Posts tagged: セラピー

カラーの仕事に向いている人 その7 カラーセラピーの資格

「カラーの仕事に向いている人ってどんな人?」

というご質問にお応えして。

今日は、カラーセラピーの資格について。

カラーセラピーの資格というのは、
各団体による任意資格です。

ですから、システムによって期間、費用もさまざま。

センセーションは、12時間で60,000円。
オーラーマはもっと複雑で、レベル1が36時間。
もっと上の資格を目指すとしたら、さらにいろいろ。
一度試算してみたら、200万円くらいになったことがあります。

たぶん、カラーセラピーのシステムではオーラソーマが
一番高額で期間が長いでしょう。

期間が長いから良い、短いから良いとは言えません。
ご自分にぴったりくるシステムを選ばれたらいいですね。

基本的に色の意味というのは、変わりません。

どれかお気に入りのシステムが見つかったら、
基本をしっかり学びましょう。

それから、視野を少しずつ広げていって、
いろいろな本を読まれるといいですね。。

色の専門も面白いですが、
小説の心理描写に色が使われている事が多いので、
とても勉強になります。

源氏物語、
赤毛のアン、
北方謙三の水滸伝、
など、色に大きな意味がある小説ですね。

それから、夏目漱石は紫、赤など色彩を使った描写があり、
面白く読めます。

小説は、心理と色の関係を読むこともできますし、
セッションでメタファとしてお話することもできます。

同じ理由で映画もお勧めです。

異世界を表す緑(SF映画にはよく使われています)
幸せを表す黄色、
女性を表す青。

「色」に注目すると、
小説も映画も100倍楽しめます。

あれ、
話がずれましたね。

カラーセラピーの資格というのは、
各システムによりけりです。

おそらく、今後もカラーシステムは増え続け、
色彩心理の検定試験などもできるでしょう。
もう、既にその動きは始まっています。

Beltaの個人的な意見としては、
あれこれ増える試験や資格に踊らされないこと。

大切なことは、資格ではなく、
それを提供していくことだから。

いくら資格をたくさん取得しても、
実際のセッションが何もできなければ、
何にもなりません。

セッションをする力、
仕事として活動していく力、
その勉強の方が、遙かに大切です。

セッションで大切なこと

センセーションの講座で、
皆さんがとても気にされるのは、
「リーディング」

確かにそれはとても大切なこと。

でも、さらに一歩踏み込んで考えてみて。

自分の今の状態がわかったら、
「では、次にどうしたらいいの?」
です。

カラーセラピーは、その人本来のバランスを整えることで、
問題解決能力を高める(自立できる)ことを目指していますが、
どうしたらそれができるか。

それがとても大切なんですね。

「ヒーリング」と言われる部分です。

みなさん、最初はリーディングに気が取られますが、
その次のステップとして「ヒーリング」を気にしてくださいね。

薬に注意!

物騒なタイトルですね。

しばらく風邪ぎみで風邪薬を服用していました。
熱も下がり、通常通り動けるので、ありがたいと思っていましたら、

反応がおかしいんです。
自分自身の。

お客さまのお話が遠い感じがして、
直感も何も働きません。

お薬は、熱も下げますが、同時に直感も下げちゃうんですね。

セッションをしていても、なんか、ピンとこない感じです。

教訓!
風邪薬は、直感を鈍くする。
風邪薬など飲まぬよう、健康管理を最優先に。

カラーセラピー参考図書に追加しました

カラーセラピー参考図書に、
「実用カラーの癒し」を追加しました。