ロータス パパラチア

久しぶりに、ジュエリーのお話です。
#BeltaはJJAジュエリーコーディネーター

友人のTさんが、
ポストカードを送ってくださいました。
ありがとうございます。
ロータス

6月号のBelta通信が、
ピンクのバラをテーマにしていたので、
ピンクの蓮を選んでくださったそう。

「蓮の花」と言えば、
うふ、あの宝石ですね。

そう、「パパラチア」

King of Sapphire、サファイアの王です。

一般にサファイアと言えば、ブルーをイメージしますが、
実際は、たくさんの色があります。

鉱物名はコランダム。

おおざっぱに言うと、
コランダムの中で、赤い色の石をルビー、
その他の色の石をサファイアと呼んでいるのです。

なので、サファイアは、ブルー、クリア、ピンク、イエローとさまざま。
その中でピンクとオレンジの中間の美しい石が、
「パパラチア」と呼ばれています。

「パパラチア」とは、シンハリ語で、「蓮の花」。

ピンクとも、オレンジとも言えない、
ちょうど中間の色の石だけがパパラチアと呼ばれ、
かつてはスリランカでごくわずかしか産出されず、
非常に珍重されました。

現在では、マダガスカルでも産出され、
また熱処理によって、パパラチア色が作り出されるようになり、
希少性は薄くなっています。

けど、
Beltaにとっては、
デマントイドガーネット、パライバトルマリンと同様、
あこがれの石。

美しい色だと思います。

Tさま、すてきなポストカード、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です