね

3月 31st, 2011 Posted in berol&sanford, colored pencils, derwent Tags: ,

色鉛筆を選ぶ際、
気になるのは芯の硬さ、なめらかさ。

そしてもう一つ、色と光沢。

どんな発色をするかも大切な要素。

色鉛筆によって、発色は大きく違いますから。

例えば、今トマトの絵で使っているダーウェント。

これは渋い。
どの色も落ち着いた発色をします。
そして、薄付き。

思いっきり塗り込んでも、
べたっと厚くはつかず、マットな感じです。

その点、カリスマカラーは、ぺったりつやつやで、
塗り込むと紙が重くなるのが感じられます。

初めて色鉛筆をセットで買うとき、
色や厚みもちょっと気にしてみて。

作品になったときに、大きく違ってくるから。

カリスマカラーのトマト

ダーウェント アーチストのトマト

紙の違いもありますが、厚み感に差がありますよね。

ちなみにダーウェント アーチストでケント紙に描こうとしたら、
あまりにも薄付きだったので、断念したのでした。

応援クリックお願いします。
励みにしています。
1日1回クリックしてね!
人気ブログランキングに投票する

Flickrも覗いてみてください。
絵をスライドショーで見ることができます。

sky blue スカイブルー系の色

見渡せば、よく似た色が集まってきました。

似ているとは言え、メーカーごとに少しずつ違いますので、
ご紹介。

今日はスカイブルー系の色。

K…カリスマカラー
P…ポリクロモス
H…ホルベイン アーチスト

メーカーによって、ちょっと違う。

応援クリックお願いします。
励みにしています。
1日1回クリックしてね!
人気ブログランキングに投票する

Flickrも覗いてみてください。
絵をスライドショーで見ることができます。