「セルリアンよ」 プラダを着た悪魔

映画「プラダを着た悪魔」で、一番印象に残るシーン。

ファッション雑誌の出版社、
カリスマ編集長達がわずかな違いにこだわっているさまに
ややあきれ顔の主人公。

そんな彼女の様子を見たメリル・ストリープのこの長いセリフ。

 「あなたには関係ないことよね
  家のクローゼットから
  そのサエない“ブルーのセーター”を選んだ
  “私は着る物なんか気にしない”
  “マジメな人間”ということね

  でも、この色はブルーじゃない。

  ターコイズでもラピスでもない。

  セルリアンよ。

  知らないでしょうけど2002年に
  オスカー・デ・ラ・レンタがその色のソワレを
  サンローランがミリタリージャケットを発表。

  セルリアンは8つのコレクションに登場。

  たちまちブームになり
  全米のデパートや安いカジュアル服の店でも販売され
  あなたがセールで購入した。

  その“ブルー”は無数の労働の象徴よ。

  でもとても皮肉ね。
  ファッションと無関係と思ったセーターは
  そもそもここにいる私たちが選んだのよ。
  “こんなの”の中からね」

むちゃくちゃカッコイイシーンです。

ところで、「セルリアン」という色、ご存知でしょうか?

こんな色↓。
セルリアンブルー
やや緑みの明るい青。
語源の由来は「青空」

ついでに、ターコイズ
ターコイズ

ついでにラピス
ラピス

ついでに、プラダを着た悪魔

ファッションに興味のある人は必見。
そうでもない人も必見。
 

 
 
 

One comment

  1. […] ※Office Beltaのブログ「「セルリアンよ」プラダを着た悪魔」から引用させていただきました。 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です