勇気だけが歴史を作るのだから 「日輪の遺産」

「勇気だと?-」

「そう。それさえあれば何もいらない。
勇気だけが、歴史を作るのだから」

浅田次郎「日輪の遺産」より。
 
 
 
 
 
8月を間近に控えた季節。
太平洋戦争終結時をテーマとした本を読みました。

浅田次郎「日輪の遺産」

帝国陸軍が密かにマッカーサー将軍から奪い隠した財宝。

その当事者と現代に生きる人間が交錯しながら、
ミステリーは進んでいきます。

冒頭の科白は、物語の後半、
全ての謎(一つだけ残して)が解明したときの、
米軍将校の言葉。

この米軍将校を始めとして、
登場人物のカッコいいことといったら。

あの時代、きっとこんなカッコいい人達が、
日本と日本人を守ろうと、懸命だったんでしょうね。

決して歴史の表には出てこないけど。

そして、もう一つ。歴史の影に埋もれた少女たち…。

エンディングは涙が止まりません。

余談ですが、物語は三鷹から始まります。
今、三鷹にいるBelta。
奇遇ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です