センセーションとオーラソーマ その1

センセーションとオーラソーマ。
違いは何?
時々、尋ねられます。

両方ともカラーボトルを使って、
色を選ぶセッションですから、
違いがよくわからないですよね。

基本的には、
心理テストがベースになっていますし、
色の意味は同じですから、
共通するものがあります。

その人の本来の魅力や可能性、潜在的な能力に焦点を当てる、
という点でも同じです。

違いとしては、
オーラソーマは天使や占星術、カバラ、タロットなど、
神秘的な要素も含まれています。
センセーションは、シンプルに色の意味だけ。

ボトルの色、数、周辺アイテムも違っていますね。
オーラソーマは、1本が2層に分かれていて107本。
これは今後増える可能性があります。

ボトル以外にも、ポマンダーやクイントエッセンスなど、
浄化をするためのツールがあります。

センセーションは、1本が1色で10本だけ。

ボトル以外にはプロテクターという香りだけです。
プロテクターはどちらかというと、セラピスト用のものですね。

ボトルの数、周辺ツールの種類などから考えても、
センセーションは、極めてシンプルなカラーセラピーと
言えると思います。たぶん、一番シンプル。

Beltaの感覚では、
スピリチュアルなものに興味があり、
おとぎ話のように自分のことを語ってもらうと、
ピンとくる方は、オーラソーマ。

スピリチュアルな要素に心理学的な
会話による気づきの方がしっくりくる方は、
センセーション。

オーラソーマがスピリチュアル的、
センセーションの方がコーチング的かな。

ただ、どちらも目標は同じ。
アプローチが違うだけ。

ご自身がぴったり来る方をされたら良いと思います。
セッションを受けるにしても、
学ばれるにしても。

明日は、Beltaがなぜセンセーションを選んだか、
をテーマにしますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です