Posts tagged: ブランディング

あなたの理念は何ですか?

もう一つのブログでも書きましたが、
こちらにも関係があるので、転記します。

ここから————-

昨夜は、扇町メビックで
「小さな会社をドリームチームへ育てる方法」セミナー
参加してきました。

面白くて、とても勉強になりました。
日比野さん、お誘いいただき、ありがとうございます。

さて、セミナーの中で、
繰り返し「企業理念」という言葉がでてきました。

自分が何者であるか、
どういうことを目指しているか、
信念と言ってもいいかもしれません。

ビジネスには、
「理念」が欠かせなく、理念に基づくものなら、
何をやってもOKなのです。

そうですね、Office Beltaの理念は、

「好きなことで、人に喜ばれて、経済的な自立を目指す人の
魅力アップと能力アップのためなら何でもするオフィス」

です。

長い~(笑)

以前はそれを「セルフプロデュース」と言っていましたが、
それではわかりにくいような気がして、
長いようですが、この文章にしました。

Office Beltaは、一見すると何をやっているかわかりにくい、
と言われますが、Beltaの中ではこの理念に乗っているので、
なんら問題がないのです。

それからBelta自身のキャッチコピーは、
仕事については、
「お茶目なインスピレーター」

人は自分の中にたくさんのリソース(才能、能力、資源、宝物)を
持っています。
それを開花させるための「刺激」でありたいとう願いを込めています。
しかも、ちょっと面白く(笑)

もう一つ、これは仕事に関係なく、
Belta個人のキャッチコピーです。
「世界を愛する絵描きで詩人」

絵も詩も上手ではないけれど、
それでもいいの、そうなりたいわけだから。

さて。
あなたの理念は何ですか?

求めている答えは

The answers you’re looking for are inside of you.
But sometimes you need others to help you find them.

求めている答えは自分の中にある。
でも時にはそれに気づかせてくれる誰かが必要。

ここまで————-

小さいビジネスをされる方は、
普段理念なんて意識してないかもしれませんが、
実はとても重要。

自分というものが、何を目指しているのかが、
はっきりすると、自由になれるんです。

その「目指しているもの」内であれば、
何でもOKなんですもの。

ご自分の仕事、ご自身の理念、キャッチコピーを
考えてみませんか?

自分から離れる

セラピスト(に限らずですが)として仕事をするのに、
とっても大切なこと。

それは「自分から離れる」こと。

多くの人は、自分のことをひたすら考えています。

少し振り返ってみましょうか。

今こうしてこのブログを読んでいるときも、
自分の感情、感覚に注意が行っているはずです。

自分の考えと比較して、
合っていたら快、合わなければ不快。

または、文章そのものから受ける感じを味わっている。

人と話をしているときも、
その人の考えと自分の考えて照らし合わせて、
次に何を言おうかと考えていることも多いでしょう。

それが普通です。

そして、それは悪いことではありません。

が、仕事をする場合は、邪魔になることも多いのです。

自分にこだわりすぎると、
言葉は悪いのですが、我執につながることがあるのです。

だから、思考、感覚のベクトルを自分の内側ではなく、
外へ向けてみてください。

できるだけ自分から離れることを意識するんですね。
感情も感覚も。

これは自分をなくす、という意味ではないので、誤解のなきよう。

実を言うと、自分から離れることで、こだわりがなくなり自由になります。
それどころか、とっても自分らしい充実感を得ることができるんです。

どうやったら、それができるようになるのでしょう?

一番簡単な方法は、
自分を客観視する練習をすることです。

それには、質問、
自分への問いかけが有効です。

「今、何が欲しいのか?」
「今、どんな感情が欲しくて、その言葉を言おうとしているの?」
「今、その言葉を言って、その感情を手に入れたら、良いことがあるのか?
 それは一時の感情に過ぎなくはないか?」

などなど。

自分から離れれば離れるほど、ものごとは楽にうまく進みます。
そして、あなたの魅力もアップします。

リピートのコツは、講師が楽しむことじゃないかしら?

昨日のセミナー、おかげさまで評判良かったようです。

自慢するつもりはありませんが、
セミナーは概して、高い評価をいただいていると思います。

これには、ヒミツがあります。

それは、セミナーで扱っているモノ
(カラー、NLP、パソコン、起業などですね)のことを、
Office Belta自身がとても好きであり、
楽しんでいるから。

自分自身が面白くないと思っているものを訴えたって、
誰も本気になんかしてくれないですから。

時々、NHK教育TVの「高校講座」を観るのですが、
これがとても勉強になります。
講義をする先生が、その科目にどれだけ入れ込んでいるか、
でずいぶん、雰囲気が違うんです。

「ほら、こんなに面白いんだよ!」
というオーラを出している先生の授業は本当に面白くて、
興味がない分野でも引き込まれていくのです。

逆もまたしかり。

ずいぶん前、パソコンの検定講座の講師をしていたときも、
「先生、本当にパソコンが好きなんですね。
 僕も好きになりました」
と言われたことがあります。

おかげさまで、ずっと好きなことばかりを仕事にしているので、
心から楽しむことができるのでしょう。

「仕事」ですから「楽しむ」ことばかり考えてはダメ、
そういうご意見もあるかと思います。

また、さまざまな事情があり、
「楽しい」ことばかり言ってられない時もあります。

が、それを踏まえた上で、全部飲み込んだ上で、
セミナーの「その場」では、
自分自身が楽しくあろうと思っています。

そして、その楽しさを伝える「工夫」も忘れずにしているのです。

自分サイズビジネス開業講座を終えて思うこと

すっかり遅くなりましたが、
昨日、自分サイズビジネス開業講座が終了しました。

カラーセラピスト、現在カラーの勉強中の方4人の
皆様が参加してくださいました。

小さいとは言え、お客さまからお金をいただくのは、
立派な「仕事」であり「ビジネス」です。

大企業も同じですが、
やり方を自分のサイズに合わせる必要があります。

多くのビジネス書は、小さいサイズからではなく、
少なくとも中くらいのサイズのビジネスの方法が
紹介されています。

スタートしたばかりの自分のサイズには大きすぎるのです。

小さいビジネスは小さいやり方があります。

そして、何より大切なのは、
仕事をしている自分自身。

魅力がないと、お客さまは、セラピーを受けてくださる気には、
なりませんよね。

そこを押さえて欲しいのです。

Beltaはそれを「マインド」、
具体的な方法を「ツール」と呼んでいます。

簡単に言うと、
最近流行りの「ブランディング」ということなんですけどね。

チラシを作ったり、メルマガを出したり、
いろいろやってきましたが、
それはみんな「ブランディング」だったんです。

みんなぁ、自分ブランド作ってね~。

講座はこれからも定期的に開催していきます。
次は6月の予定です。


◆お客さまの声◆

★自分サイズで始めよう。自分サイズビジネス開業講座★
小さく始めていって仕事に広がっていく方法が
わかったので、良かったです。
ブログなどもたいへん勉強になりました。

いろいろ発信していくことが大切なんですね。
心理学も良かったです。
無意識に使っている言葉を少しでも、
良い印象を与える言葉にしていきます。

場所がわかりにくいです。
ビルの前まで行けたけど、どこから入っていいか迷いました。
目印やビルの前に案内があると助かります。
ありがとうございました。
(大阪/rainbowさま)

ビルはわかりにくいですね。
張り紙、看板に代わる目印を考えますね。
ご意見、ありがとうございます。
(Office Belta)

自分サイズビジネスに参加して、
集客、マインド、言葉を変える等々の知識をお聞きして、
一人のお客さまから始めて行きたいと感じました。
今日はありがとうございました。
(大阪/H.Tさま)


今日はありがとうございました。
仕事をするに当たって、わかっているようで、
わかっていないことがたくさんあるのに、
びっくりしました。
必要なことが欠けていること、
してはいけないこと、
いろいろ気づくことがいっぱいあり、
大変勉強になりました。

自分が好きなことをする、
逃げない、頑張りすぎない、
少しずつでも続けていくこ決心ができました。

今日のセミナーで、そのことに関しては、
進歩だと思いました。
(三田市/仲井さま)

ありがとうございます。
たくさんの気づきがあったご様子で、
うれしく思っています。
応援していますからね!
ブログ、楽しみにしています。

自分にとってすべき事がより明確になりました。
限られた時間を有効に使える講座でもあり、
若林さんが実際経験された事が盛り込まれていましたので、
よりいわかりやすく感じました。

経験に基づく内容で、本当に良かったです。
やる気と前に進んでいく力をもらえました。

私らしく一歩一歩、一生継続する仕事のために。
(大阪・Grace-Any’s@三井さま)

えっと、そういう場合は…

スタンスを変える

セラピストのみなさま、セラピスト勉強中のみなさまに、
Beltaがしょっちゅう言っている言葉、「スタンスを変える」

自分サイドではなく、お客さまサイドで考える、ということです。

自分の気持ちを晴らすことは、放って。

それは自分の気持ちを押し殺す、という意味ではありません。

「満足は、お客さまからいただきましょう」
という意味なんです。

先日のブログでも書きましたが、
お客さまは「恋人」です。

たとえば、こういうシチュエーションを考えてください。
チョコレートケーキとイチゴショートがあります。

あなたはチョコレートケーキが食べたい。

ところが、恋人が
「チョコレートケーキがいいな」と言って、
チョコレートケーキを手にしたら、どうします?

友だちや家族なら、
「ジャンケンしよう!」と言うかもしれませんが、
相手が恋人なら。

「どうぞ」とチョコレートケーキを勧めるんじゃないかしら。
全然、苦もなく。逆にうれしい気分で。

そして、恋人が
「おいしい~」って満面の笑顔を見せてくれたら。

めっちゃくっちゃうれしいですよね。

自分がチョコレートケーキを食べた喜びより、
はるかにうれしいはず。

そう、ビジネスというのは、こういうことだと思うのです。

満足は、お客さまから大きくしていただく。
その方が、ずっとずっと大きくて、すばらしい満足を味わえる。

これから仕事をする人たちに、
ぜひ、この気分を知って欲しいものです。

最高の幸せの一つですよ!
まちがいなく。