Posts tagged: リーディング

当たる、当たらない

センセーションを学ばれる方が、
最初に気にされるのは、
「リーディングが当たっているかどうか」
です。

本当はね、当たらなくても良いんですよ~。

誤解されそうなので、補足しますね。
「当たる」というのは、
お客さまがすでに知っている自分に出会うこと。

それも大切ですが、
知らないご自分の可能性に気づいてもらう方が、
これから先、もっと広がりが出ますよね。

となると、一見「当たっていない」ことが、大切かな、と。

色からのメッセージを、セラピストが直感で受け止め、
それをお伝えする。

当たってないと思うものこそ、
「あれ?そうかな?ちょっと考えてみよう」
というきっかけになると思うのです。

ですので、リーディングが当たる当たらないは、
気にされなくていいんですよ。

それは、お客さまが考えてくださることなのです。